〈PÂTISSERIE PAROLA (パティスリー パロラ) 〉のカヌレ/日比谷
2022.05.06

常に進化を続ける大銀座で出会うスイーツたち。 定番スイーツが進化中!スイーツライターおすすめ“実は新しい絶品スイーツ”8選

昔ながらの定番を大切にしながらも、人々のニーズに応え、常に進化を続けるエリア・大銀座。この地でchicoさんが目をつけた、一見スタンダードながらも実は新しい、絶品のスイーツとは。

1.シンプルな製法の中に光る作り手のこだわり。〈PÂTISSERIE PAROLA(パティスリー パロラ)〉のカヌレ/日比谷

〈PÂTISSERIE PAROLA (パティスリー パロラ) 〉のカヌレ/日比谷

最高級の「ボルディエバター」をふんだんに使用した〈PA^TISSERIEPAROLA〉のカヌレは、“外カリッ、中トロッ”の食感にもある工夫が。「一般的なものより中をレアに仕上げることで、より風味を感じられる仕組みに」。テイクアウト限定。1個324円。

〈PÂTISSERIE PAROLA(パティスリー パロラ)〉
■東京都千代田区内幸町1-7-1 日比谷 OKUROJIH01
■03-6807-5622
■11:30~21:00(20:00LO)無休
■12席

2.個性派チーズケーキの名店が作る定番の一品。〈Namery Roasted 日比谷店〉のバスクチーズケーキ/内幸町

〈Namery Roasted 日比谷店〉のバスクチーズケーキ/内幸町

日比谷公園にオープンした〈NameryRoasted〉には、この店限定のバスクチーズケーキが。「濃厚な味わいは、自慢のコーヒーと相性抜群!公園の緑を感じられるテラス席に座れば、最高のひと休みに」。旬の果実を使ったレアチーズケーキも豊富。600円。

〈Namery Roasted 日比谷店〉
■東京都千代田区日比谷公園1-2
■03-6205-4866
■9:00~19:00(土日祝~21:00)無休
■28席

3.薄い生地がくるくると巻かれたパンケーキ。〈THE ISLAND(ザ・アイランド)〉のロールパンケーキ/銀座1丁目

〈THE ISLAND (ザ・アイランド) 〉のロールパンケーキ/銀座1丁目

本場の味を楽しめるハワイアン・レストランから、見た目も食感も新しいパンケーキが登場。「くるくるのビジュアルともっちりの食感が楽しい」。別添えのホイップクリームとブルーベリーソースで、“味変”も楽しんで。850円。

〈THE ISLAND(ザ・アイランド)〉
■東京都中央区銀座1-5-10 銀座ファーストファイブビル 10F
■03-3535-4808
■10:30~21:00(20:00LO)月休48席

4.「桜餅」を挟んだ大胆なスコーンサンド。〈BAKERS gonna BAKE(ベイカーズ ゴナ ベイク)〉の桜餅とあまおう苺バタークリームのスコーンサンド/東京駅

〈BAKERS gonna BAKE (ベイカーズ ゴナ ベイク) 〉の桜餅とあまおう苺バタークリームのスコーンサンド/東京駅

テイクアウトのスコーン専門店からは、小ぶりな桜餅を挟んだ春らしい一品が登場。「そんな邪道な!と思いきや、もっちりザクザクの食感や、和菓子の甘さとスコーンとのバランスがやみつきに」。季節限定。400円。

〈BAKERS gonna BAKE(ベイカーズ ゴナ ベイク)〉
■東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅八重洲北口東京ギフトパレット内
■03-6551-2332
■9:30(土日祝9:00)~20:30 休みは施設に準ずる

5.クラシックな見た目と、モダンな味が共存。〈YORIMICHI〉の原点回帰ザ・プリン/日比谷

〈YORIMICHI〉の原点回帰ザ・プリン/日比谷

アンティーク調の器に盛り付けられた「原点回帰」を謳うプリンは、昔ながらの見た目に反して“いまどき”の味わい。「懐かし系のルックスながら、味はまったりと濃厚。イメージと違って驚きます」(chicoさん、以下同)。コーヒーとのペアリングもおすすめ。700円。

〈YORIMICHI〉
■東京都千代田区内幸町1-7-1 日比谷OKUROJI G01
■03-6206-7701
■11:00~22:00 無休
■23席

6.カルダモンがふわっと香る、滋味深い味わい。〈KNAG(ナグ)〉のキャロットケーキ/茅場町

〈KNAG (ナグ) 〉のキャロットケーキ/茅場町

〈AMBESSA&CO〉のオーガニックデーツやいちじくをふんだんに使った〈KNAG〉のキャロットケーキ。「存在感のあるナッツやドライフルーツと程よいスパイス。人参の甘さを見事に引き立て、私のような人参嫌いすら魅了します」。550円。

〈KNAG(ナグ)〉
■東京都中央区日本橋兜町7-1 KABUTO ONE 1F
■03-6810-7762
■8:00~22:00(土日祝10:00~21:00)無休
■56席

7.銀座店でしか買えない真っ白なザッハトルテ。〈CHOCOLATIE RPALETD'OR GINZA(ショコラティエ パレ ド オール ギンザ)〉のザッハトルテブラン/銀座5丁目

〈CHOCOLATIE RPALETD'OR GINZA (ショコラティエ パレ ド オール ギンザ) 〉のザッハトルテブラン/銀座5丁目

系列にホワイトチョコレートの専門店を持つ〈PALETDʼOR〉が、ウィーンの古典菓子をアレンジ。「くどさのないミルキーなホワイトチョコの味わいは、カカオバターの搾油から手がける同ブランドならでは。生地に染み込ませたウイスキーも香り高い」。3,888円。

〈CHOCOLATIE RPALETD'OR GINZA(ショコラティエ パレ ド オール ギンザ)〉
■東京都中央区銀座5-7-10 EXITMELSA 1F
■03-5962-8787
■11:00~20:00 無休

8.クリームと生地が一体となる、新しい感覚。〈teal(ティール)〉のアマゾンカカオのドーナツ/茅場町

〈teal (ティール) 〉のアマゾンカカオのドーナツ/茅場町

フィリングにはフルーティなチョコクリームに加え、たっぷりのラズベリージャムが。「一見シンプルな作りながらも、ひと口かじれば、その緻密な味のバランスに脱帽。もっちり軽やかなドーナツ生地との相性も良く、口の中でたちまちスッと消えていきます」。1個500円。

〈teal(ティール)〉
■東京都中央区日本橋兜町1-10 日証館1F
■03-6661-7568
■11:00~18:00 水休
■8席

Navigator…chico(ちこ)

スイーツトレンドに精通し、本誌のほか『anan』『BRUTUS』、Webやテレビなどさまざまな媒体でスイーツ特集を執筆、担当する。Instagram:@chico_sweets_

(Hanako1207号掲載/illustration : Yui Watanabe text : Yuya Uemura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る