〈銀座 蔦屋書店〉で、世界一のアート空間と最新のコーヒーを愉しむ。
2017.04.17

いよいよ20日に開業!〈G SIX〉レポート 6階〈蔦屋書店〉編 〈銀座 蔦屋書店〉で、世界一のアート空間と最新のコーヒーを愉しむ。

いよいよ銀座の街に登場する〈蔦屋書店〉。「アートのある生活」を提案し、数多くのアートブック、アートの展示や、ギャラリースペースを設けています。さらに、〈スターバックスコーヒー〉からは通常店舗に加え、新たなコーヒー体験ができる〈Starbucks Reserve® Bar〉が誕生しました。

西村 佳芳子 / Hanako編集部

「ライター。おいしいカフェラテに本があれば、1日幸せ。」

西村 佳芳子

〈銀座 蔦屋書店〉のテーマは、日本文化とアート。和を感じるしつらえが所々にあります。

高さ6メートルにも及ぶ書架に囲まれたイベントスペース〈T-GALLERIA〉には、アート作品を展示。吹き抜けが気持ちいい空間です。

併設の〈スターバックス〉にも、アート関連のカタログやマガジンがずらり。世界のオークションカタログを閲覧しながら、コーヒーブレイクができます。

スターバックスの奥には〈Starbucks Reserve®〉のバーが。アートウォールが目を引く上質な雰囲気ですが、どんなメニューがあるのでしょう?

こちらでいただけるコーヒーは、豆の種類から抽出器具まで、好みの1杯にアレンジ可能。エスプレッソ抽出機の「ブラックイーグル」やサイフォン、ハンドドリップの「プアオーバー」など、バリスタさんがヒアリングしてくれ、このメモリーシートにオーダーを記入してくれます。取揃える豆は、世界でも希少な品種を厳選した「Starbucks Reserve®」ブランド。

今回はオススメの「スターバックス® ナイトロ コールドブリュー コーヒー」。なんと、ビールのようなタップからサーブされます。

黒ビールのようなビジュアルだけど、アイスコーヒーです。気泡を壊さないために氷を入れず、薄まらないのでじっくりと飲みたくなります。アートブックのお供にするにはピッタリなのでは。

西村 佳芳子

このバーではアルコールも提供。広い広いG-SIXの中で、落ち着いて過ごしたいなら6階へ。大人なアート体験ができるはずです。

みんなが気になるG-SIXは?

TOPに戻る