【京都旅】“暮らすように泊まる”が叶う!京町家の一棟貸し宿4選
2020.10.11

自分たちだけのプライベート空間を満喫。 【京都旅】“暮らすように泊まる”が叶う!京町家の一棟貸し宿4選

京都へ女子旅、という時の選択肢として、定番となった感のある京町家の一棟貸し。暮らすように滞在できるという魅力はもちろんのこと、これからは、自分たちだけのプライベート空間を満喫できるという点で、さらに人気は加速しそう。そこで今回は京町家の一棟貸しの宿をご紹介します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.〈京の温所 丸太町〉女子旅に人気!〈ワコール〉が手がける京町家一棟貸しの宿/丸太町

〈京の温所 丸太町〉
四季の移ろいを庭に見る。/差し込む光が美しい庭を掘りごたつ式の和室から望む。昔ながらの縁側もあり、風呂上がりに涼みながらここで飲む一杯は格別。
〈京の温所 丸太町〉
人工炭酸泉のヒノキ風呂。/シャンプーやボディシャンプーは〈THREE〉のもの。4人並んで使える広い洗面台も好評。身支度にあわただしい朝でも余裕だ。

リピーターが多く、一度ファンになると全棟滞在を目指す人もいるほど人気の理由は、女性ならではの視点で細かい部分にまで行き届いたホスピタリティ。スタッフが常駐せずとも一切困ることなく、その心配りに滞在中何度も癒される。今年の4月には、美とアートをテーマにした7軒目が丸太町にオープン。予約が取れなくなる前に、ぜひ。

〈京の温所 丸太町〉
〈京の温所 丸太町〉
〈京の温所 丸太町〉

暮らすように過ごせるのも一棟貸しの魅力。近所のコーヒーショップやパン屋さんで購入し、朝食をここで食べる人も多い。調理器具や家電もそろう。寝室は2階。中央には〈カリモク家具〉製のオリジナルのソファを石庭になぞらえて配置したという寛げるスペースも。寝る前のおしゃべりタイムはここで。

〈京の温所 丸太町〉
地下鉄丸太町駅より徒歩2分。チェックインの手続きは、JR京都駅徒歩7分のワコール新京都ビルのフロントで行う。
■京都府京都市中京区車屋町通夷川上ル少将井御旅町341-2
■0120-307-056
■1泊1棟27,000円〜

(Hanako1189号掲載/photo:Yoshiko Watanabe, Noriko Yoshimura, Norio Kidera text:Mako Yamato, Yoshie Chokki)

2.〈京の温所 釡座二条〉京町家を一棟貸し切って暮らすように泊まる。/烏丸御池

京都 京の温所 釡座二条
格子は町家独特の意匠。二条城から近く、繁華街からもアクセスがいい立地。
京都 京の温所 釡座二条
シングルベッドが2台並ぶ寝室。窓からは樹齢100年のイヌマキの古木が。
京都 京の温所 釡座二条
庭に面したライブラリー。ブックディレクターの幅允孝が本の選書を手がけている。

京町家を改装し1棟貸しの宿として展開する「京の温所」プロジェクト。釡座二条の宿は、建築家・中村好文とミナペルホネン・皆川明が手がけた。

京都 京の温所 釡座二条
中村の建築の特徴である曲線美がヒノキの風呂にも。浴室の足元に切り取られた窓から自然光が差し込み気持ちがいい。
京都 京の温所 釡座二条
皆川さんがセレクトしたモリソン小林氏のアートピースが。

曲線が美しい螺旋階段や高野槇の風呂、アートピースなど随所に二人のこだわりが感じられる。ライブラリーで読書したり、キッチンで料理をしたり、理想的な町家暮らしを体験して。

〈京の温所 釡座二条〉
ほか岡崎、御幸町夷川にも施設がある。今年中に御所南や西陣エリアにもオープン予定。
■京都府京都市中京区釜座通二条下ル上松屋町690-2
■075-556-0156
■1棟50,000円(税別)~ 
■1棟貸し

(Hanako特別編集『Hanako TRIP ひみつの京都 完全版』掲載/photo:Makoto Ito, Yoshiko Watanabe, Kunihiro Fukumori text:Ai Kiyabu, Mako Yamato)

3.〈京都和紙の宿 七十七 姉小路別邸〉中心地にある贅沢な空間で一風変わった文化体験を。/

京都和紙の宿 七十七 姉小路別邸
京都和紙の宿 七十七 姉小路別邸
透明の茶碗でお茶を点てる様子をガラスの床越しに鑑賞。
京都和紙の宿 七十七 姉小路別邸
窓から優しい光が差し込むベッドルーム。

日本らしさ、京都らしさを感じられる和の伝統文化体験をコンセプトとした〈茶の宿 七十七〉の新展開として今年2月にオープン。チェックインするとまず、床がガラス張りになっている2階の茶室を1階から見上げ、お茶を点てる様子を見るという、ほかではない体験ができる。

京都和紙の宿 七十七 姉小路別邸
夜は和紙越しの明かりを眺めながら入浴できる露天風呂。
京都和紙の宿 七十七 姉小路別邸

和紙のランプや障子など装飾の美しい一棟貸しの広々とした空間に加え、日本庭園をのぞむ露天風呂付き。心地よい開放感とともに旅の疲れを癒してほしい。1階のフローリングスペース。朝食をオーダーし、ここでいただくことも可能(要予約、3,500円)。

〈京都和紙の宿 七十七 姉小路別邸(きょうとわしのやど なずな あねやこうじべってい)〉
「私のすべてを捧げます」という花言葉のナズナが宿名に。
■京都府京都市中京区式阿弥町118 
■075-253-6776 
■1泊1名25,000円~ 一棟貸し(定員6名)

4.〈The 別荘 そそ〉暮らすように過ごす、4棟限定の隠れ家/六条河原町

〈The 別荘 そそ〉
白壁の町家4棟がずらりと並んで立つ、威風堂々として美しい外観。内部の間取り、設備はすべて共通。
〈The 別荘 そそ〉

住宅地の小道に佇む、一棟貸しの宿。1階には木のぬくもりあふれるリビングやミニキッチン、2階にはツインベッドルームと布団2組が敷ける和室を備えた62㎡の町家は、まさに別荘のようにくつろげる。旅館さながらの広々とした檜の箱型風呂は、坪庭を眺めながら入れる贅沢さ。

〈The 別荘 そそ〉

2階にもシャワーとトイレがあり、グループや家族での宿泊にも最適。リビングとお風呂の間にある坪庭は、手水鉢(ちょうずばち)や石灯籠などがしつらえられた癒しの空間。

〈The 別荘 そそ〉
静かな夜を楽しめるよう、あえてテレビはなし。洗濯機完備で、連泊も安心。
■京都府京都市下京区若宮町465 
■075-496-4757
■2名1棟31,600円~(税込、変動あり) 
■定員各2~5名

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

今月のスペシャル

いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集
TOPに戻る