FANCL令和本膳 銀座
2022.10.04

栗、南瓜、さつまいも……秋の実りが盛りだくさん! 銀座〈創作料理 FANCL 令和本膳〉の職人が手掛ける“和”のアフタヌーンティーで秋を満喫。

ファンケル 銀座スクエア9階の〈創作料理 FANCL 令和本膳〉では、熟練の和食料理人が手掛ける季節ごとのアフタヌーンティーが毎回好評です。11月16日(水)までは「秋の味覚のアフタヌーンティー」が登場。秋の味覚たっぷりの“和”アフタヌーンティーを詳しくレポートします!

〈創作料理 FANCL 令和本膳〉は銀座でほっと安らぐひとときを提供。

ゆったりと配されたテーブル席は明るい雰囲気。
ゆったりと配されたテーブル席は明るい雰囲気。
料理人の手さばきを間近で見られるカウンター席も。
料理人の手さばきを間近で見られるカウンター席も。
ゆったりと配されたテーブル席は明るい雰囲気。
料理人の手さばきを間近で見られるカウンター席も。

季節のアフタヌーンティーを提供する〈創作料理 FANCL 令和本膳〉は、「美」と「健康」の体験型複合施設、ファンケル 銀座スクエアの9階にあります。

和食料理人が丹精こめて作り上げる、本膳料理を基本に和と洋を織り交ぜた独創的な料理が自慢です。

メニュー表から秋を感じられて素敵!
メニュー表から秋を感じられて素敵!

「季節のアフタヌーンティー」では、小麦粉の代わりに玄米粉を使用したグルテンフリーのスイーツと、季節の食材を使用した職人こだわりのセイボリーを提供。

スイーツもセイボリーも、アフタヌーンティーには珍しい“和”で統一されています。

女性からは黒酢やチーズ、くるみが特に人気だそう。
女性からは黒酢やチーズ、くるみが特に人気だそう。
季節限定の「焼き甘栗の紅茶」は、栗の風味を感じるほっこりとした味わい。
季節限定の「焼き甘栗の紅茶」は、栗の風味を感じるほっこりとした味わい。
女性からは黒酢やチーズ、くるみが特に人気だそう。
季節限定の「焼き甘栗の紅茶」は、栗の風味を感じるほっこりとした味わい。

まずはアフタヌーンティーのメニューのひとつ、「七福稲荷」の種類を選ぶところからスタート。「七福稲荷」は定番7種類(プレーン、山椒、山葵、胡桃、チーズ、黒酢、青汁)と季節限定1種類(柿いなり)から2種類を選べます。

また、日本茶やノンカフェインの紅茶など約20種類のお茶はおかわり自由。自分でいろいろと好きなものを選べるとワクワクも倍増します!

秋が詰まった和スイーツとセイボリーに感動!

途中、グルテンフリーのクルトンを入れることでさらに味わい深くなります。
途中、グルテンフリーのクルトンを入れることでさらに味わい深くなります。

アフタヌーンティーの突き出しは、〈ファンケル〉の商品の中で不動の人気を誇る発芽米「金のいぶき」を使用したスープの「玄米摺り流し」。ポタージュのようにとろみのあるスープは、玄米の香ばしさを優しく感じられました。

彩り豊かなアフタヌーンティーが登場!
彩り豊かなアフタヌーンティーが登場!

そしていよいよアフタヌーンティーが登場!テーブルに運ばれてきた瞬間、思わず拍手してしまいたくなる華やかさです!彩り豊かで目からも秋を感じられますね。

FANCL令和本膳 銀座
FANCL令和本膳 銀座
FANCL令和本膳 銀座
FANCL令和本膳 銀座
FANCL令和本膳 銀座
FANCL令和本膳 銀座
FANCL令和本膳 銀座
FANCL令和本膳 銀座

通常のアフタヌーンティーとは一風変わった、和食料理人が作る和のアフタヌーンティー。気になるものがたくさんあるので、ひとつひとつ紹介します!

まさに秋を存分に感じる「石川小芋絹担ぎ」。
まさに秋を存分に感じる「石川小芋絹担ぎ」。
「ぶどうと木ノ子の白和え」は白和えの中からツヤツヤとしたシャインマスカットが!
「ぶどうと木ノ子の白和え」は白和えの中からツヤツヤとしたシャインマスカットが!
塩気がたまらない「粉吹き銀杏」。
塩気がたまらない「粉吹き銀杏」。
まさに秋を存分に感じる「石川小芋絹担ぎ」。
「ぶどうと木ノ子の白和え」は白和えの中からツヤツヤとしたシャインマスカットが!
塩気がたまらない「粉吹き銀杏」。

セイボリーは、「石川小芋絹担ぎ」「ぶどうと木ノ子の白和え」「粉吹き銀杏」の3種類です。「石川小芋絹担ぎ」は、静岡県産の高級里芋「石川小芋」を秋の料理「絹担ぎ」に仕立てたまさに秋らしい一品。ねばりと上品な甘さを口いっぱいに感じられました。

