複合型体験エンターテイメントビル〈アソビル〉が、横浜駅にOPEN!
2019.03.15

話題の〈UNKO MUSEUM〉も登場! 複合型体験エンターテイメントビル〈アソビル〉が、横浜駅にOPEN!

横浜駅みなみ東口通路から直通の〈アソビル〉は、子供から大人までと幅広い層の人たちが楽しめるエンターテイメント施設。本日3月15日にグランドオープンを迎えた、2階体験イベントフロアと1階グルメストリートをご紹介いたします! 話題の〈UNKO MUSEUM〉も要チェックです。

高橋聖子 / フリーライター

「全国各地の器を巡るのが夢で、旅と食と工芸に関することを発信するのが好き。モットーはワクワクを大切生きること。」

高橋聖子
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

〈アソビル〉1階総合受付カウンター。

〈アソビル〉は、横浜中央郵便局別館をリノベーションして誕生した施設。B1階から4階とスポーツコートのある屋上まで、ビルを丸ごと使って遊べる様々な体験型コンテンツが楽しめるビルです。
館内は、他の商業施設やアミューズメントと同じことをするのではなく、ここでしかできない体験を提供したいという考えのもと、フロアごとにもコンセプトを設け、プロデュースされています。

1階受付ロビー前。

「アートによる遊び心の解放」というコンセプトの〈アソビル〉は、新進気鋭のアーティスト作品が、各フロアの至る所に展示されています。壁画以外にも、個性的なオブジェや、インスタレーションなど、ここでしか見られない作品がいっぱい!館内を見渡しているだけでもいろんな発見があります。早速、体験イベントフロアの2階へ。

2階体験イベントフロア「ALE-BOX」。

まるでシアタールームに入るような感じ。

2階は“厳選されたエンタメ体験のセレクトショップ”をコンセプトにし、最新のテクノロジーや斬新なアイデアを生かした脱出ゲーム、VR、展示イベントなどが定期的に入れ替わりながら展開されていくフロアとなっています。

新感覚アミューズメント空間〈UNKO MUSEUM〉。

まずは、ネーミングからインパクト大の〈UNKO MUSEUM〉へ。

カラフルで可愛い便器たち。

会場内は「うんこ広場」・「ウンスタジェニックエリア」・「ウンテリジェンスエリア」・「ウンタラクティブエリア」の4つに構成されていますが、そのメイン会場に入る前段階のここで、とある儀式を済ませます。

「すっきりしていってください。」と言われるがまま座ってみると、お姉さんの掛け声で、踏ん張りがスタート!最初は恥ずかしさもありますが、本気度の高いお姉さんたちにつられて、テンションが上がっていきます。

「出したものは、お持ち帰りください。」と手渡される“UNKO”。何色が出てくるかは、お楽しみです!

スッキリした後は、会場内へと進むことができ、巨大オブジェのある「うんこ広場」へ。時間になると巨大なオブジェから噴火がはじまり、中から小さなうんこが大量に噴射されてきます。

オブジェに近づくこともできるので、子供たちもボールを持って夢中!

「ウンスタジェニックエリア」では、カラフルでキュートなブースを含め、インスタ映えスポットは全部で6つ。飛び交うシュールさとカラフルなうんこが可愛い「フライングうんこ」の他に、オシャレなティーパーティーとうんこをMIXさせた「プリッとプリンセス」や「愛のうんこルーム」とテーマも面白いので、すべて制覇したくなっちゃいます!

「ウンタラクティブエリア」では、メガホンを使って全力で「うんこーーーーーーっ!!」とシャウトするゲームや、

地面に落ちたうんこを足で踏んでいく体感ゲームにレトロなゲームなど、ただ見るだけではなく、叫んだり、体を使って楽しめるブースとなっていました。まさに大人も童心に返ったつもりで遊べるエリア。羞恥心を忘れて、大人も思いっきり楽しんでほしいコンテンツです。


〈UNKO MUSEUM〉概要
■実施期間 3月15(金)~7月15日(月)
■営業時間 11:00~20:00(最終入場19:30)
金~日、祝・祝前日10:00~21:00(最終入場20:30)
■入場方法 事前予約によるチケット制(※空き状況次第で当日券もあり)
■入場料金 大人(中学生以上)1,600円、小人(小学生)900円、小学生未満無料
■詳細はこちら

リアル脱出ゲーム『Escape from The NINE ROOMS』。

1~4人で遊べる新感覚リアル脱出ゲームは、大掛かりな仕掛けや最新鋭のシステムが用意された“連続する9つの部屋”を舞台に、タブレットを持ちながら、部屋ごとに出題される謎を“五感”を使って制限時間50分以内に解き明かしていきます。

扉横にあるモニターにタブレットをかざし、鍵をあけてスタート。

部屋は大人4人で入ると、少し狭く感じるくらいの広さ。

次の部屋に進むためには、部屋の中に隠されている暗号を探し、タブレットに入力するパスワードを導きだします。まったくわからなかったらどうしよう…と不安な人も大丈夫!時間が経つと、タブレットにヒントが出てくるようになっています。

