コーヒースタンドとしての道を歩む歴史ある町家で一杯を。~カフェノハナシin KYOTO vol.26~
2018.09.09

インスタグラマーきょんさんの京都カフェ案内! コーヒースタンドとしての道を歩む歴史ある町家で一杯を。~カフェノハナシin KYOTO vol.26~

いつもどこかのカフェで過ごしているという、インスタグラマーきょんさんが、京都のカフェ&喫茶店をご案内。そこで見つけた「ここにきたらぜひオーダーしたい一皿!」を、ピックアップ。第26回目は築年数100年を超えた京町家をリノベーションした、〈GOOD TIME COFFEE〉を訪れました。

きょん / インスタグラマー&キュレーター

「関西を中心に全国のカフェ情報をインスタグラムにて発信中。 ほぼ毎日どこかのカフェで過ごしてます。」

きょん

100年の時を経た京町家の今。

築年数100年を超えた京町家をリノベーションし、今はコーヒースタンドとして愛される〈GOOD TIME COFFEE〉さん。大宮通りから西に入った小路にあり、店前に辿り着くまで分からないほど、街の景色にすっと溶け込んだ佇まい。一人穏やかにGOOD TIMEを過ごしたときにもぴったりな隠れ家です。

視覚的に伝わる懐かしい香り。

お庭に腰掛け過ごしてもOK!

「ドリップコーヒー」各400円

暑い日も寒い日も、やっぱり丁寧に入れられたコーヒーを飲みたいところ。ドリップは、ブラジル、東ティモール、エチオピアの3種類の豆から好みで選ぶことができます。ちなみにアイスだと、ホンジュラスで淹れてくださいます。

「フルーツカスタードサンド」750円

一見すると細身なスタイルをしているけど、一度口にすれば、その味わいが一気に解放される絶品おやつサンド。噛めばサクっと音が鳴り、中からカスタードが溢れ出す、香ばしさと甘みを同時に噛み締めることができます。合わせるフルーツは季節によって変化し、訪れた8月後半はキウイがサンドされてました。

「アフォガート」600円

アイスが入ったカップとコーンに分かれたこの光景。斬新なスタイルのスイーツだなと思いきや、なんとこちらセルフ式のアフォガート!コーンの中には熱々のエスプレッソが入っていて、バニラアイスの上にオン!さらにさらに、コーンもそのままカポッとオン!夏季にしか出会えないという、珍しくもあり可愛くもあり、かつ、美味なアフォガートが完成です…!

最初に入り口でお会計を済ませれば、あとは思い思いの時間を過ごすことができる自由さが嬉しいところ。 一歩踏み込んだ先に流れる、新しくも懐かしい空気感がもたらす癒しの時間を、ぜひ淹れたての一杯とともに過ごしてみてくださいね。

★今回訪れたのはここ!
〈GOOD TIME COFFEE〉
■京都府京都市下京区突抜2-357
■10:00~18:00
■水曜休
店舗HP
店舗インスタグラム

きょん

次回は9月22日に更新予定。お楽しみに!

TOPに戻る