【今日、なに食べる?】酒場のナポリタン3品
2022.10.28

〝大銀座のとっておき〞を集めました。 【今日、なに食べる?】酒場のナポリタン3品

戦後、横浜の〈ホテルニ ューグランド〉で当時の総料理長・入江茂忠氏によって生み出された。喫茶店のおなじみメニューとしても知られるが、お酒との相性も抜群!呑んだ締めにしあわせの味をたっぷり堪能しよう。

〈ハーバーイン 〉懐かしさのなかにスパイスがほんのり。

DMA-_DSC2890

フォークでくるくると巻いて一口頬張るとソースに辛さが利いており、家庭的な見た目からは想像できない味わいが印象的なナポリタン(900円)。チーズを混ぜ合わせることでクリーミーに。しっかりとコクがありながらも後味はさっぱりしているので飽きずに完食できる。

イギリスの港町にあるパブをイメージした老舗酒場。旬の食材を使用した季節のメニューも提供。
イギリスの港町にあるパブをイメージした老舗酒場。旬の食材を使用した季節のメニューも提供。

住所:東京都中央区銀座7-3-13 ニューギンザビル1号館3F|地図
TEL:03-3573-0827 
営業時間:17:00~2:00(土~23:00)
定休日:日祝休

〈恭恭〉鉄板皿で運ばれる熱々ナポリタンを締めに。

DMA-_DSC1997

洋食が得意なキッチンスタッフが試作したところ、評判を呼び、いつしか常連のほとんどが注文する定番に。季節によって女将の出身地である岡山・倉敷で自家栽培する農薬不使用のトマトでソースを作ることも。まずはそのままで。目玉焼きをくずして麺にあえても美味。

岡山出身の女将が屋台からスタートした人気
の酒場は新橋の人々の憩いの場。全国の食材
を使用した料理が揃う。
岡山出身の女将が屋台からスタートした人気 の酒場は新橋の人々の憩いの場。全国の食材 を使用した料理が揃う。

住所:東京都港区新橋4-21-15 河合ビル1F|地図
TEL:03-3434-5655
営業時間:時間17:00~2:00(土日祝~23:00)
定休日:無休

〈ビバリー有楽町ビル店〉シンプルを極め、ほっと落ち着く味に。

DMA-_DSC2646

フランクフルトやオニオン、スライスピーマンといった定番の具材のみ。「洋食屋さんのナポリタン」(900円)の自家製ソースはケチャップと中濃ソースを合わせ、ほんのり甘さを感じる深みのある風味に。見た目だけでなく味わいもノスタルジーを体現している。

アメリカンダイナーを彷彿とさせる店内。おつまみからボリューム満点な品々が揃う。
アメリカンダイナーを彷彿とさせる店内。おつまみからボリューム満点な品々が揃う。

住所:東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビル2F|地図
TEL:03-3201-4725
営業時間:11:00~15:30、17:00~22:00(土12:00~21:00)
定休日:日祝休

photo : Kaori Ouchi, Yoichiro Kikuchi illustration : Masatoo Hirano text : Keiko Kodera, Ayano Sakai, Yuko Watari edit : Keiko Kodera

prof_hensyubu
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る