75c140d3601436d9bf49d9f8aa3af58a1
2018.12.20

意中の本と出会える! 朝から晩まで何時間いてもOK!六本木に入場料制の本屋さん〈文喫〉がオープン。

2018年12月11日(火)、六本木に“本と出会うための本屋さん”〈文喫(ぶんきつ)〉が誕生しました。これまでにない入場料が必要な本屋さんということで、オープンに先駆け行われた内覧会の様子をレポートします!

入場料制の本屋さん〈文喫〉とは?

DSC_1128

東京メトロ日比谷線の六本木駅から徒歩1分。〈青山ブックセンター六本木店〉の跡地に誕生した〈文喫〉は、“本と出会うための時間と場所を提供する” 新しいカタチの本屋さん。「入場料を支払って利用する」というこれまでにない試みに挑むことでも注目を集めています。

本屋さんといえば、お目当ての本を探しに行ったり、暇つぶしの立ち読みをしたりと、普段何気なく立ち寄る場所ですよね。「入場料制の本屋さん」って一体どんな場所なのでしょうか? 気になる店内の様子をご紹介します。

DSC_1319

まず目に入るエントラスは、本にまつわる企画展を行う展示室になっています。2019年1月31日(木)までは、10年ぶりに復刊を果たす雑誌『hinism(ヒニスム)』を中心とした企画展『雑誌の力』を開催中。展示テーマは1カ月ごとに変わるので、訪れるたびに新たな本の世界に出会えます!

DSC_1336

展示室の横のスペースには、約90タイトルの雑誌が壁一面にずらり! これはもう、雑誌好きにはたまらない空間です。

DSC_1315

雑誌が並ぶ棚は一つ一つ開けることができ、中には各雑誌のテーマにまつわる本が。「雑誌を起点に思いもよらない本と出会ってほしい」という思いが込められています。展示室からこちらのスペースまでは無料で楽しめるので、まずは試しに覗いてみてくださいね。

入場料1,500円を支払い、有料エリアへ!

DSC_1330

レセプションで入場料の1,500円を支払い、入館バッチを受け取ると2階の有料エリアを利用することができます。利用時間の制限などは設けられていないので、一度入場料を支払えば1日中好きなだけ滞在できるんです。

それではいよいよ有料エリアに行ってみましょう!

約3万冊の本を販売する「選書室」。

DSC_1249

“文化を喫する”という店名の通り、「選書室」には人文科学や自然科学、デザイン・アートなど、幅広いジャンルの書籍が約3万冊並んでいます。

DSC_1307

“本との出会い”をテーマにしているため、本棚に並んでいる本は基本的に1タイトル1冊のみ。一般的な本屋さんのように“あいうえお順”や“出版社別”に本が並んでいるのではなく、旅行や食などのカテゴリーによって小説や写真集などがランダムに配置されています。思いもよらない本同士を隣に並べることで、本との偶然の出会いを演出しているそう。

フードやドリンクが充実した「喫茶室」。

DSC_1292

時間を忘れて読書に没頭していたら、お腹が空いてきた…なんてときは、2階奥の一角にある喫茶室へ。「牛ほほ肉のハヤシライス」(1,080円)や「レモンとはちみつのタルト」(580円)など、食事系からデザート系まで豊富なメニューが揃います。アルコールもあるので、仕事終わりに本を片手にちょい飲みするのもいいかも!

DSC_1235

ドリンクカウンターで提供されるコーヒーと煎茶は入場料1,500円に含まれているフリードリンク。こちらは何杯でもおかわり自由というから驚きです。これはついつい長居したくなっちゃいますね!

じっくり本と向き合える「閲覧室」。

DSC_1272

「閲覧室」は、ゆっくり本を選びたい時におすすめ。「選書室」から気になる本をドサっと持ってきて心ゆくまで吟味してもよし。机にはコンセントがあり、無料Wi-Fiも飛んでいるので、パソコン作業もできますよ。

グループ利用も可能な「研究室」。

DSC_1279

「研究室」は大きな机が置かれた個室スペース。予約制ではないので、空いていれば自由に使うことができます。仲間と本について語り合ったり、打ち合わせしたりといろんなシーンで活躍しそう!

内覧会ではトークセッションを開催!

左から、森岡督行さん、上條昌宏さん、伊藤晃さん、横石崇さん。
左から、森岡督行さん、上條昌宏さん、伊藤晃さん、横石崇さん。

内覧会で行われたトークセッションでは、森岡書店の森岡督行さん、雑誌『AXIS 』編集長の上條昌宏さん、〈文喫〉店長の伊藤晃さん、モデレーターとして〈TOKYO WORK DESIGN WEEK〉の横石崇さんが登壇。「本の持つ力と場の在り方」について語り合いました。

六本木に編集部がある上條さんは、「これからは会社に行く前に〈文喫〉に寄って1、2時間じっくり本を読みたいなと。自分の知識ってほとんど本から得たものなので、ここはいろんな知識を吸収できる “パワースポット”のような場所ですね」とコメント。

森岡さんは、「長い時間いてもいい書店って世界中を見ても他に類がない。楽しい時間を過ごせる工夫がいたるところにされているのが、ここの特徴だと思います。この場所が未来の書店の在り方として、夢や希望になってほしい」と期待を込めました。

伊藤店長おすすめのソファ席。
伊藤店長おすすめのソファ席。

お気に入りの過ごし方を聞かれた伊藤店長は、「六本木ヒルズの見えるソファ席に、自分のキャパシティを超える量の本を持ってきて、夕方から夜にかけてじっくり読む…眠くなったら寝ちゃってください。それで店員さんに『閉店ですよ』って起こされる(笑)」と回答。トークセッションの締めくくりには、「ここに訪れたお客さんには、本と偶然出会い、恋に落ちて、ぜひその本と一緒に帰ってほしい。本と恋をして結婚してほしい」と、思いを語ってくれました。

みなさんも、本との出会いを演出してくれる〈文喫〉で、本と恋を始めてみませんか?

〈文喫 六本木〉
■東京都港区六本木 6-1-20 六本木電気ビル1F
■03-6438-9120
■9:00〜23:00(L.O.22:30)
■不定休
■90席
■入場料:1,500円
公式サイト

秋山ももこ
秋山ももこ / ライター(mogShore)

「旅するコンテンツメーカーmogShoreのメンバーとしてグルメや旅を取材中。夢は世界一周取材旅行をすること。カメラとはしご酒が趣味で、餃子とビールと下町が好き!」

秋山ももこさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る