〈日本橋三越本店〉『スイーツコレクション』
2019.01.18

ここでしか買えない限定チョコレートも! 五感で楽しむ〈日本橋三越本店〉の『スイーツコレクション』おすすめ10選

バレンタインまで1ヶ月を切りましたが、今年のチョコレートはお決まりでしょうか?先日、〈日本橋三越本店〉で開かれたバレンタインプレスビュー会にて、今年イチ押しのチョコレートをたくさんチェックしてきました。どこで購入しようか悩んでいる方へ、今回は厳選した10選をご紹介したいと思います!〈日本橋三越本店〉だけでしか楽しめない、お茶を使ったショコラ体験もあるのでぜひご覧ください。

今年のバレンタインテーマは“Feeling”

会場の入り口には、巨大QRコードが登場。
会場の入り口には、巨大QRコードが登場。

〈日本橋三越本店〉の2019年『スイーツコレクション』は“Feeling”をテーマに、五感で楽しむチョコレートを提案するほかに、来店してこそ味わえる実演やイベント、イートインなど22個のイベントも会期中に用意しているそうです。
プレスビュー会にもあった、この巨大なQRもイベントのひとつ!

〈日本橋三越本店〉の『スイーツコレクション』

近寄ってみると、なんと!チョコレートで出来ています。
この日は公開前だったので、リンク先を見ることはできませんでしたが、しっかりとQRに反応しているのを確認できました。バレンタインのスペシャルサイトに繋がっているそうなので、会場でみつけたらぜひ試してみてください!
それでは早速、プレスビューの会場へ。

王道の本命チョコ編・2選。

〈岡田美術館チョコレート〉「Okada Museum Chocolate『プレシャスハート~はじけるカカオ~』」

5年連続で出店している箱根にある〈岡田美術館チョコレート〉の「Okada Museum Chocolate『プレシャスハート~はじけるカカオ~』(4,801円)」は、今年の〈日本橋三越本店〉限定商品です。

チョコレートで出来たハートの上蓋を取ると…
チョコレートで出来たハートの上蓋を取ると…

イチジクやオレンジ、プルーンなどのドライフルーツが入っています。土台部分は、焙煎にこだわった自家製ジャンドゥジャになっていて、ザクザク食感の美味しいチョコレートが味わえます。実はこの部分には、口の中でパチパチと弾けるキャンディが隠されていて、口の中で2度楽しめる食感になっていました。

〈ピーター バイヤー〉「ルビーコレクション」

今、話題の第4のチョコレートと呼ばれている“ルビーチョコレート”も数多くありました。その中で、パッケージにも胸キュンしてしまったのが〈ピーター バイヤー〉の「ルビーコレクション(2,301円)」。
創業者ピーターバイヤー氏の「チョコレートで人々を幸せにする」という素敵な信念のもとに作られているチョコレートは、本命への贈り物としても間違いなし!

自分へのご褒美チョコ編・ケースまで可愛すぎる2選。

オトメゴコロをくすぐります♡
オトメゴコロをくすぐります♡

ダイヤモンド型でおなじみの〈デルレイ〉からは、三越伊勢丹限定のピンクの引き出しに入った「ピンクダイヤモンドBOX(4,320円)」。
2段BOXは、食べ終わった後もジュエリーBOXとして使いたくなる可愛さ。

〈ボワシエ〉は、マロングラッセをはじめて作ったお店なんだとか。
〈ボワシエ〉は、マロングラッセをはじめて作ったお店なんだとか。

3缶のまとめて欲しくなっちゃうほど、レトロで可愛いデザインが特徴のこちらは、パリのマダムご用達のブランド〈ボワシエ〉のチョコレート。
下からピンクは、ボワシエ伝統のレシピで作られる「ハートトリュフ(3,240円)」。ベージュが、4種類の小粒クランチチョコが入った「パール・ド・ショコラ・クロカン(3,024円)」。ブルーが、看板商品でもある花びらチョコレートの「ペタル・ド・ショコラ・フリュイ(4,104円)」。花びらの味は、ストロベリー・マンダリンオレンジ・柚子・ブルーベリー・ミルク・キャラメル・ダークの6種類。
開けても可愛いチョコレートに食べるのがもったいないほどです。

義理チョコ編・2選

父親や、お世話になっている目上の方への贈り物にいいかも。
父親や、お世話になっている目上の方への贈り物にいいかも。

〈岡田美術館チョコレート〉から、新作の別作品も紹介。美術館の象徴である風神・雷神の大壁画をモチーフに、8種類のフレーバーが楽しめる「Okada Museum Chocolate『福井江太郎 風・刻(かぜ・とき)』(4,801円)」。
斬新なのはアートだけではなく、フレーバーにも表れていました。1つのチョコレート中には2種類のフレーバーが入っていて、8つすべて味が異なり「サワークリーム×梅」や「トマト×カマンベール」と面白い組み合わせのフレーバーもあるんです。どちらの味も、甘さの後に追いかけてくる爽やかな梅やトマトの香りが独創的で、チョコとの相性もGOOD!

