2018年の〈アンダーズ 東京〉は甘く美しい、5種類のクリスマスケーキ。
2018.10.12

11月1日(木)より予約スタート! 2018年の〈アンダーズ 東京〉は甘く美しい、5種類のクリスマスケーキ。

2018年〈アンダーズ 東京 ペストリー ショップ〉のクリスマスケーキは5種類。カップルや小さなお子さまがいるご家族向けの12cmのショートケーキ、抹茶のモンブランやブッシュドノエルまで、幅広いバリエーションを発表しました。
須崎千春
須崎千春 / フリーライター

「1992年生まれ 北海道出身。トレンドスポットとグルメ情報が大好きなフリーライター。朝ごはん巡りが趣味です。」

須崎千春さんの記事一覧 →

クリスマスケーキの定番といえば、この2種類!

20181003-031

まず最初にご紹介するのは、クリスマスケーキの定番である「ブッシュドノエル(4,800円)」。ダークチョコレートのムース、ドカルゼのムース、アプリコットコンポート、ビスキーショコラ、ピーカンキャラメリゼの5つが層になり、上質な味わいの一品。サイズは24cm。

切り株の断面をあえて見せないデザインは、さすがシェフオリジナル。非常に独創的です。

20181003-051

続いて、こちらも定番のクリスマスケーキである「苺のショートケーキ」です。2サイズ展開で、12cmが4,000円、15cmが5,200円にて販売されます。カップルや小さなお子さまがいるご家庭に向けては、12cmがぴったりそうですね!

側面下にはフリーズドライの苺がトッピングされており、見慣れているように感じるショートケーキも、目をひく華やかなデザインに仕上がっています。

20181003-071

しっかりと甘さを感じつつも、ふわふわで軽い食感のスポンジ生地と生クリームは相性抜群。そこにフレッシュな苺がたっぷりとサンドされているため、おいしさも倍増します。

オリジナリティ溢れるユニークなクリスマスケーキも!

20181003-01

そして定番の2種類以外のクリスマスケーキにも注目!

「苺のパリブレスト(3,900円)」は、サクサクのシュー生地に、ピスタチオのクリームとたっぷりの苺がサンドされたフランス菓子。乙女心くすぐるかわいらしい見た目と、ピスタチオのクリームと苺の相性の良さがポイントのオリジナルクリスマスケーキです。

ケーキの箱を開け、この「苺のパリブレスト」が出てきたら忘れられないクリスマスになりそう。

20181003-061

こちらはクリスマスツリーに見立てた「抹茶のモンブラン(3,900円)」。クレームブリュレと、きざんだ栗がミックスされた生クリームが抹茶クリームに包まれ、土台にはヘーゼルナッツメレンゲが使用されている逸品です。

きっと、抹茶好き、栗好き、和菓子好きも心打たれること間違いなし!

20181003-021

そして最後にご紹介するのは「アップルツリーパイ(3,600円)」。

パイ生地の中にはクルミ、レーズン、アップルコンポートが入っており、これまで紹介した4種類よりも、少しだけ大人の味。お酒とも相性抜群な、大人のクリスマスケーキに仕上がっています。

2018年〈アンダーズ 東京〉クリスマスケーキの予約は11月1日(木)スタート。定番からちょっと大人なクリスマスケーキまで揃っているので、「今年はどんなクリスマスにしようかな?」と選ぶことも楽しんでみてくださいね!

〈アンダーズ 東京 ペストリー ショップ〉クリスマスケーキ
■東京都港区虎ノ門1-23-4 アンダーズ 東京1階
■平日8:00〜20:00、土日祝日10:00〜20:00
■03-6830-7765
■予約期間:11月1日(木)〜12月19日(水)
■販売期間:12月20日(木)〜12月25日(火)
■詳しくは公式サイトにて!

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る