【あの人の偏愛温泉。】温泉ライター・永井千晴「絶対に立ち寄りたい、ポツンと日帰り名湯」
2022.11.24

【あの人の偏愛温泉。】温泉ライター・永井千晴「絶対に立ち寄りたい、ポツンと日帰り名湯」

宿にとことんこだわる、景色や空間を楽しむなど、温泉の楽しみ方は人それぞれ。温泉をこよなく愛する16人に、全国各地の温泉宿、温浴施設からとっておきを聞いてみた。

絶対に立ち寄りたい、ポツンと日帰り名湯

温泉を選ぶ際に大切にしていることは、“いい温泉”であること。源泉かけ流しをマストにせず、投入量に合わせて湯船を小さくするなど、温泉を大切にし、フレッシュさと個性を保つために工夫している場所へ行くように。基本はひとり旅なので、部屋数が少ない、心地のいい距離感を保ってくれる宿が好きです。

永井千晴 ながい・ちはる/温泉メディアのライター、旅行情報誌の編集を経て、現在は別業種で会社員をしながら、Twitterやインスタグラム(ともに@onsen_nagachi)で温泉情報を発信。著書に『女ひとり温泉をサイコーにする53の方法』(幻冬舎)。
永井千晴 ながい・ちはる/温泉メディアのライター、旅行情報誌の編集を経て、現在は別業種で会社員をしながら、Twitterやインスタグラム(ともに@onsen_nagachi)で温泉情報を発信。著書に『女ひとり温泉をサイコーにする53の方法』(幻冬舎)。

百目鬼温泉[ 山形県/山形市 ]

DMA-露天画像

強塩泉で高刺激!一回の入浴は3分まで。
山形市西部の田園地帯にある100%源泉かけ流しの温泉。強塩泉で刺激が強い泉質のため、一回の入浴は3分まで。そのため入れ替わりの回転が速く、多くの入浴客でにぎわっている。「薄いうぐいす色の濃厚塩湯で、心も体もほくほくにあたたまります。市内にあるとは思えないほど露天風呂は開放的で心地よく、蔵王連峰が望めます」。

住所:山形県山形市百目鬼 42-1|〈地図〉
TEL:023-645-9033
料金:400円

前野原温泉さやの湯処[ 東京都/板橋区 ]

DMA-2021年11月女性露天-1-41_0

東京23区内で味わえる源泉かけ流しの贅沢な湯処。
都内ではめずらしい、源泉かけ流しの天然温泉。数種類ある露天風呂や内風呂のほか、旬の食材を使ったお食事処、四季を感じられる庭園など、東京にいるとは思えない非日常な空間が広がる。「塩気がかなり強めで、土と鉄のにおいが混じったパワフルな温泉。濁り湯なのもうれしい。丸一日滞在して、のんびり過ごします」。

住所:東京都板橋区前野町3-41-1|〈地図〉
TEL:03-5916-3826
料金:890円~

天然の湯 あおき温泉[ 福岡県/久留米市 ]

DMA-IMG_0256

田園の中に佇む素朴な施設に驚きの名湯を発見!
穏やかな田園風景になじむ、地元で人気の日帰り温泉。注がれる透明な湯からは、 硫黄の香りがほんのり漂う。高温の源泉は加水することなく、熱交換器で適温にするこだわり。「熱めの源泉かけ流しのお湯は、とろっとろでぬるぬる。私に温泉の素晴らしさを教えてくれた場所の一つで、何年経っても忘れられません」。

住所:福岡県久留米市城島町上青木366-1|〈地図〉
TEL:0942-62-1426
料金:600円

text : Moe Tokai edit : Kana Umehara

prof_hensyubu
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る