ハレクラニ沖縄 (3)
2021.03.09

特別な日はこのホテル。 いつか泊まりたい!【全国】憧れラグジュアリーホテル6選。記念日やリッチ女子旅に。

今回は全国のラグジュアリーホテルをナビゲート。贅沢なホテルステイで思い出に残る旅に。

1.〈ザ・ウィンザーホテル洞爺〉/北海道

ザ・ウィンザーホテル 洞爺 リゾート&スパ
朝食はホテル滞在中とびきりのお楽しみの一つ。焼きたてのパンとシャンパンがついたブレックファスト。
朝食はホテル滞在中とびきりのお楽しみの一つ。焼きたてのパンとシャンパンがついたブレックファスト。
ザ・ウィンザーホテル 洞爺 リゾート&スパ
朝食はホテル滞在中とびきりのお楽しみの一つ。焼きたてのパンとシャンパンがついたブレックファスト。

ホテル内のベーカリー〈ブーランジュリーウィンザー〉では、はるよこい・きたのかおり・きたほなみ・ゆめちから・ほくしんという評判の北海道産小麦を5つも使用している。「小麦だけではありません。自然豊かな洞爺のきれいな水、厳選された塩、バター、酵母。理想の素材で焼いています」とホテルスタッフ。

ザ・ウィンザーホテル 洞爺 リゾート&スパ

洞爺湖を見渡すメインロビーは北海道の四季折々が楽しめる。625mの山頂に立つホテルなので、条件が合えば雲海を見ることもできる。館内には天然温泉の大浴場もある。

〈ザ・ウィンザーホテル 洞爺リゾート&スパ〉
眼下に洞爺湖をのぞむリゾートホテル。『ミシュランガイド北海道2017年特別版』で北海道で唯一最高峰の五ツ星がついた。新千歳空港からJRを使って120分、洞爺駅で下車、無料シャトルバスでホテルまで。
■北海道虻田郡洞爺湖町清水336
■0142-73-1111
■1部屋 51,945円〜(税サ込)
■全386室

(Hanako特別編集『Hanako TRIP 今、泊まりたいのはライフスタイルホテル。』/photo:Yoshiko Watanabe text & edit:Yoshie Chokki)

2.〈メズム東京〉/東京

「チャプター4 スイート リュクス」にあるベッドのサイズは200cm。
「チャプター4 スイート リュクス」にあるベッドのサイズは200cm。
IMG_5426
16階ロビーおよびバー&ラウンジ。一面の窓ガラスからは浜離宮恩賜庭園や水辺の絶景が広がる極上空間。
16階ロビーおよびバー&ラウンジ。一面の窓ガラスからは浜離宮恩賜庭園や水辺の絶景が広がる極上空間。
「チャプター4 スイート リュクス」にあるベッドのサイズは200cm。
IMG_5426
16階ロビーおよびバー&ラウンジ。一面の窓ガラスからは浜離宮恩賜庭園や水辺の絶景が広がる極上空間。

ホテルがあるのは浜松町駅より徒歩6分、大門駅より徒歩7分、竹芝駅より徒歩3分ほどの東京ベイエリア。浜離宮恩賜庭園の目の前に位置し、周りは隅田川と東京湾の合流地点という自然豊かなウォーターフロントエリアです。そしてホテルはこの夏オープンしたばかりの複合施設〈ウォーターズ竹芝〉のタワー棟16~26階に位置します。

〈メズム東京〉のコンセプトは"TOKYO WAVES"。絶えず変化する東京の“今”に根ざしたサービスやコンテンツを展開することによりゲストに新たな発見を提供する、今までにないスタイルのラグジュアリーホテルです。

8UZTrLBQ

17階~26階に位置する全265室のゲストルームの内装は、国際的に高い評価を獲得しているインテリア建築デザイン会社ウィルソン アソシエイツ社がプロデュース。インテリアは日本文化や伝統的な文様を現代風に取り入れた斬新かつスタイリッシュなデザインで統一されています。

そして全ての客室に、カシオ計算機の高機能デジタルピアノ「プリヴィア」の新モデル「PX-S1000 BK」が設置されているというのも〈メズム東京〉の大きな特徴。スリムでスタイリッシュなデザインのため客室にも馴染んでいます。

