食パン専門店〈銀座に志かわ本店〉より、新春初売り「食パン福袋」の販売決定!
2018.12.24

1日先着50セット限定で登場! 食パン専門店〈銀座に志かわ本店〉より、新春初売り「食パン福袋」の販売決定!

今年9月13日にオープンして以来、人気を集め続けている食パン専門店〈銀座に志かわ本店〉。今回、新春初売り「食パン福袋」の限定販売が決定!しっとりとやわらかく、頬張ると幸せを感じる贅沢感がたまらない、気になる「食パン福袋」の内容をご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

食パン好き必見の福袋、その中身は?

今年9月13日にオープンした食パン専門店〈銀座に志かわ〉。「絹のようにしっとりとした耳が美味しい」「ほんのり甘く、淡雪のような口溶けの滑らかな舌触りが独特で好き」など、人気の声がSNSで拡散され、連日、多くの客が来店する。こうした日頃のご愛顧に感謝を込めて、新春初売り「食パン福袋」の販売が決定。

中身には、通常販売している食パン(1本2斤:通常価格800円・税抜き)に加え、同じ生地を使って焼き上げた3種類(粒あん、こしあん、白粒あん)のあんぱんと、2019年から販売を開始する食パン専用風呂敷(通常販売価格:1200円・税抜き)を。価格は1000円(税抜き)。
心を込めて一つ一つ焼き上げる美味しさを、ぜひご賞味あれ。

手土産の用途を広げ、エコバックにもなる食パン専用風呂敷

銀座の料亭のおもたせのような手提げ紙袋に入った〈銀座に志かわ〉の食パンは「贈って喜ばれる。もらって嬉しい手土産」「ちょっと気の利いた1,000円以下の手土産」として、人気を集める。このニーズにさらにお応えして、〈銀座に志かわ〉特製「食パン専用風呂敷」の販売が決定。

手ぬぐいの専門メーカーである(株)かまわぬと共同で、食パン専用風呂敷を制作。焼きたての食パンを包むことを想定して、吸湿性と通気性に優れた綿100%の生地を使用している。柄は日本の伝統柄である杉綾を赤、黄、緑、青の4色で染め上げる。販売価格は1,200円(税抜き)。食パンを包むとちょうど2,000円となり、ワンランク上の手土産としてもぴったり。

新春初売り!「食パン福袋」

■2019年1月3日〜1月5日までの3日間
■11:00〜1日先着限定50セット
■予約不可

〈銀座に志かわ本店〉
■東京都中央区銀座1丁目27-12 キャビネットビル 1F
■03-6263-2400
■10:00〜18:00(売り切れ次第終了)
■〈銀座に志かわ本店〉のWEB サイトはこちら

編集部

ほんのり甘く、口溶けの滑らかなパンを食べて、新年から幸せに。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る