〈ソーシャル グッド ロースターズ千代田〉で、コーヒーとスイーツのペアリングを体験!
2018.08.28

障がい者の優れた感性を生かし、焙煎士を育てる。 〈ソーシャル グッド ロースターズ千代田〉で、コーヒーとスイーツのペアリングを体験!

今年7月、東京都千代田区にオープンした〈ソーシャル グッド ロースターズ千代田〉。障がいのある方を対象に、欠点豆の除去技術やコーヒーについての職業訓練を行う福祉作業施設です。今回は特別企画として「コーヒー×スイーツ」の、ペアリング体験に参加してきました!

須崎千春 / フリーライター

「1992年生まれ 北海道出身。トレンドスポットとグルメ情報が大好きなフリーライター。朝ごはん巡りが趣味です。」

須崎千春
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

〈ソーシャル グッド ロースターズ千代田〉とは?

海外ではロースターギルドなど、焙煎士を育成するための専門機関が複数あるなか、日本ではまだまだ育成機関が少ないことが現状です。そこで、焙煎士の専門的な育成機関の先駆けとして、7月2日(月)に〈ソーシャル グッド ロースターズ千代田〉がオープンしました。

店内は、大きな窓からたっぷりと太陽の光が入り、明るい雰囲気。力強さを感じさせるコンクリートと木のぬくもりがマッチした、モダンなデザインとなっています。一般客は、1杯350円からコーヒーを注文することができます。

指導者には、有名店で活躍した実績、国際的に通用するコーヒー豆の評価資格、Qグレーダーをもつ焙煎士とバリスタを招き、世界水準の指導技術を提供。
「ダイバーシティ社会の実現」を目指す背景から、精神障害や発達障害を持つ方の五感や特性を活かした、焙煎技術の開発と人材育成に取り組んでいます。

コーヒーの焙煎は、興味のあることに集中力を発揮し高い感性を持つ障がい者の特性とマッチし、障がいがあっても挑戦できること、高品質のコーヒーを生産することで自立できる給与を得られるように、手に職を持ってもらうことを目指しているのだとか。

また、こうして〈ソーシャル グッド ロースターズ千代田〉で焙煎されたコーヒーの利益は、全て社会に還元される「ウェルフェアトレード」の仕組みを導入しています。
100g1,200円で販売されるごとに、生産者に300円、焙煎所で働く障がい者に600円を還元。支払う対価のすべてが社会に還元され、1杯のコーヒーから気軽に社会貢献できる仕組みを、消費者に提供できるモデルです。

定番と新感覚が楽しめる!コーヒーとスイーツのペアリング。

そして今回、コーヒーの飲み比べと、そのコーヒーに合わせたスイーツのペアリング体験をしてきました。

飲み比べとペアリングをするコーヒーは、ケニア、ブラジル、コロンビアの3種です。この3種のコーヒー豆が目の前で挽かれた後、バリスタに豆の特徴を伺いながら香りを比較。ケニアのコーヒーはフルーティー、ブラジルはスタンダード、コロンビアは深みのある香りに感じました。

「フィルターの中心に、500円玉を描くように」と丁寧にお湯を注ぎ、ドリップしていきます。ここでは、「フィルターの側面にお湯を流してしまうと、お湯がそのまま下に落ちるので美味しいコーヒーにならないんです」と、ちょっとした講座気分も味わうことができました。

プロのバリスタからコーヒーの話を気軽に聞けるお店は少ないので、コーヒー好きにはもちろん、これからコーヒーを学ぼうとしている人も楽しめそうですね!

こうしてドリップ時間が終了しました!ケニアのコーヒーは酸味が強く、苦味が少ないコーヒー。口に入った瞬間は酸味を感じるのですが、すぐに香りが広がり酸味が消え、最後は甘く、段階のある変化を感じました。続いてブラジルは、飲みなじみのある定番の味。コロンビアの豆は深く焙煎しているため、苦味が強く濃い味です。

朝はケニアのコーヒーでさっぱりと、仕事中はコロンビアのコーヒーで気分転換、いつも常備していきたい定番のブラジルのコーヒー。このように、飲むシーンが頭に浮かび上がるような体験になりました!

その後は、それぞれのコーヒーに合うスイーツをペアリング。ケニアのコーヒーはドライフルーツ、ブラジルのコーヒーはフィナンシェ、コロンビアのコーヒーはチョコレートと、それぞれペアリングしました。

特に印象的だったのはケニアのコーヒーとドライフルーツ。フルーツの甘みと酸味のあるケニアのコーヒーがぴったり!大満足に終わった飲み比べとペアリング体験のおかげで、コーヒーのある暮らしがグッと好きになりました。

〈ソーシャル グッド ロースターズ千代田〉では、今後このようなイベントを開催することも視野に入れているのだとか。イベント開催が、今からとても楽しみです!

「ソーシャル グッド ロースターズブレンド」にも注目!

〈ソーシャル グッド ロースターズ千代田〉では、バリスタこだわりのブレンドコーヒー「ソーシャルグッド ロースターズブレンド(1,400円)」も販売中。ご家庭で、アイスコーヒー・ホットコーヒー・カフェオレ、どの飲み方でも美味しく味わえるように、バリスタが何十通りものブレンドを試し完成させたものだそう。

さらには9月より、お店のオープン時間が朝7:30に変更になるので、仕事前にコーヒーを飲める“憩いの場”にも進化を遂げるそう。誰でも気軽に社会貢献でき、本格的なコーヒーが楽しめる〈ソーシャル グッド ロースターズ千代田〉で、こだわりのコーヒーを楽しんでみてくださいね!


〈ソーシャル グッド ロースターズ千代田〉
■東京都千代田区神田錦町1-14-13 LANDPOOL KANDA TERRASE2F
■03-6383-3101
■10:00〜16:00(9月より7:30〜16:00)
■土日祝休

須崎千春

新しいカフェの形態を楽しみました!コーヒーも美味しかったです。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
ichikami_sidebar
TOPに戻る