〈メズム東京、オートグラフ コレクション〉
■東京都港区海岸1-10-30
■03-5777-1111
公式サイト
一休限定のHanako特別プラン

(photo&text:Riho Nakamori)

3.〈ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜〉/横浜

スタンダードルーム「ザ・カハラ グランド」。
スタンダードルーム「ザ・カハラ グランド」。
スイートルーム「ザ・カハラ スイート」。
スイートルーム「ザ・カハラ スイート」。
14階「スカイロビー」。
14階「スカイロビー」。
スタンダードルーム「ザ・カハラ グランド」。
スイートルーム「ザ・カハラ スイート」。
14階「スカイロビー」。

羽田空港から車で約30分、みなとみらい線「新高島駅」「みなとみらい駅」の両駅から徒歩約8分の場所に誕生した〈ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜〉。館内で目を引かれる要素のひとつが、煌びやかな“シャンデリア”。同ホテルでは、〈ザ・カハラ〉の象徴である“シャンデリア”を、ハワイ王族のクラウンや、ハワイの国花・プルメリアをモチーフにするなど現代的に再現。

全146室ある黒と白のカラーを基調としたエレガントな客室は、海の輝きや透明感をとらえた「クリスタルモダン」がコンセプト。ゆったりとした空間は、みなとみらいエリア最大級の広さを誇ります。

14階のイタリア料理 リストランテ〈OZIO(オッツィオ)〉。
14階のイタリア料理 リストランテ〈OZIO(オッツィオ)〉。

スイート以外の客室では、上質な香りに包まれるホテルオリジナルのバスアメニティを備えています。アメニティが気に入ったら、1階のブティック〈THA KAHALA COLLECTION〉で購入することも。

また、食文化の宝庫である横浜で、伝統と“今”を感じさせる新たな食体験をできるのが同ホテルのレストラン。自由な発想で紡ぎ出されるイタリアンや、美しい景観とあっと驚く演出で会話も弾む鉄板焼、神奈川県内13蔵の日本酒と日本料理のマリアージュ、ハワイを感じるシグネチャーカクテルなど、まさに個性豊かなラインナップです。

〈ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜〉
■神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-3
■045-522-0008(代表)
公式サイト

(photo,text: Emi Inagaki)

4.〈ザ・リッツ・カールトン大阪〉/大阪

126-768x768
05-768x768
04-768x768
126-768x768
05-768x768
04-768x768

〈ザ・リッツ・カールトン〉の日本第一号ホテルとして誕生した〈ザ・リッツ・カールトン大阪〉。クラシカルでありながらとびきり洗練された空間と、温もりのあるおもてなしで人気を博している、国内屈指のラグジュアリーホテル。

まるでヨーロッパの邸宅を訪れたかのような雰囲気とスタッフの方々のパーフェクトなサービスを間近で感じ、到着早々幸せな気分に。私が今回宿泊したのは、35階のクラブレベル。「ホテルの中のホテル」ともいわれるザ・リッツ・カールトン・クラブレベルでは、 専属のコンシェルジュによるパーソナルなおもてなしで、より一層スペシャルな滞在を叶えることが可能。

141-768x768

朝食やアフタヌーンティーなど1日5回、軽食や飲み物をブッフェスタイルで自由に利用できるのもクラブラウンジの楽しみの一つ。

朝ごはんの後はプールで泳いで腹ごなし。澄み渡った空気の閑静なプールや、室内外のジャグジー、サウナ好きにはたまらない広々としたサウナや水風呂は、どれもこれも至極快適。ずっとここで過ごしたいほど。

〈ザ・リッツ・カールトン大阪〉
https://www.ritz-carlton.co.jp

(photo&text:Kishiko Maeda)

5.〈ザ・ホテル青龍 京都清水〉/京都

クラシカルな窓枠が優美。/教室を改装した既存棟の客室は全34室、平均50m²。中庭をぐるりと取り囲むように立ち、窓からは当時のままの桜が望める。
クラシカルな窓枠が優美。/教室を改装した既存棟の客室は全34室、平均50m²。中庭をぐるりと取り囲むように立ち、窓からは当時のままの桜が望める。
〈ザ・ホテル青龍 京都清水〉
〈ザ・ホテル青龍 京都清水〉
クラシカルな窓枠が優美。/教室を改装した既存棟の客室は全34室、平均50m²。中庭をぐるりと取り囲むように立ち、窓からは当時のままの桜が望める。
〈ザ・ホテル青龍 京都清水〉
〈ザ・ホテル青龍 京都清水〉

