トップショコラティエの世界2号店目〈パスカル・ル・ガック 東京〉が、東京の赤坂に待望のOPEN!
2019.01.19

世界のチョコレート愛好家を魅了し続ける! トップショコラティエの世界2号店目〈パスカル・ル・ガック 東京〉が、東京の赤坂に待望のOPEN!

フランスのチョコレート愛好家クラブ「C.C.C.」が特別に認定する最高位「LES INOCONTOURNABLES(欠かすことのできないショコラティエ)」に、5年連続で選ばれているパステル・ル・ガック氏。その世界2号店目となる〈パステル・ル・ガック 東京〉が東京・赤坂に本日オープンしました。世界のチョコレート愛好家を魅了する、注目のチョコレートショップ内覧会に行ってきましたので、ぜひご覧ください。

高橋聖子 / フリーライター

「全国各地の器を巡るのが夢で、旅と食と工芸に関することを発信するのが好き。モットーはワクワクを大切生きること。」

高橋聖子
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

日本1号店目となる〈パステル・ル・ガック 東京〉。

シックでおしゃれな外観。

パリ郊外のサン・ジェルマン・アン・レーにある本店と同じ外観の〈パステル・ル・ガック 東京〉は、東京メトロの溜池山王駅・11番出口の地上を出るとすぐ目の前にあります。

まるで宝石ようなケーキやショコラが並ぶ店内。

どれも可愛く、美味しそう。

〈パスカル・ル・ガック〉は2010年に、東京のサロン・デュ・ショコラで日本初上陸していましたが、フランス本店でしか買うことができない商品も多く、ようやくこのお店で購入することが可能になりました!早速、ショーケースが並ぶブースへ。どれも美しいケーキは、パスカル・ル・ガック氏に直接指導され、OKをもらったパティシエやショコラティエが作った商品です。

〈パステル・ル・ガック〉のロゴが。

フランス本店で人気の「エクレールショコラ」(600円)は、甘さひかえめでなめらかなチョコレートクリームが入っています。催事会場でも販売されていなかったので、ようやく日本での販売が実現した話題の商品。
こちら、試食させていただきました。印象は結構小ぶりだなと思ったのですが、食べてみると中にたっぷりのチョコレートクリームが入っているので、食べ終わるとちょうどいいサイズでした。

他には、フランス本店のアトリエから直輸入されているマカロンや、トリュフ、パヴェ クロカンに……

過去の催事会場でも人気のボンボンショコラがズラリ。ボンボンショコラは26種類と数も多く、季節によって種類が変わるそうです。

定番の「ビターガナッシュナチュール」(350円)から試食させていただきました。ベネズエラ産のカカオを主体とした調合のガナッシュで、バニラをワンポイントにしているのが特徴。食べていてもビターの苦さも感じず、ほのかにフルーティーな香りのある上品なボンボンショコラでした。

ある時期にしか採れないという希少なベルガモットを使用した香り豊かな「ベルガモット」(350円)や、ハートの形が可愛く甘酸っぱい「ハートボンボンショコラパッション」(370円)もいただきました。
どちらも、ショコラを邪魔しないほどの優しい香りや酸味が、絶妙!「ハートボンボンショコラパッション」はこの時期限定商品なので、バレンタインようにいいかも!と思った方はお早めに。

日本限定で開発されたメニューがこちら!
フレッシュフルーツをチョコレートにディップして味わう「チョコレートフォンデュ」(1,500円)は、その時期旬なフルーツを使用。フルーツには、宮城県産の「さちのか」と茨城県産の「いちごっこ」の2種類の苺にラフランス、金柑、フランボワーズが入っていました。
こちらはイートインのみの提供です。

焼き菓子も種類が充実!この時期の百貨店催事ブースでも販売がないそうなので、ここでしか買えない貴重な商品なんです。スタッフにオススメの焼き菓子を聞いてみました。

男性スタッフがオススメしてくれた焼き菓子が、「サブレ シトロン」(1,400円)。優しいレモンの香りが、食べ出すとクセになって止まらなくなってしまうんだとか。チョコレートが苦手な男性へのプレゼントで迷っている方に嬉しい情報かもしれません。
他には、オランジェットやクロカン、パステル・ル・ガック氏の故郷でもあるブルターニュ地方の伝統菓子サブレや、

パンにぬって食べる「タルティン ノワゼット」(1,500円)もありました。プラリネのようなナッツの食感があるそうで、フランス本店でも人気商品とのこと。

イートインできるサロン。

こちらが、ショップに併設されているレトロでシックなサロンスペース。ベロア素材のソファ席の上には、フランスのアトリエで作業中の風景を撮ったという、素敵な写真たちが飾られています。

ビターの他にシナモンバージョンもあるそう。

ドリンクもチョコレートを堪能したい!って方に、オススメなドリンクが「ショコラショー ビター」(1,000円)。一緒に生クリームがセットで付いてくるので、自分好みの甘さに調整が可能。
日本食器メーカーの〈ノリタケ〉とコラボして作ったオリジナルの食器も可愛いかったので、チェックしてみてください。

パスカル・ル・ガック氏にも会えた内覧会!

パスカル・ル・ガック氏(左)とスイーツ芸人のスイーツなかのさん(右)。

たまたま時間が一緒だった、スイーツ芸人のスイーツなかのさんとパスカル・ル・ガック氏にお話を伺いました。日本の女性に一番好んでもらえるだろうと思う商品は?とお聞きしたところ、フランスのアトリエから直輸入している「ボンボンショコラ」との回答が。どれにしようか迷っちゃう方は、ぜひイチ押しのボンボンショコラから食べてみてはいかがでしょうか?


〈パスカル・ル・ガック 東京〉概要
■東京都港区赤坂2-12-13
■03-6230-9413
■東京メトロ千代田線 赤坂駅 2番出口徒歩5分 / 銀座線・南北線 溜池山王駅 11番出口徒歩1分
■10:00~20:00
■不定休
パスカル・ル・ガック 日本公式サイト

高橋聖子

来日中のパスカル・ル・ガック氏は、サロン・デュ・ショコラとの行き来になるそうですが、1月29日(火)までは店頭にも立つそう!運がよければ、会えるかも!?

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る