〈ザ・スクエアホテル銀座〉×〈BUNDOZA CAFE&BAR〉/銀座一丁目
2021.03.09

洗練された大人体験を。 ホテルの新常識「良いホテルには、良いカフェがある」。注目のホテルカフェへ。【街と人をつなぐホテル特集】

良いカフェがあるホテルは“Cool!”。いいホテルには、人が集まるカフェがある。これは、全世界共通。宿泊者に限らず、誰でもふらりと立ち寄れて、思い思いの時間を過ごしているのです。

1.「フグレンの日本国内店舗めはどこに?」正解は浅草。〈ナインアワーズ浅草×フグレン浅草〉/浅草

建築デザインと設計は平田晃久氏。近未来的なカプセルのデザインは、世界的なプロダクトデザイナーである柴田文江氏によるもの。2010年グッドデザイン賞金賞受賞。
建築デザインと設計は平田晃久氏。近未来的なカプセルのデザインは、世界的なプロダクトデザイナーである柴田文江氏によるもの。2010年グッドデザイン賞金賞受賞。

1号店の富ヶ谷とは立地も周辺環境も異なる、にぎやかな観光地という選択に意表を突かれたファンも多いはず。しかも3階から上は「睡眠」と「シャワー」「身仕度」に特化したカプセルホテル〈ナインアワーズ〉。

モデル着用 シャツワンピース45,000円(エンジニアド ガーメンツ エンジニアド ガーメンツ 03-6419-1798)/バックパック24,000円(ドゥーシュバッグ RCTジャパン 03-6303-1039)/ブレスレット35,000円(アンコックス アバロン 03-6434-7333)
モデル着用 シャツワンピース45,000円(エンジニアド ガーメンツ エンジニアド ガーメンツ 03-6419-1798)/バックパック24,000円(ドゥーシュバッグ RCTジャパン 03-6303-1039)/ブレスレット35,000円(アンコックス アバロン 03-6434-7333)
〈ナインアワーズ浅草×フグレン浅草〉/浅草
モデル着用 シャツワンピース45,000円(エンジニアド ガーメンツ エンジニアド ガーメンツ 03-6419-1798)/バックパック24,000円(ドゥーシュバッグ RCTジャパン 03-6303-1039)/ブレスレット35,000円(アンコックス アバロン 03-6434-7333)
〈ナインアワーズ浅草×フグレン浅草〉/浅草

だが早くも街に溶け込み、国内外のゲストからの評判も上々。浅草の歴史、ルーツ、古いものから新しいものへ。両者の共感から生まれたコラボレーションは、訪れる価値あり

薄い生地が特徴のノルウェースタイルのワッフルは、朝食にぴったり。プレーンからスモークサーモン、アボカドなど食事系も豊富にそろう。
薄い生地が特徴のノルウェースタイルのワッフルは、朝食にぴったり。プレーンからスモークサーモン、アボカドなど食事系も豊富にそろう。

〈ナインアワーズ浅草〉
フグレンのコーヒー&ペストリーセットがつく朝食プランも。
■東京都台東区浅草2-6-15
■03-5830-0057
■1泊4,900円〜(税込)
■全183室

〈フグレン浅草〉
午前中は、ほとんど海外ゲストで埋まるとか。
■03-5811-1756
■7:00〜22:00(水木〜1:00、金土〜2:00)無休
■68席/分煙

2.街と人をつなぐ場所。洗練された大人体験を持ち帰る。〈ザ・スクエアホテル銀座〉×〈BUNDOZA CAFE&BAR〉/銀座一丁目

お酒は「東京クラフトペールエール」700円、モヒート「TSUMUG[I 焼酎]×かぼす×ミント」900円が美味。
お酒は「東京クラフトペールエール」700円、モヒート「TSUMUG[I 焼酎]×かぼす×ミント」900円が美味。
「チャバタハムサンド」480円は「スペシャルティ コーヒーのアメリカーノ」400円と。
「チャバタハムサンド」480円は「スペシャルティ コーヒーのアメリカーノ」400円と。
お酒は「東京クラフトペールエール」700円、モヒート「TSUMUG[I 焼酎]×かぼす×ミント」900円が美味。
「チャバタハムサンド」480円は「スペシャルティ コーヒーのアメリカーノ」400円と。

テーマは街と人をつなぐスクエア(広場)。その起点となる〈BUNDOZA CAFE&BAR〉は、風が心地いいオープンエアな空間だ。朝はチェックアウト前にコーヒーを飲むゲスト、昼になるとお酒でひと息つく人や、オフィスワーカーの姿も。

〈ザ・スクエアホテル銀座〉×〈BUNDOZA CAFE&BAR〉/銀座一丁目

夜はバーとしてにぎわい、一日中多彩な顔ぶれが集まる。アートやこだわりのインテリアと、館内の心をくすぐるモノたちもここに帰りたくなる理由だ。

アートや〈Lee〉とコラボしたベッドスロー、〈snow peak〉のアウトドアチェアと、各所にセンスが光る。
アートや〈Lee〉とコラボしたベッドスロー、〈snow peak〉のアウトドアチェアと、各所にセンスが光る。

〈ザ・スクエアホテル銀座〉
東京メトロ銀座一丁目駅から徒歩約3分。
■東京都中央区銀座2-11-6 
■03-3544-6811 
■モデレートダブル1泊12,000円~(税サ込) 
■全182室

〈BUNDOZA CAFE & BAR〉
一部を除き、メニューはほぼオールデイ。昼からお酒も楽しめる。
■7:00~24:00 無休 
■48席(うちテラス10席)/禁煙

(Hanako特別編集『Hanako TRIP 今、泊まりたいのはライフスタイルホテル。』掲載/photo : Tetsuya Ito, MEGUMI (DOUBLE ONE) hair & make : Saori Hattori styling : Yuuki Matsuda model : Larissa text : Wako Kanashiro text & edit : Yoshie Chokki)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る