世界文化遺産、清水寺の御門前から続く坂の中腹に佇む、歴史ある小学校がホテルとしてリニューアル。昭和初期に建てられ、長年地域に愛されてきた歴史や文化を継承し、新たな一歩を刻み始めた。

当時の面影を探しながら散策するのも滞在時の楽しみだ。八坂の塔を眺めながらドリンクや軽食とともに寛いだ時間を過ごせるゲストラウンジは、宿泊者全員が使えるというのもうれしい。

抜群のロケーションゆえ、朝は誰もいない時間を見計らって産寧坂や維新の道、石塀小路を散歩したり。夕方から夜にかけては最上階のルーフトップバー〈K36〉でサンセットを見ながらの一杯を楽しんだり。

〈ザ・ホテル青龍 京都清水〉

ホテルではめずらしい個室のプライベートバスも3室完備。3mを超える天高な空間は、露天風呂にも劣らぬ開放感。90分6,000円(4人まで利用可能)。

〈ザ・ホテル青龍 京都清水〉
アーカイブコーナーでは、改修前の小学校の様子を展示。変貌の軌跡を知ることができる。
■京都府京都市東山区清水2-204-2
■075-532-1111
■スタンダードキング 1泊1室69,286円〜(税サ込・朝食付き)
■全48室

(Hanako1188号掲載/photo:Yoshiko Watanabe, Noriko Yoshimura, Norio Kidera text:Mako Yamato, Yoshie Chokki)

6.〈ハレクラニ沖縄〉/沖縄

全室バルコニー付き。こちらは50平方メートルのスタンダードルーム。山影がダイヤモンドヘッドのよう。そんな妄想も。
全室バルコニー付き。こちらは50平方メートルのスタンダードルーム。山影がダイヤモンドヘッドのよう。そんな妄想も。
サンセットウイング側のオーシャンテラスプール。
サンセットウイング側のオーシャンテラスプール。
17時オープンの〈サンセットバースペクトラ〉。41席あるが、トワイライトタイムは絶対カウンターで。そして、海に沈む夕日をイメージしたカクテル「サザンブリーズ」2,700円を。
17時オープンの〈サンセットバースペクトラ〉。41席あるが、トワイライトタイムは絶対カウンターで。そして、海に沈む夕日をイメージしたカクテル「サザンブリーズ」2,700円を。
全室バルコニー付き。こちらは50平方メートルのスタンダードルーム。山影がダイヤモンドヘッドのよう。そんな妄想も。
サンセットウイング側のオーシャンテラスプール。
17時オープンの〈サンセットバースペクトラ〉。41席あるが、トワイライトタイムは絶対カウンターで。そして、海に沈む夕日をイメージしたカクテル「サザンブリーズ」2,700円を。

やってきました、〈ハレクラニ沖縄〉。ハレクラニとは「天国にふさわしい館」の意。青い海に白砂のビーチが広がる、まさに天国のようなリゾート。中でもハレクラニを象徴するのが、約150万枚のタイルを使ってオーキッドを描き出したオーキッドプールだ。

客室はすべて、バルコニー付きのオーシャンビューという贅沢。だから、部屋にいるだけでも気持ちいいこと、この上なし。

打ち寄せる波と白砂のイメージ。爽やかでイノベーティブな〈SHIROUX〉のインテリア。おしゃれしてお食事を。
打ち寄せる波と白砂のイメージ。爽やかでイノベーティブな〈SHIROUX〉のインテリア。おしゃれしてお食事を。

ホテルステイの楽しみの一つは、食事。セットなら〈SHIROUX〉、ブッフェなら、ビーチフロントウイングのオールデイダイニング〈HOUSE WITH OUTAKEY〉へ。

〈ハレクラニ沖縄〉
■沖縄県国頭郡恩納村名嘉真1967-1
■098-953-8600
■1室2名利用 1泊朝食付き51,000円(税サ別)〜
■全360室

(Hanako特別編集『今、泊まりたいのはライフスタイルホテル。』掲載/photo:Norio Kidera text:Michiko Watanabe)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る