日本発のタピオカスタンド〈Tapista〉がOPEN。トッピングを組み合わせて、“自分だけの一杯”を!
2019.04.24

タピオカ愛を深めちゃおう! 日本発のタピオカスタンド〈Tapista〉がOPEN。トッピングを組み合わせて、“自分だけの一杯”を!

ここ数年「タピオカ戦国時代」とも呼ばれるほど、タピオカ商品は大ブームに。雑誌『Hanako』の人気特集からも「タピオカウーロンミルクティアイスバー」が商品化されるなど、ますます人気は高まっています。そんなタピオカ業界に新ブランドが誕生!“一杯のタピオカドリンクで世界中に笑顔と感動をお届けする”をミッションに掲げた、日本発のタピオカスタンド〈Tapista(タピスタ)〉の魅力に迫ります。

山本 杏奈 / フリーライター

「高知県出身、東京都在住。「女性の暮らしを豊かに」をテーマに、WEBメディアで執筆中。美味しい餃子とお刺身が大好きです。最近のブームは食堂巡り。」

山本 杏奈
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

徹底された世界観に引き込まれる、ポップで愛らしい店舗。

今春オープンした御茶ノ水店と下高井戸店に続き、4月20日(土)にオープンしたのは代官山フラッグシップ店。駅から歩いて数分の立地ながら、非日常な雰囲気を感じる店舗です。

ミントグリーンとミレニアルピンクを基調とした、乙女心をくすぐる外観が特徴!

ブランド立ち上げにあたって、店舗のデザイン等を監修したのはクリエイティブディレクターの辻 愛沙子さん。F0・F1層を中心とした企画やデザインを手掛けている辻さんは、〈Tapista〉監修においてブランドのテーマ選定を重要視したのだとか。

合言葉は、”Take it Teasy”。

「“映画のワンシーンのようにポップで愛らしい、フレンチダイナー”をテーマに、フランスのお店が持つ華奢な雰囲気を取り入れました。商品が出てくるまでの待ち時間にはアニメーションを楽しんだり、購入後はフォトスポットで写真撮影をしたり…これまでになかったタピオカ体験をしていただきたいですね」と、笑顔で語ってくれました。

辻さんこだわりのアニメーション。徹底された世界観に引き込まれます。

店内では「タピオカファクトリー」をイメージしたアニメーションが流れており、透明なタピオカがいくつかの工程を経て、ドリンク内に入っているタピオカに変身!ディスプレイの向こうにタピオカ工場が広がっているかのようなワクワクを感じながら、待ち時間を過ごせますよ。

茶葉やタピオカにも、こだわりアリ!一口で分かる“特別感”。

〈Tapista〉には、紅茶鑑定士監修のプレミアム茶葉・黒糖をつけこんだ生タピオカ・抹茶ドリンクには宇治一番茶を使用など、さまざまなこだわりがあるとのこと。また、甘さや氷の量も自分好みにアレンジできます。さっそく、ドリンクのフレーバーやタピオカの食感をチェックしてみましょう。

まず、いただいたのは「Tapista プレミアムミルクティ」(420円)+「黒糖生タピオカ」(80円)。ゴロゴロと大きなタピオカの粒がたくさん入っています。上品な甘さが口いっぱいに広がり、喉の奥がサッパリ!これから夏にかけて、少し暑い日にもゴクゴク飲めちゃいそう。タピオカ自体に甘味があるので、噛んでみるとデザートを食べているような満足感がありますよ。

自分好みのアレンジを楽しんで!トッピングを組み合わせて作る、絶品ドリンク。

〈Tapista〉では、黒糖生タピオカの他にも「ミルクフォーム」「濃厚くちどけ杏仁」「ストロベリーミルクフォーム」「アーモンドミルクフォーム」(各80円)のトッピングが用意されており、自分好みのアレンジを楽しめます。

筆者は、スタッフさん一押しの「宇治抹茶ラテ」(490円)+「黒糖生タピオカ」と「厳選黒蜜ミルク」(470円)+「ストロベリーフォーム」をチョイス!

宇治抹茶ラテには、抹茶の最高峰である宇治一番茶をなんと100%使用…!濃厚な甘みとほのかに感じる優しい苦みが絶妙にマッチしています。素材にこだわっているからこそ出せる、抹茶の旨味がたまりません。

「厳選黒蜜ミルク+ストロベリーフォーム」は、スタッフさんに勧められたとおり、まずはストロベリーフォームだけを一口。とろとろのフォームは控えめな甘さで、いちごの風味がふわっと香ります。ストロベリーフォームを楽しんだあとは、ストローで全体をかき混ぜて、再度いただきます。まろやかなミルクと、沖縄県産の黒糖を使用した黒蜜の相性は抜群!甘党さんもうっとりする、至福のドリンクです。

カラフルなグラデーションが魅力的!

ご紹介したアレンジの他にも、バニラ香る「チャーポン・タイミルクティ」+「濃厚くちどけ杏仁」や、「宇治抹茶ストレート」+「ミルクフォーム」なども、おすすめの組み合わせなのだとか。自分好みのトッピングを選んで、自分だけのオリジナルティを作ってみてくださいね。

飲みながらのお散歩も、フォトスポットでの撮影も!

〈Tapista〉代官山店には、写真映え抜群のフォトスポットも用意されているので、購入したタピオカドリンクと一緒に思い出を残せますよ。また、持ち帰る方向けのオリジナルテイクアウトバックのデザインにもこだわりアリ!

ミントグリーンを基調としたオリジナルテイクアウトバックの内側には、ミレニアルピンクがちらり。“あえて”持ち歩きたくなる要素が詰まっています。

〈Tapista〉は、すでにオープンしている2店舗と代官山フラッグシップ店を含め、今夏中に都内を中心に計7店舗の出店が決定しており、立川店や静岡店も順次オープン予定。近々「Tapistaアイシングクッキー」もお目見えするとのことで、今後のブランド展開が楽しみです。ぜひ、新ブランド〈Tapista〉の特別な一杯を体験して、タピオカ愛を深めてみてくださいね。

〈Tapista〉代官山フラッグシップ店
■東京都渋谷区恵比寿西2-21-15
■11:00~18:00、土日祝10:00~20:00
■無休

※価格はすべて税込。

山本 杏奈

どれもおいしくて、あっという間に飲んでしまいました…!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
seibu_sidebar
TOPに戻る