〈GINZA SIX〉に2018年の新作クリスマスアートが期間限定で登場。
2018.11.19

全長4m超えの「光るぞう」が出現! 〈GINZA SIX〉に2018年の新作クリスマスアートが期間限定で登場。

あなたはクリスマスに、大切な人へどんなギフトを贈りますか?銀座エリア最大の規模を誇る商業施設〈GINZA SIX〉は、2018年12月25日(火)までの期間、「クリスマスアート」で彩られます。

今年はフランス人アーティストのNicolas Buffe(ニコラ・ビュフェ)さんによるアート作品が楽しめるとのことで、作品のお披露目会に行ってきました!

稲垣恵美 / フリーランス

「2017年に北海道から上京。週4で派遣をしながらライターをしています。食、かわいいもの、ライブハウスが大好きです!」

稲垣恵美
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

クリスマスまで限定の巨大アートが登場!

館内は期間ごとに様々なアーティストの作品が展示されています。

銀座駅徒歩2分、銀座中央通りに面した〈GINZA SIX〉は、ショッピングを楽しみながら、館内で気軽にアートに触れられる施設。

現在、『GINZA SIX CHRISTAMS 2018”Fanstastic Gift” ~「冬の王国」と「夏の王国」の物語~』と題したクリスマスプロモーションが開催されています。

作品への思いを語ってくれたニコラ・ビュフェ氏。

今回アートを手がけたのは、フランス人アーティストのニコラ・ビュフェさん。彼の作品には、イタリア・フランスの古典文学や日本のアニメなど、多彩なエッセンスが散りばめられています。そこから生まれる独特の世界観が評価され、フランスの「芸術文化勲章」も受賞しました。

“アート”と聞くと難しいイメージがありますが、ビュフェさんの作品は絵のタッチがアニメっぽく、アート初心者の私でも親しみやすさを感じられました!

館内随所に散りばめられたアート作品。

作品の全長は14m、象だけで4mもあります!

ビュフェさんの作品にはいつも「物語」があります。今回の物語は、地球の真反対にある「夏の王国」と「冬の王国」が舞台。

それまで関心のなかった国どうしが、お互いに同じような問題を抱えていることに気が付き、それを解決するためにギフトを贈りあい助け合う、というストーリーです。

中央吹き抜けの「光るぞう」は、巨大なドローンを使ってギフト(象)を運ぶワンシーンを表しています。驚きなのは、なんと本物の象と同じ大きさで作られていること!

一番上には王女様の姿が。

下から見ると真っ赤な「夏の国」を表していた「光るぞう」ですが、上から見てみると、実は物語のちがうワンシーンを表現しています。

そこにはクリスタルの中に閉じこもり、誰とも口をきかなくなってしまった「冬の王国」の王女様が。このように、ひとつの作品の中でちがった場面を見られるところも今作の見どころです。

あえて作品のモチーフをクリスマスの定番であるツリーなどにこだわらなかったのは、ビュフェさん自身が一番大切にしている「人との縁」を最も強く表現しているから。

まさに、クリスマスにふさわしい作品だと感じました。

館内は作品の世界一色に。

館内には、エスカレーターや柱にいたるまで様々な場所にアートが描かれており、作品の世界をより深く感じられます。

ぜひお買い物やグルメを楽しみながら、その世界に入り込んでみてくださいね。

物語のすべての要素を表すモニュメント。

4丁目側エントランスには、物語が長く受け継がれたことを表すモニュメントが。こちらのモニュメント、「COCOAR2」というアプリを起動してスマートフォンをかざすと、なんと物語のキャラクターが動き出すという演出が楽しめます!

館内にもこのようなARポイントが各地に用意されているので、お子様やお友達と一緒に遊んでみては?

作品とのコラボレーションアイテムも続々!

貴重なコラボアイテムが登場。

〈GINZA SIX〉の各テナントでは、作品とのコラボレーションアイテムを販売しています。ライフスタイルやファッション小物、スイーツまで、その種類は多岐に渡ります。

今しか手に入らないレアグッズは、大切な人への贈り物にもぴったりですね。

たった一つの贈り物で、友好を築いていった「夏の王国」と「冬の王国」のように、贈り物は人とのつながりを強くしてくれる素敵なアイテムです。

みなさんも、クリスマスは身近にいる大切な人へ思いのこもった“ギフト”を贈ってみませんか?

〈GINZA SIX(ギンザ シックス)〉
■東京都中央区銀座6丁目10-1
■ショップ 10:30〜20:30、レストラン 11:00〜23:00
■不定休
https://ginza6.tokyo/

稲垣恵美

可愛らしいキャラクターや奥の深いストーリーは、子どもから大人まで夢中になれる世界観です!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る