IMG_3164
2019.02.28

焼酎女子が急増!ダイエット中にも飲めるお酒!? ふんわり甘いお芋の香りが特徴の「本格芋焼酎 大隅〈OSUMI〉」が新発売。

ビール女子に日本酒女子、最近ではウィスキーを飲む女性も増えてきている中、今一番ホットなのが「焼酎女子」!実は焼酎って、糖質ゼロ・プリン体ゼロと、ダイエット中にも嬉しいお酒なので、女性で飲む人も増えているそう。
お酒好きの私も、焼酎にはまだ手を出していなかったのですが、今回は2月26日に新発売したばかりの〈サントリー〉「本格芋焼酎 大隅」のセミナーで、思いっきり本格芋焼酎を体験してみたいと思います!

「本格芋焼酎 大隅」が初心者におすすめの理由。

「大隅」は、芋焼酎の本場 鹿児島県の〈大隅酒造〉で、製造されています。大隅産のさつまいも「黄金千貫」が使われています。
「大隅」は、芋焼酎の本場 鹿児島県の〈大隅酒造〉で、製造されています。大隅産のさつまいも「黄金千貫」が使われています。

「大隅」は、ふっくらとしたお芋の甘い香りと、すっきりとした後口のキレを両立させた芋焼酎。上品なお芋の甘い香りを感じられるのは、芋本来の甘やかな香りとコクある部分だけを取り出す「香り厳選蒸留」という製法をとり入れているから。実は、〈サントリー〉のウイスキーの蒸留の知見や技術が生かされているのだそう。

左から、〈大隅酒造〉工場長 斯波大幸さん、〈サントリースピリッツ〉リキュール・スピリッツ・焼酎部長 山本大輔さん。
左から、〈大隅酒造〉工場長 斯波大幸さん、〈サントリースピリッツ〉リキュール・スピリッツ・焼酎部長 山本大輔さん。

最近、ビールや日本酒は「香りがよく、すっきりとした後味」が好まれているのですが、近年、芋焼酎にも求めていることなのだそう。「大隅」はその点を重視し開発され「他のお酒は飲むけど、焼酎はあんまり飲まないな」という方にも、とても飲みやすくなっています。

実際に、「大隅」をじっくり味わってみた!

IMG_3146

「大隅」を含む、芋焼酎3種類を飲み比べてみました。香り、テクスチャー、後口・余韻の違いが一目瞭然。一般的な芋焼酎は、「これぞ芋焼酎!」という、お芋の香りとどっしりとした濃い味がします。一方「大隅」は、ふんわりとした優しい香りとライトな口当たり。芋焼酎初心者の私はやはり「大隅」が飲みやすい!

IMG_3201

私は元々お酒が好きなので、「大隅」はロックでいただく方が、しっかり味わえて「大隅」のもつ香りの高さやキレ良さを見つけやすかったです。ちなみに今日は冷えるなという時は、お湯割で、体の中からあたたまるのも良いですよ!お酒は、温度が高くなると香りがよく開くので、「この香りが好きだな」と感じる芋焼酎は、ぜひお湯割を試してみてください。

IMG_3159

こちらは、「大隅」の緑茶割り。すっきりしていて、とても飲みやすい!「大隅」の甘い香りと、お茶の香りが絶妙に合います。鹿児島県は緑茶の生産量が全国2位!割ものも鹿児島合わせが通の飲み方!?緑茶なら、どんなお食事にも合わせやすくおすすめですよ!

焼酎のいいところは、さまざまな割り方が選べるところですよね。ストレート・ロック・お茶・梅干しなどのスタンダード割りものに加えて、最近では本格焼酎をソーダで割るのも人気です!

芋焼酎が引き立つ、おすすめのペアリングフード!

「唐芋スティック」480円。
「唐芋スティック」480円。

今回のセミナーは、〈神屋流 博多道場 八重洲店〉で開催されたので、そちらのメニューからペアリングフードもいただきました。

「大隅」に合わせるなら、やはり外せない“さつまいも”。「大隅」をのみながら「唐芋スティック」をいただきましたが、「大隅」がもつ、芋の甘い香りが増幅し、お芋感がすごい!

「炙り明太子」800円。
「炙り明太子」800円。

炙り明太子の辛さと旨味に、「大隅」の甘い香りがベストマッチ!甘じょっぱウマは、お酒の世界でも通じる部分がありますね(笑)。

IMG_31941

〈神屋流 博多道場 八重洲店〉の他のメニューで「大隅」に合わせたら特に美味しそうと思ったのは、「もつ鍋」。みんなでお鍋を囲んで、焼酎会もいいですね!

この「大隅」は、全国の飲食店で飲むことができるそうです。飲み会に行った時には、お芋のふんわりした甘い香りとすっきりキレのいい「大隅」をチャレンジしてみてください!

〈サントリー〉「新・本格焼酎 大隅」
公式サイト

横尾 有紀
横尾 有紀 / ライター

「音楽業界経由のフリーライター・イベント企画。阿佐ヶ谷在住。日本酒、コーヒー、おいしいごはんとカルチャー系イベント好き。」

横尾 有紀さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る