カヌレショコラ各350円やガレットブルトンヌ300円などは持ち帰り可。
2022.10.09

ゆっくり、爽快に、ぐるりと半日ロコツアー。 京都在住のライター・大和まこさんがレコメンド! 自転車で鴨川沿いを巡る、雑貨&焼菓子&コーヒーの旅。

碁盤状、そして街のほどよいコンパクトさも相まって、京都の市街地は、さまざまな交通手段が使える便利なところ。それぞれの速度で回ると、異なる京都の楽しみ方が体験できる! 京都在住のライター・大和まこさんがオススメする、自転車で巡る京都ツアーへご案内します。 8月26日(金)発売Hanako1212号「365日楽しい街。京都」よりお届け。

京都の暮らしにも欠かせない、自転車で散策を。

%3CatariName%3E%25u81EA%25u8EE2%25u8ECA.psd%3C/atariName%3E

京都の暮らしに欠かせないものといって、まず思いつくのは自転車。便利さはもちろん、鴨川沿いを走るのは景色もよくて気持ちがいい。シェアサイクルが増えつつある近頃は、天気がよければさっと自転車に切り替えて、街を巡るのもおすすめだ。
今回案内するのは鴨川より東を中心にしたエリア。東山五条の〈oud.〉をスタートして鴨川の川べりに下りたりしつつ、最後は白川通を北上して〈北白川ちせ〉にゴールするまでゆるゆると4時間ほどのコース。気が向けば焼菓子を買って京都御苑のベンチで味わう、なんて寄り道も自転車ならお手のもの。雑貨やおいしいものとの出合いが待つ、新しい店々を巡りたい。とりわけ〈Harmonika〉から〈manina〉までは鴨川沿いを走るのがおすすめ。実はそのときには気をつけるべき点がひとつあって、川沿いの道と道路を結ぶスロープはすべての橋のたもとにあるのではないということ。これを忘れると延々と鴨川沿いの道を出られない(もしくは道路に戻れない)羽目になるので注意を。
吹く風が気持ちいい秋の頃。自転車の便利さと心地よさを実感しながら、過ごしてほしい京都の自転車旅。

Navigator:ライター・大和まこ
やまと・まこ/京都暮らしでの移動はもっぱら自転車で。『&Premium』での連載をまとめた第4弾『&Premium特別編集 やっぱり京都、街歩きガイド。』が発売中。

1. 〈oud.〉

古い窯道具を鉢に見立て、八角蓮など植物を植えたものも扱う。
古い窯道具を鉢に見立て、八角蓮など植物を植えたものも扱う。
古いものと新しいものが入り交じる。
古いものと新しいものが入り交じる。
インセンスブランド〈東京香堂〉のお香も。
インセンスブランド〈東京香堂〉のお香も。
洋服は香川のフレンチヴィンテージ〈青い羊〉から届く。自家焙煎コーヒーが飲めることも。
洋服は香川のフレンチヴィンテージ〈青い羊〉から届く。自家焙煎コーヒーが飲めることも。
古いものと新しいものが入り交じる。
インセンスブランド〈東京香堂〉のお香も。
洋服は香川のフレンチヴィンテージ〈青い羊〉から届く。自家焙煎コーヒーが飲めることも。

清水焼の工房を改装した明るい空間に並ぶのは、古家具や古道具、ヴィンテージウェア、お香、器など。時を経て味わいが増すものが好きという店主・岡部成幸さんの心に響くものが、空間と相まって魅力を放っている。
〈oud.〉/ウード
住所:京都府京都市東山区慈法院庵町588-9│地図
TEL:090-9053-9232
営業時間:11:00〜18:00
定休日:水曜、ほか不定休あり

2.〈Harmonika〉

季節のフルーツがタルトに。イチジクのタルト1,500円。中にはクレーム・パティシエール。
季節のフルーツがタルトに。イチジクのタルト1,500円。中にはクレーム・パティシエール。
サンダルと本と菓子の店が空間を共有。
サンダルと本と菓子の店が空間を共有。
カヌレショコラ各350円やガレットブルトンヌ300円などは持ち帰り可。
カヌレショコラ各350円やガレットブルトンヌ300円などは持ち帰り可。
季節のフルーツがタルトに。イチジクのタルト1,500円。中にはクレーム・パティシエール。
サンダルと本と菓子の店が空間を共有。
カヌレショコラ各350円やガレットブルトンヌ300円などは持ち帰り可。

レストランで料理からデセールまで担当してきた店主の松本泰さんが営むパティスリーカフェ。華やかな盛り付けのデザートはイートインで、しっかり焼き込んだ焼菓子は持ち帰りでと両方の楽しみがある。
〈Harmonika〉/ハーモニカ
住所:京都府京都市東山区亀井町43-2 Gion Naito 123 Market内│地図
TEL:050-3551-8625
営業時間:11:00〜18:00
定休日:火曜

