a1
2019.03.04

日本茶でホッと一息。 〈カネ十農園 表参道〉がリ・オープン! 体験型ティーサロンで新感覚のお茶体験を。

表参道の人気体験型ティーサロン〈カネ十農園(カネジュウノウエン) 表参道〉が、メニューを全て新しくして2019年2月22日(金)にリ・オープン。先駆けて行われた内覧会で、春らしいお茶やスイーツをチェックしてきました!

日本茶の魅力を伝える体験型ティーサロン。

b

表参道の裏通りにある〈カネ十農園 表参道〉は、静岡県・牧之原で、茶農園の土づくりから販売まで一貫で行う老舗・カネジュウ農園が手がける体験型ティーサロン。2018年のオープン以来、日本茶の魅力を身近に感じられるスポットとして人気を集めています。

c

今回のリ・オープンでは、店舗限定のシーズナルティーの提供や、オーダーメイドティーの体験販売をスタート。注目の新メニューを味わってきましたので、さっそくご紹介しましょう!

春の訪れを感じる上品「桜煎茶」。

桜煎茶 Ice/Hot 880円。
桜煎茶 Ice/Hot 880円。

〈カネ十農園 表参道〉では、季節ごとに旬の素材を使ったシーズナルメニューが登場します。春の時期に楽しめるのが、桜を使ったお茶やスイーツの数々。

中でもイチオシは、桜の花びらがなんとも雅な一杯。静岡・牧之原発祥の製法で風味を最大限まで引き出した芳醇な味わいの茶葉に、桜の花と桜の葉をブレンドした「桜煎茶」です。煎茶の旨味の中に、桜がふわりと優しく香ります。

ピンクと緑がキュートな「カネ十あんみつ 桜」 。

カネ十あんみつ 桜 690円。
カネ十あんみつ 桜 690円。

こちらは一番茶を使った自家製寒天と白玉、仕上げに濃厚な煎茶蜜をかけていただく日本茶専門店ならではのスイーツです。春は桜のアイスクリームや桜あん、桜のチーズホイップが添えられた桜づくしのあんみつが楽しめます。お茶の程よい苦味と桜の風味が織りなす上品なマリアージュを、ぜひお試しあれ!

表参道散歩のお供にぴったりなティードリンクも!

一番茶 チーズホイップティー カネ十アールグレイ 690円。
一番茶 チーズホイップティー カネ十アールグレイ 690円。

今、大流行中のチーズティー。こちらのお店では素材にこだわったワンランク上のデザートドリンクとして味わえます。一番茶の上に、九州産の真っ白なクリームチーズと生クリームを合わせたチーズホイップをオン。

お茶自体は甘くないので、チーズホイップと混ぜると爽やかなおいしさに。緑と白のコントラストがキレイなティードリンクは、テイクアウトにして表参道をブラブラ歩きながらいただくのもおすすめです!

自分だけのブレンドで楽しむオーダーメイドティー。

オーダーメイドティー 袋80g 1,500円/缶100g 2,100円。
オーダーメイドティー 袋80g 1,500円/缶100g 2,100円。

〈カネ十農園 表参道〉に訪れたらぜひ試してほしいのが、こちらのオーダーメイドティー。カネ十煎茶やローカフェイン茶などベースの茶葉を1種類選び、ブレンドしたいフレーバーを最大3種類まで配合して、自分だけのオリジナルブレンドティーを作ることができるんです。

h

フレーバーは山椒や唐辛子など常時20種類。初めての人は、どれをブレンドしようか迷ってしまいそうですが、お店のスタッフさんがコンシェルジュのように相談に乗ってくれるのでご安心を! 何度もテイスティングして自分好みのブレンドを見つけたら、その場で包装してもらい完成です。パッケージもスタイリッシュなので手土産にも喜ばれること間違いなしですね。

i

4月までは桜をテーマにしたメニューが提供されますが、今後はレモン(5〜7月)、イチジク(8〜10月)。りんご(11〜1月)など季節の移り変わりとともにシーズナルメニューを展開予定だそう。日本茶の魅力を再発見しに、ぜひ足を運んでみてくださいね!

〈カネ十農園 表参道〉
■東京都渋谷区神宮前4-1-22
■03-6812-9637
■11:00〜19:00(18:30LO)
■月曜休
公式サイト

秋山ももこ
秋山ももこ / ライター(mogShore)

「旅するコンテンツメーカーmogShoreのメンバーとしてグルメや旅を取材中。夢は世界一周取材旅行をすること。カメラとはしご酒が趣味で、餃子とビールと下町が好き!」

秋山ももこさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る