「味覚検定チョコ」

こちらは、甘味・塩味・酸味・苦味・旨味の5つの成分が添加されたその名も、「味覚検定チョコ」。 レベルが「EASY(627円)」、「NORMAL(2,139円)」、「HARD(3,219円)」と3種類あります。苦味成分が入っているか入っていないかだけの「EASY」に挑戦してみましたが、悩み抜いてようやく当たったほどで、結構難しかった…。「NORMAL」の全問正解率は、なんと10%なんだとか。
友チョコとして、みんなで楽しみたい時におススメです。

ちょっと珍しい!?希少価値チョコ編・2選。

〈グリーディー ロー スイーツ ダイカンヤマ〉「ローチョコレートアソート」

世界のカカオ豆収穫量のわずか2パーセントしか採れない希少な種「アリバカカオ」を使っている〈グリーディー ロー スイーツ ダイカンヤマ〉の身体にやさしい「ローチョコレートアソート(4,536円)」。ローチョコレートとは、加熱焙煎しないカカオ豆を材料につくられたチョコレートのことで、甘味料や人工のものが含まれていないオーガニックでビーガンなチョコレートを言います。
口に入れると、ふわっと溶けるような軽やかな舌触りが特徴的でした。

〈ザ・リッツ・カールトン東京〉「オリジナルジュエリーボックス」

値段と数が希少な〈ザ・リッツ・カールトン東京〉の「オリジナルジュエリーボックス」はなんと、値段が108,000円!!
越前塗りの漆職人によってつくられた漆器のBOXで、そのBOXにはLEDライトを用いた仕掛けもあるんだとか。
WEB1点・店頭2点の計3点の限定商品なので、運がよければ店頭でお目見えできるかも!?

店頭にきたからこそ味わえるイベントチョコ編・2選。

〈カカオ サンパカ〉「アステカ モーレ」

今年のイチ押しは「ずばりイベント!」とのことで、去年は2アイテムしかなかったソフトクリームやアイスが8アイテムに増えて会場を盛り上げてくれるそう。
今回のプレスビュー会でも披露されていた〈カカオ サンパカ〉の「アステカ モーレ(378円)」は、トウモロコシを原料としたアイスにカカオニブをあしらったインスタ映え間違いなしのオリジナリティー溢れる逸品。こちらは、テイクアウトもできるそうです。

〈日本橋三越本店〉『スイーツコレクション』

最後に紹介するのが、表参道にある〈カネ十農園〉の美味しいお茶に〈プレスタ〉のチョコレートをトッピングした新感覚のお茶デザート。試食では、真ん中の「煎茶×ライム(810円)」をいただきました。間にあるチーズホイップとお茶の組み合わせが新鮮で、のどごしのスッキリ感とデザートを食べている幸福感のどちらも味わえます!こちらはイートインのみなので、一緒にいって楽しむのもいいかも知れません。

バレンタインって楽しい反面、どこも混んでいて疲れてしまうので、気合いが必要な買い物ですよね。〈日本橋三越本店〉の『スイーツコレクション』は、遊びに行く感覚で楽しめるイベントが他にもあるそうなので、今年はショコラ体験もしながら、チョコレート選びをしてみてはいかがでしょうか。

日本橋三越本店『スイーツコレクション』概要
■2019年1月30日(水)~2月14日(木)
■日本橋三越本店 本館7階 催物会場
■バレンタインスペシャルサイトへはコチラ
もしくは、本文中の画像QRからもチェックいただけます!
※ご紹介の商品は、すべて税込み価格です。

高橋聖子
高橋聖子 / 野菜ソムリエ兼フリーライター

「野菜や果物の魅力・価値を伝えていく野菜ソムリエとしても活動中のフリーライター。全国各地を巡って発見した、美味しいグルメやモノを伝えていきます!」

高橋聖子さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る