3.〈manina〉

カカオの香りが口いっぱいに広がる、オーガニックグラノーラアマゾンカカオ200g 1,500円。ジャスミン・ピーチフレーバーティー600円などドリンクのテイクアウトも。
カカオの香りが口いっぱいに広がる、オーガニックグラノーラアマゾンカカオ200g 1,500円。ジャスミン・ピーチフレーバーティー600円などドリンクのテイクアウトも。
今後はイベントなども展開予定。
今後はイベントなども展開予定。
目を引く外観。
目を引く外観。
カカオの香りが口いっぱいに広がる、オーガニックグラノーラアマゾンカカオ200g 1,500円。ジャスミン・ピーチフレーバーティー600円などドリンクのテイクアウトも。
今後はイベントなども展開予定。
目を引く外観。

岡崎〈チェンチ〉の坂本健シェフが、満を持して開いた食のセレクトショップ。愛用するオイルや塩などの食材から、オリジナルの柚子唐辛子やグラノーラまで、間違いない味が揃う。
〈manina〉/マニーナ
住所:京都府京都市左京区難波町211-5│地図
TEL:なし
営業時間:11:00〜16:00
定休日:不定休 ※営業日はInstagram: @manina_cenciで確認を。

4.〈Scape ガラスと植物〉

着生植物はビカクシダやデンドロビュームなどが中心。着生植物3,850円〜、ガラスと着生植物38,500円〜。
着生植物はビカクシダやデンドロビュームなどが中心。着生植物3,850円〜、ガラスと着生植物38,500円〜。
6つの交差五角形74,800円。
6つの交差五角形74,800円。
一輪挿しやアクセサリーなども。
一輪挿しやアクセサリーなども。
着生植物はビカクシダやデンドロビュームなどが中心。着生植物3,850円〜、ガラスと着生植物38,500円〜。
6つの交差五角形74,800円。
一輪挿しやアクセサリーなども。

ステンドグラス作家・西冨なつきさんのアトリエ兼ショップ。多面体がモチーフの照明や花器は軽やかで主張しすぎず、けれど空間に彩りを添えてくれる。併せて作品を作り上げることも多い着生植物のセレクトも魅力。
〈Scape ガラスと植物〉
住所:京都府京都市上京区上生洲町229-1│地図
TEL:なし
営業時間:12:00〜18:00
定休日:木曜、ほか不定休あり

5.〈レ・ドゥ・ギャルソンア・ランスティチュ〉

日によってはテラスで食べることも可能。
日によってはテラスで食べることも可能。
高い天井と窓の外に見える緑も心地よい。
高い天井と窓の外に見える緑も心地よい。
ランチは豚肩ロースの煮込みバルサミコソースなど日替わりのメインと飲み物のセット1,500円〜。アラカルトも充実。
ランチは豚肩ロースの煮込みバルサミコソースなど日替わりのメインと飲み物のセット1,500円〜。アラカルトも充実。
日によってはテラスで食べることも可能。
高い天井と窓の外に見える緑も心地よい。
ランチは豚肩ロースの煮込みバルサミコソースなど日替わりのメインと飲み物のセット1,500円〜。アラカルトも充実。

昭和11年に日仏の建築家の合作で建てられた〈アンスティチュ・フランセ関西〉。今春からはカフェを〈レ・ドゥ・ギャルソン〉が手がけ、正統派ビストロ料理が楽しめるように。
〈レ・ドゥ・ギャルソンア・ランスティチュ〉
住所:京都府京都市左京区吉田泉殿町8 アンスティチュ・フランセ関西内│地図
TEL:075-761-2180
営業時間:9:30〜17:00(ランチ11:30〜14:30)
定休日:日、月曜
席数:30

6.〈北白川ちせ〉

谷内さんが作るジュエリー。
谷内さんが作るジュエリー。
いのはらさんが作る「TORAJAM」。右からキウィとバナナのジャム、杏のコンポート各930円。
いのはらさんが作る「TORAJAM」。右からキウィとバナナのジャム、杏のコンポート各930円。
店に入り左手がショップ、右手がギャラリーに。芦田尚美さんや佐野元春さん、茨木伸恵さんらの器が定番。
店に入り左手がショップ、右手がギャラリーに。芦田尚美さんや佐野元春さん、茨木伸恵さんらの器が定番。
いのはらさんが作る「TORAJAM」。右からキウィとバナナのジャム、杏のコンポート各930円。
店に入り左手がショップ、右手がギャラリーに。芦田尚美さんや佐野元春さん、茨木伸恵さんらの器が定番。

彫金作家の谷内亮太さんが妹のジャム作家・いのはらしほさん、妻のマサコさんと営むギャラリーショップ。今年6月に空間を一新しモダンになっても、暮らしを豊かにする器や生活雑貨、食べるもののセレクトは変わらずに。
〈北白川ちせ〉
住所:京都府京都市左京区北白川別当町28│地図
TEL:075-746-5331
営業時間:11:00〜17:00
定休日:月、火曜

(Hanako1212号掲載/photo:Noriko Yoshimura illustration:Shoko Kawai text:Mako Yamato)

prof_hensyubu
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る