木村屋あんぱんだけじゃない!都内で買える元祖パン6つ。
2017.03.25

あのパンのルーツが気になる! 木村屋あんぱんだけじゃない!都内で買える元祖パン6つ。

  • パンが好き♡
  • 体験したい老舗
  • 懐かしい味
  • 甘いもので幸せ
  • 銀座の良いお店

 クリームパンやあんぱん、カレーパン、、、どれも私たちになじみ深いパンですが、実は東京のパン職人によって発明されたんです!そこで、都内で買える元祖パン6つをご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部

フランスパン 1888年から
〈関口フランスパン〉

 関口町のキリスト教会孤児院で神父が子どもたちに学ばせたのが、フランスパン作り。現地に留学させ、本格的な“硬い”フランスパンが初めて日本に誕生した。戦争が始まると信者の一人に経営を託し、現在まで4世代にわたり継承。

「フォンデュ」
名前は「割れ目」の意味。日本で初めて作られた本格的なフランスパン。152円(税込)。

関口フランスパン

関口フランスパン

  • ベーカリー
  • 目白駅

コッペパン 1918年から
〈マルジュー 大山本店〉

 上野〈丸十ぱん〉創始者の田辺玄平が、日本で初めてイーストによる食パンを製造。「携帯に便利なパンが欲しい」との軍の要請で、食パン生地でコッペパンを考案した。

「元祖コッペパン」
コッペパンの中身は当時と変わらず、小倉あんぱん、ジャムなど。ジャム150円。

丸十ぱんの製法を受け継ぐのれん分けとして、板橋区に3店舗を構える。

カレーパン 1927年から
〈元祖カレーパン カトレア〉

 前身のパン店〈名花堂〉で始めた「洋食パン」がルーツ。1つでも食事になるパンを、と考えたのが中にカレーを入れ、さらに揚げる方法だった。

「元祖カレーパン」
毎日3回焼きあがる。野菜がたっぷり入ったカレーパンは冷めてもおいしい。

7時、11時、15時と、揚げたてを提供している。まとめ買いのお客さんも多く、売り切れることも。

クリームパン 1904年から
〈スイーツ&デリカ Bonna 新宿中村屋〉

 シュークリームを食べ感激した創業者夫妻が、あんパンのアレンジとして考案。中に空洞を作らぬよう生地に切り込みを入れグローブ型にし、クリームをたっぷり詰めたのも〈中村屋〉だ。このクリームパンが都内で買えるのは新宿店だけ。

「元祖クリームパン」
焼きたては、ふっくら丸くつやつや。卵たっぷりのカスタードクリームを投入。190円。

イートインあり。

あんパン 1874年から
ジャムパン 1900年から
〈銀座木村屋〉

 創業者の木村安兵衛は、パンの発酵に酒種を使うことを発明。あまり膨らまない酵母であるため、試行錯誤の結果生まれたのが、饅頭のようにあんこを詰めるあんパンだった。「桜」のあんぱんを明治天皇に献上したことが、広く受け入れられるきっかけに。

「酒種あんぱん(桜)」
明治8年、天皇への献上時に八重桜の塩漬けで飾った。小ぶりで可憐。162円(税込)。

「ジャムパン」
戦中の兵糧・ビスケットサンドがヒント。酒種のパンで杏ジャムを包んだ。195円(税込)。

銀座木村屋

銀座木村屋

  • ベーカリー
  • 銀座駅
編集部

本家の味を楽しんでみて下さい!

みんなが気になるパンは?

  • パンが好き♡
  • 体験したい老舗
  • 懐かしい味
  • 甘いもので幸せ
  • 銀座の良いお店
TOPに戻る