ショップと菓子工房も併設。〈資生堂パーラー〉初の路面店が自由が丘にオープン。
2019.05.18

ご褒美ランチやリッチな女子会にも使えるカフェ&レストラン! ショップと菓子工房も併設。〈資生堂パーラー〉初の路面店が自由が丘にオープン。

本日5月18日(土)、〈資生堂パーラー〉初の路面店がオープンしました。その舞台となるのは、グルメにスイーツ、雑貨と都内でも人気の街・自由が丘。しかも、駅から徒歩3分という利便性にすぐれた立地なんです!内覧会では、ここ自由が丘店でしか食べることのできないスイーツを試食してきたのでご紹介します。

高橋聖子 / フリーライター

「全国各地の器を巡るのが夢で、旅と食と工芸に関することを発信するのが好き。モットーはワクワクを大切生きること。」

高橋聖子
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

駅から徒歩3分ほど場所にある〈資生堂パーラー 自由が丘店〉。

本日オープンした自由が丘店は、レストラン&カフェ、ショップを兼ね備えた〈資生堂パーラー〉初の路面店です。特徴はなんといっても、地下1階に菓子工房が併設されていて、ここでしか販売していない作りたてのスイーツが楽しめること!早速、店内を案内してもらいました。

手土産にも喜ばれる、SHOPのおすすめシーズナル商品。

店内入り口にあるショップブースでは、定番のスイーツからシーズナル商品まで豊富に揃っています。パッケージも可愛いので、ちょっとした手土産にも使えます。

この時期おすすめの商品を広報担当の小番さんに3つ紹介してもらいました!まずひとつめが、「ラ・ブール」というクッキー部分にゲランドの塩が入ったクランチチョコレート。こちらはミルクとホワイトの2種類のフレーバーが入っています。

2つめは、女性に嬉しい美感成分コラーゲンペプチドと資生堂製ヒアルロン酸が配合されたジュレタイプのドリンク「ビューティープリンセス」。味は「ピーチwithローズ」と「マンゴーwithアロエ」に加え、期間限定の「マスカットwithパイナップル」と「ブラッドオレンジwithアセロラ」の4種類がありました。

赤と青色の缶は定番カラー。

3つめは、〈資生堂パーラー〉の代表作であるロングセラーの「花椿ビスケット」。真ん中のメロン色は、資生堂パーラーの原点である「アイスクリームソーダ」をイメージして作られた、今しか買えない限定カラー!最近では缶を全色集める人も多く、限定カラーは完売するのも早いんだとか。飽きのこない素朴なサクサクビスケットは、幅広い層に愛される定番のお菓子です。

CAFE&RESTAURANTのイチ押しメニューは。

店内32席・テラス28席が用意されたカフェ&レストランの内装は、白と黒を基調としたシックで落ち着いた高級感のある雰囲気。

テラス席は広々としていて開放感があり、グリーンもあるので周りの目も気にならず、気持ちよく過ごせそう!

左が子ども用で、ベルトも付くそう。並べると可愛さ倍増!

店内のインテリアで心くすぐられたのが、子ども用の椅子!自由が丘店では土地柄、子連れ客が多いため、お店の雰囲気に合わせて、大人と同じ形をした椅子が用意されていました。これなら大人の仲間入りになった気分で、子どもたちも喜んで座ってくれそうですね!

レセプションでは、平日限定のお得なメニュー「プリフィックス ランチ」(2,268円~*税込)をご紹介していただきました。メインデッシュがプリフィックススタイルのランチは、季節の食材を使った月替わりメニュー2種類と「牛フィレ肉のステーキ丼」(+500円)の3つの中から選びます。それに前菜とドリンク(コーヒーor紅茶orハーブティー)が付いたセット。5月の月替わりメニュー2種類は、「桜エビとたけのこと季節野菜のパスタ」と「鮮魚のポワレとリゾット 季節の野菜添え」です。

どれもおいしそうなので、料理長にズバリおすすめを聞いてみました!銀座〈FARO〉で12年間イタリアンを務めてきた鈴木料理長がおすすめするメインは…、パスタでした! 5月の月替わりメニューは2週間と短い期間で終了となるので、選択に迷ったときは料理長自慢のパスタで決めてみてはいかがでしょう!

自由が丘店でしか買えない「クレームショコラ」。

地下1階の工房で作られる洋菓子の中で、ここ自由が丘店でしか手に入らないメニューが4種類あります。それが、「クレームショコラ(日向夏・ほうじ茶・抹茶)」3種類と、

「フレーズカシュカシュ」という大きないちごが中に丸ごと入ったカスタードとジャージークリームを使ったショートケーキ。

「クレームショコラ・抹茶」を試食させていただきました!スイス産のホワイトチョコレートと、福岡県産の八女抹茶を使用した「クレームショコラ・抹茶」は、爽やかな抹茶の香りと軽やかなホワイトチョコレートのバランスが絶妙!上層部分は、八女抹茶を配合した生クリームでデコレーションされていて、濃厚過ぎない上品な味わいでした。
ちょっと豪華なランチや女子会を楽しみたい時は、ここでしか食べられない限定スイーツのある〈資生堂パーラー 自由が丘店〉を利用してみてはいかがでしょうか。


〈資生堂パーラー 自由が丘店〉概要
■目黒区自由が丘1‐4‐10 quaranta1966 1F
■03‐3718‐7620
■11:00~21:00(20:00LO、CAFÉ 20:30LO)
■月休(祝日は営業) ※5月20日は臨時営業
資生堂パーラー公式サイト

高橋聖子

次はフレーズカシュカシュを食べに来たいな!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る