waphyto
2022.11.14

人気のデリケートゾーンケアに、新商品登場。 〈Waphyto (ワフィト) 〉から、デリケートゾーンをうるおいで満たし、肌トラブルから守る、保湿クリームが誕生。

〈Waphyto(ワフィト)〉は、フランスで体系化されたフィトテラピーと日本で確立した本草学に、愛知県東三河の植物を融合させた、独自の「植物バイオメソドロジー」によって誕生したトータルライフケアブランド。なかでも人気のデリケートゾーンケアアイテムに、「モイスチャライジングクリーム」が、11月11日(金)に登場。こだわりの成分やテクスチャーなどをご紹介していきます!

waphyto

泡タイプのフォーミングウォッシュや、妊娠中の会陰マッサージにも使用できるオイルなど、5種類のデリケートゾーンケアアイテムに、今回加わったのは「インティメイト モイスチャライジングクリーム」(上段、右から3番目)。

愛知県東三河で丁寧に無農薬栽培された植物のエキスを厳選配合。ショーツの摩擦刺激や脱毛など、肌に負荷のかかる環境下でも、やわらかくうるおいある肌へと導きます。

Waphyto/代表 森田敦子さん。
Waphyto/代表 森田敦子さん。

今回特に注目したい成分は、ハーブとして古くから利用されている「アーチチョーク」とフィトテラピーで重宝される「エキナセア」。

「湾岸戦争時に、エキナセアを配合したクリームを兵士たちに持たせたという逸話があります。飲むのはもちろん、塗布することで肌を保湿し、バリア機能をサポートしてくれるんです」(森田敦子さん)

「インティメイト モイスチャライジングクリーム」4,950円。
「インティメイト モイスチャライジングクリーム」4,950円。

少量でも伸びのいいリッチなテクスチャーは、ショーツを履いてもベタつかず、フィットするような設計です。
お風呂上がりなどに、パール粒大ほどを指の腹でやさしくなじませるだけで、しっかりと保湿されている実感が!
敏感な肌にやさしい低刺激処方(*)で、はじめてでも安心して使うことができます。

欧米では、デリケートゾーンケアは当たり前の文化。スキンケアやボディケアと同じように保湿してあげることで、ふっくらとしたデリケートゾーンを目指しましょう。

現代のストレス肌に、アシュワガンダを使用したセラムも。

「レジェナ セラム」8,800円。
「レジェナ セラム」8,800円。

10月に発売したばかりの、「レジェナセラム」もあわせてチェックしたいアイテム。美容液として、いつものケアにプラスしたい一本です。

会場に展示されていた、東三河で育ったアシュワガンダの根。
会場に展示されていた、東三河で育ったアシュワガンダの根。

「レジェナ セラム」には、愛知県東三河産の「アシュワガンダ」を配合。
古くからアーユルヴェーダで重宝されるアシュワガンダは、インドの高麗人参とも呼ばれ、飲用成分として健康のために役立てられてきました。

今回のセラムでは、アシュワガンダに含まれる「ウィザノン」が皮膚に浸透して代謝し、肌本来の力を引き出す役割を担っています。

waphyto

「いまの季節、ブースターとして使用するのがおすすめです。手のひらに出して温めてから肌に塗布すると、グッと浸透。首筋や目尻にはじっくりとハンドプレスしながら重ねづけすると、より効果を感じられます」(森田さん)

waphyto

〈Waphyto〉には、スキンケアやボディケア、ヘアケアにインナーケアまで、頭から爪先まで使用できるケアアイテムが豊富に揃います。
パッケージカラーは、どれも日本の伝統色を使用し、集めて並べておきたくなるような美しさ。今後、ハンドウォッシュなど、ホームアイテムの発売も決まっているそう。

冬は特に乾燥が気になる季節。いつもより一層、丁寧にケアしていきたいですね。

〈Waphyto〉
公式サイト

(*)すべての方に皮膚刺激が起きないというわけではありません。

IMG_4854
山下あい / PR・フリーライター

「インテリア業界でPRを担当したのち、フリーランスへ。ライフスタイルまわりで、コンテンツ制作やライターとして活動。猫と料理が大好き。」

山下あいさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る