ここROOM5は、パイプがいくつも飛び出ている部屋。進むにつれて、少しずつ難しくなってくるため、焦りからハラハラ・ドキドキ感が徐々に増していきます。

ROOM9へ入る扉。

最後のROOM9は、“10分以内に出なければいけない”というミッションが課せられるため、ROOM1~ROOM8をクリアするまで40分で進めるとベストかもしれません。絶叫マシーンや、お化け屋敷のようなハラハラ・ドキドキ体験が好きな人や謎解き好きな人は、ぜひ挑戦してみて下ださい。


『Escape from The NINE ROOMS』概要
■実施期間 3月15(金)~終了日未定
■公演時間 10:00~をスタートに1時間ごと。最終20:00~
■入場方法 事前予約によるチケット制(※空き状況次第で当日券もあり)
■入場料金 <前売券>4人チケット:11,200円(1人2,800円)、3人チケット:9,000円(1人3,000円)、2人チケット:6,200円(1人3,100円)、1人チケット:4,300円
<当日券>※前売券が完売した場合、当日券の販売は行わない。
4人チケット:13,200円(1人3,300円)、3人チケット:10,500円(1人3,500円)、2人チケット:7,200円(1人3,600円)、1人チケット:4,800円
■詳細はこちら

その他のコンテンツは?

『えんとつ町のプぺル VR』のイメージ画像。

オープン時は全部で5つのコンテンツが楽しめます。他に、キングコング西野亮廣さんの絵本をVR化した『えんとつ町のプぺル VR』や、心温まるショートフィルムギャラリーの『THE STORY HOTEL』、6年前にたった1週間だけ開催された幻の『ハートの女王からの脱出』が、2019年版としてリメイクされたリアル脱出ゲームが開催中です。

お腹が空いたら、1階グルメストリートへ。

チーズがとろけているデザインのカウンターが可愛い!

1階は“横浜が好きな人による、横浜を好きになってもらうための場所”をテーマに18店舗の飲食店が、横丁のようにずらりと集合しています。その中から、注目の3店舗をピックアップ!一つ目は、〈DAIGOMI BURGER〉。南青山、池袋にあるチーズレストラン〈DAIGOMI〉による新業態のチーズバーガー専門店。

この日は、レセプション用の単品チーズバーガーに追いチーズ(追加料金あり)をかけて、試食しました。とろっと溶けたラクレットチーズをハンバーガーの上に、大量にのせてくれます。

バンズは、熊本・阿蘇山の天然水、国産コシヒカリ玄米粉、北海道産生乳のバター、沖縄の美しい海水を伝統的な製法で精製した天日塩とこだわりがつまった玄米パン。牛肉100%のジューシーな肉厚なパティに自家製のBBQソースとタルタルソースがアクセントになっていて、よりチーズの旨味が際立っています!このチーズのはみ出し具合といい、単品でもボリューム満点な一品でした。


〈DAIGOMI BURGER〉概要
■8:00〜23:30(ランチ13:30 LO、ディナー23:00LO)
■30席

甘いものが食べたい派さんにオススメなのが、麻布十番に本店を構えるブルックリンスタイルのドーナツが食べられる〈DUMBO Doughnuts and Coffee アソビル店〉。ここでは、7種類の大きなドーナツとコーヒーが楽しめます。

ピンク色の可愛いい見た目とリッチ感漂う、「フランボワーズ」ドーナツとアイスコーヒーを試食。

かなり大きめのドーナツは、ナイフとフォークも用意されていますが、手をベトベトにしなりながら、かぶりつく食べ方がおススメとのこと。甘酸っぱい香りが広がり、味は甘めで食べやすいです。モチモチした食感が病みつきになりそう!ボリューム感のある見た目とは裏腹に、あっさりとしているのも嬉しいポイント。お持ち帰りも可能です。


〈DUMBO Doughnuts and Coffee アソビル店〉概要
■9:00〜19:00
■12席

お酒もお肉も堪能したい派さんにおススメなのが、〈肉寿司の牛右衛門(ぎゅうえもん)〉。こちらでは、黒毛和牛の霜降り肉などの厳選されたお肉を使用した肉寿司や牛肉刺し、地鶏の炙り焼、白レバー焼など様々な肉料理が楽しめる居酒屋です。

試食したのは、店イチ押しの「牛肉寿司の盛り合わせ」1,280円。肉と海鮮がコラボした創作寿司を含めた、5種類の牛肉寿司が食べ比べできる一品。お肉はどれも低温調理でじっくりと熱を通し、減菌処理がされています。生肉のようなとろける食感でジューシーな牛カルビや、甘みのある脂が特徴の和牛ローストビーフ、あっさりと食べられる牛ハラミと、どれも美味しい!

海鮮コラボの2ネタは、豪華ないくらとウニの肉巻き。お肉は生ハムの食感に近く、塩気のある海鮮と相性もバッチリでした。
〈アソビル〉は入館料がかからないため、18店舗も入っているグルメストトリートを堪能しに来店するだけでも楽しいかも。店舗はすべて営業時間が異なるので、〈アソビル〉の公式サイトもチェックして。


〈肉寿司の牛右衛門(ぎゅうえもん)〉概要
■営業時間 17:00〜24:00(23:30LO)
■58席



〈アソビル〉概要
■公式サイトはこちら

高橋聖子

週末は、遊んで・食べて・飲んで一日中楽しめる〈アソビル〉で決まり!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る