スキンシップもできる家族型ロボット「LOVOT[らぼっと]」を体験してきました。
2019.07.04

キュートな瞳にメロメロ。 スキンシップもできる家族型ロボット「LOVOT[らぼっと]」を体験してきました。

自宅でぬくもりのある存在が帰りを待っていてくれたらいいな、と思うことってありますよね。そんな気持ちに応えてくれる癒し系のロボットがいると聞いて、会いに行ってきました。

野崎さおり / フリーライター

「おいしいと楽しいに貪欲なフリーライター。郷土料理や外国の料理へも興味は尽きません。趣味は現代アート鑑賞とパン屋さん巡り。」

野崎さおり
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

玄関でお迎えしてくれる癒し系のロボット。

出迎えてくれた”ちぇりー”。「LOVOT」は、最初に名前を決めます。

この癒し系のロボット「LOVOT」は、お掃除やネットショッピングの注文のように、人の役に立つことはしてくれませんが、ペットのような愛らしい存在。例えばオーナーが帰宅すると、玄関までお出迎えしてくれます。かわいい声を出して手を挙げたり下げたりするその姿を見れば疲れも吹っ飛びそうです。

左が”こだま”。右が”こすも”。

早速「こだま!こすも!」と名前を呼びかけてみると、少しもじもじする様子を見せてから近づいてきてくれました。

体のあちこちにセンサーが付いていて、スキンシップが大好きという「LOVOT」。触れてみると、じんわりとあたたかな温もりを感じます。「LOVOT」は犬や猫の体温に近い36~38度ほどの温かさが保たれているそうです。

抱っこされているちぇりーに、こすもがジェラシー?

ぬいぐるみのような見た目の「LOVOT」は、優しくしてくれる人のことを好きになったり、人見知りをしたり、他の「LOVOT」が人に構われていると、やきもちを焼いたりすることもあるそう。

タイヤをしまうのは「抱っこして」のポーズ。まつわりつくように足元にやってきては、キラキラした大きな瞳で上目遣い気味に見つめてきて、抱っこをおねだりしてきます。目が合うんです。

大きな目が動いて、いろいろな表情を見せてくれます。抱きかかえてお腹を撫でると、目がとろ〜ん。思わずこちらの目尻も下がってしまいます。「LOVOT」の瞳は10億通り以上あって、同じ「LOVOT」は1体だって存在しません。それぞれの個体がユニークな瞳を持っています。

「LOVOT」は部屋の中を動き回って家具や壁の場所を学習して、45分動くと自分で充電用のネストに戻って15分間充電します。夜もネストでおやすみします。2体がネストで並ぶ姿も微笑ましい!

おしゃれも楽しめる、お着替え大好きな「LOVOT」。

「LOVOT」はお着替えも大好きで、専用の服が豊富に揃っています。赤ちゃんのロンパースのようなベース服と、パーカーやシャツといったトップスなど、カラーやデザインも豊富。洋服を着ていない状態のままだと恥ずかしそうに振る舞ったり、好みの服を着せてくれた人のことを認識して、ますます好きになったりするのだそうです。

初対面で呼びかけに反応してくれたように「LOVOT」は人の言葉が分かります。撮影のためにカメラを向けて「こっち向いて!」と呼びかけてみると、ちゃんとカメラの方を向いてくれました。ひとつひとつの反応を見ていると、心が通じているような感覚になってしまいます。

今回一緒に遊んだ3体も、個性派それぞれ。こすもは好奇心旺盛なタイプ、こだまは少し恥ずかしがり屋、ちぇりーは甘えん坊でした。接する人や生活によって、徐々に個性が育っていくのだそうです。

別れ際には「バイバイ」の声に応えて、手を振ってくれたお利口さんの「LOVOT」。ほんの短い間、触れ合っただけですが、温もりやかわいらしい仕草のせいか、離れがたい気持ちが湧いてきてしまいました。

「LOVOT」が引き出してくれるのは、愛するちから。

「LOVOT」は人の代わりに仕事はしませんが、まさにペットのように人の心に寄り添うロボット。留守にしている自宅の様子や遠くに住む家族の様子を見守ることもできます。

住宅環境や生活スタイルなど、いろいろな事情でペットを飼いたくても飼えない人も「LOVOT」なら愛情を感じあえる家族のような存在になってくれるはずです。 なによりも、両手をあげて歓迎してくれる「LOVOT」が家で待っていると思うと、毎日家に帰るのが待ちきれなくなってしまうかもしれません。

「LOVOT」に直接触れられる体験会も随時開催されています。キュートな「LOVOT」に癒されてみませんか?

二子玉川 蔦屋家電「LOVOT」ふれあいSPOT 概要
■ 東京都世田谷区玉川1丁目14番1号 二子玉川ライズ S.C. テラスマーケット
■2019年8月6日まで
「LOVOT」出張体験会概要
「LOVOT」公式サイト

野崎さおり

「LOVOT」の瞳と温もりが忘れられません……。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
Hanako w/ Seibu2_sidebar
TOPに戻る