DMA-20220714-1806
2022.09.01 — Page 1/2

静謐な京都で五感を研ぎ澄ます極上時間を。 体と心が整うリトリート宿、星のや京都。

あえて観光地は回らず、ホテルにこもって日常から解放された、自分だけの時間を過ごしませんか。疲れを癒すプログラムや施設が備わった宿で、心身ともにデトックスを。

星のや京都[ 嵐山 ]

かつて平安貴族の別荘地として栄えた京都・嵐山。渡月橋のたもとから船に乗り、大堰川を遡ると、やがて渓谷に沿うように建てられた日本家屋が現れる。風格あるこの建物こそ〈星のや京都〉だ。外界から隔絶された宿では、四季折々の美しい景観を眺めながら、身も心も悦ぶ日本料理「嵐峡の滋味」を味わい、京文化体験を通して非日常の時を過ごすことができる。
ミシュランガイド旅館部門で最高ランクを獲得し、人生で一度は泊まりたい憧れの宿としてしばしば各媒体で紹介されているが、今回はこの宿での新たな過ごし方を紹介する。東洋医学の考えを軸に、“調身、調息、調心、調感”を目指す1泊2日のプログラム「水辺の好日」だ。2日間かけて心身を整える施術と、宿泊がセットになった滞在型プログラムで、一人ひとりに合ったオーダーメイドのメニューが受けられるというもの。メニューのベースとなるのは、チェックイン後に行う鍼灸師の問診。
初日は改めて自分の体や心の不調に向き合い、元の良い状態に戻すために体質・体調に合わせたマッサージや鍼灸、そして漢方薬局がブレンドした草根木皮のお茶や入浴で体をしっかり休める。翌日早朝は、鳥のさえずりが聴こえる枯山水を模した庭で、呼吸を意識したストレッチ体操で体を目覚めさせ、栄養満点の野菜鍋で一日のエネルギーをチャージ。その他、貴重な香原料を使った匂い香づくりや、禅寺での座禅や読経の体験「朝のお勤め」で、京都の文化に触れ、心や感性をも整える。

1泊2日 「水辺の好日」 プログラムの流れ。

STEP #1 鍼灸師による問診で体の状態を知る。
東洋医学専門の鍼灸師が、事前に記入した問診シートをもとにゲストの体質・体調をチェック。現在の顔色や髪、舌の状態を視診し、普段の食生活や行動パターン、生理の様子などをヒアリング。

20220714-1783
20220714-1785
20220714-1783
20220714-1785

STEP #2 問診結果に合わせたマッサージ、鍼灸。
一人ひとりにマッチした施術がスタート。マッサージで体の緊張をほぐしてから、症状に適したツボを鍼やお灸で刺激することで心身の不調を改善させる効果があり、巡りが良くなるのを感じる。

20220714-1882

STEP #3 草根木皮のお茶を飲み、体を休める。
施術を受けた後は、ゲストの体調に合わせて処方された、草根木皮のお茶でほっと一息。漢方の力で体の中からも調子を整える。後日、このお茶はお土産として30包(約10日分)自宅に届く。

20220714-2093

STEP #4 奈良時代より伝わる匂い香づくりを体験。
老舗香木店〈山田松香木店〉がゲストに合わせて天然香原料をセレクト。その中から数種類選び、自分好みの香りに調合。どこか懐かしさを感じる日本古来の香りは、緊張や興奮を落ち着かせてくれる。

20220714-2163
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る