独自性と懐かしさに包まれた、祇園で食べられる名物メニューを求めて。~カフェノハナシinKYOTO vol.27~
2018.09.28

インスタグラマーきょんさんの京都カフェ案内! 独自性と懐かしさに包まれた、祇園で食べられる名物メニューを求めて。~カフェノハナシinKYOTO vol.27~

いつもどこかのカフェで過ごしているという、インスタグラマーきょんさんが、京都のカフェ&喫茶店をご案内。そこで見つけた「ここにきたらぜひオーダーしたい一皿!」を、ピックアップ。第27回目は舞妓さんや芸子さんに人気の〈切通し進々堂〉を訪れました。

きょん / インスタグラマー&キュレーター

「関西を中心に全国のカフェ情報をインスタグラムにて発信中。 ほぼ毎日どこかのカフェで過ごしてます。」

きょん
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

名物喫茶グルメを求めて。

祇園にある1960年創業の老舗喫茶〈切通し進々堂〉さん。地元の方はもちろんのこと、舞妓さんや芸妓さんからも愛され続ける名喫茶店で、ここで食べられる、いやここだけでしか食べられない喫茶グルメが独特のルックスをしていて、なおかつ大変に美味なのです。

見落としてしまいそうなほど、街に馴染んだ外観。

店内を漂う、昭和なレトロ感。

「上ウィンナートースト」350円

トーストに挟まれたウインナーがひょっこり顔を出した名物メニュー、通称「ういきゅう」。ただでさえ、ウインナーが挟まっていること自体が珍しいのに、さらにキュウリも合わせて!届いた瞬間、ふわりと鼻腔に迫るきゅうりの香りがとても爽やか。弾けるしゃきっとした快音がこれまた心地良くて、ウインナーが醸す懐かしい味わいと絶妙に合います。

「上玉子トースト」350円

お!これはたまごトーストだ!と思いきや、ここにも登場キュウリさん。やはりここでもキュウリの食感がアクセントになるのですが、熱々たまごから溢れ出す風味との温度差が、より立体感のある味わいを生み出しています。ういきゅう然り、一見シンプルな構成なのに、ここだけでしか食べられない唯一無二な存在です。

「コーヒーフロート」650円

ドリンクメニューも計20種以上と豊富。甘みを抑えた大人フレーバーなコーヒーフロートは、お好みでシロップをプラスしてもOK。メニュー表をよく見ると、フロートやジュース類には、さらなる"ジャンボ”サイズがあるとの表記も・・・!

そして、店内手前に配置されたショーケースに並ぶゼリーの数々。「みどり〜の」だったり、「あかい〜の」だったりとネーミングからして気になりざるをえないこちらのゼリー達もまた、名物メニューの一つなのです。昔ながらの空間とここならではなメニューとの調和は、ふとしたとき"また食べに行きたいな"と感じさせてくれる深い魅力に溢れていますよ。

★今回訪れたのはここ!
〈切通し進々堂〉
■京都府京都市東山区祇園町北側254
■10:00~16:00LO、 10:00~18:00(販売)
■月曜休

きょん

次回は10月13日に更新します。お楽しみに!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
ichikami_sidebar
TOPに戻る