「ぶどうと木ノ子の白和え」は、なんと白和えの中にシャインマスカットが!意外な組み合わせですが、シャインマスカットのフレッシュな甘さが、キノコの旨みや白和えと絶妙に合っていて驚きました。

「粉吹き銀杏」は、ほどよい塩気とほろ苦さがクセになります。

柿のヘタがついた見た目も愛らしい「市田柿ティラミス」。
柿のヘタがついた見た目も愛らしい「市田柿ティラミス」。
ミニサイズがキュートな「姫りんごコンポート」。
ミニサイズがキュートな「姫りんごコンポート」。
上品な甘さの「甘栗のキャラメリゼ」。
上品な甘さの「甘栗のキャラメリゼ」。
「ひとくち石焼きいも」は一口で“秋”が口の中に広がります。
「ひとくち石焼きいも」は一口で“秋”が口の中に広がります。
柿のヘタがついた見た目も愛らしい「市田柿ティラミス」。
ミニサイズがキュートな「姫りんごコンポート」。
上品な甘さの「甘栗のキャラメリゼ」。
「ひとくち石焼きいも」は一口で“秋”が口の中に広がります。

そしてお待ちかねのスイーツです!「市田柿ティラミス」は、器にした干し柿の中にティラミスを入れた手の込んだ一品。干し柿の素朴な甘さとティラミスの華やかな甘さという、和と洋が融合したスイーツです。かわいらしいサイズの「姫りんご」をまるごとコンポートにした「姫りんごコンポート」は、シャキッとした食感と甘酸っぱさが特徴。

他にも「甘栗のキャラメリゼ」や「ひとくち石焼きいも」など、秋らしさ全開の和スイーツが続きます。

もみじ型のカボチャも風情がある「なめらか南瓜プリン」。
もみじ型のカボチャも風情がある「なめらか南瓜プリン」。
なめらかな生地はカボチャのこっくりとした甘さを感じます。
なめらかな生地はカボチャのこっくりとした甘さを感じます。
美しい紫色の「紫芋モンブラン」。
美しい紫色の「紫芋モンブラン」。
青汁特有の苦みはなく、すんなりと食べられる「青汁と安納芋の羊羹」。
青汁特有の苦みはなく、すんなりと食べられる「青汁と安納芋の羊羹」。
もみじ型のカボチャも風情がある「なめらか南瓜プリン」。
なめらかな生地はカボチャのこっくりとした甘さを感じます。
美しい紫色の「紫芋モンブラン」。
青汁特有の苦みはなく、すんなりと食べられる「青汁と安納芋の羊羹」。

もみじをかたどったカボチャがかわいらしい「なめらか南瓜プリン」は、グルテンフリーとは思えない濃厚な甘さとミルキー感!カボチャのほっこりとした風味も存分に感じられました。

「紫芋モンブラン」は、紫芋の上品な甘さと香ばしいタルト生地の組み合わせが美味。「青汁と安納芋の羊羹」は、ほろ苦さがありながらお茶のように食べやすい青汁の羊羹と、安納芋のもったりとした甘さがベストマッチ。

趣向を凝らした和スイーツの数々は、味でも目でも秋を感じさせてくれました。

写真左が「柿いなり」、右が「くるみ」。味を表現した見た目もかわいい!
写真左が「柿いなり」、右が「くるみ」。味を表現した見た目もかわいい!
「柿いなり」を割ってみると、中から柿がごろり!
「柿いなり」を割ってみると、中から柿がごろり!
写真左が「柿いなり」、右が「くるみ」。味を表現した見た目もかわいい!
「柿いなり」を割ってみると、中から柿がごろり!

口の中が甘さで満たされたら、最初に選んだ「七福稲荷」をパクリ。今回は季節限定の「柿いなり」と女性人気の高い「くるみ」を選んでみました。

甘さ控えめのいなりは、玄米の香ばしさと上品な出汁の風味、そして時々、生姜のアクセントも感じられました。ちなみに「柿いなり」は、いなりの中にごろっとカットされた柿も入っています!自由な発想で創作された料理とスイーツは、どちらも予想外でユニークです。

素朴な味わいで安らぐたい焼きスコーン。
素朴な味わいで安らぐたい焼きスコーン。

そして焼き物は「玄米粉のたい焼きスコーン」。もちろんグルテンフリーです。たい焼きの形をしていますが中にあんこなどは入っていないので、地産地消の「銀座はちみつ」やホイップ、イチジクのソースなどお好みのトッピングで楽しめます。

一品ずつこだわり抜かれたアフタヌーンティーは、雰囲気に合わせて着物を着て食べる人もいるそうですよ。洋風アフタヌーンティーを満喫し尽くした人は、和のアフタヌーンティーもいかがですか?

「和の味覚のアフタヌーンティー」
■03-3289-0722(予約番号)※前日までの予約制
■4,300円
■~11月16日(水)
※10月12日(水)、11月16日(水)は定休
■14:00~17:00(16:30LO)

〈創作料理 FANCL令和本膳〉
■東京都中央区銀座5-8-16 ファンケル銀座スクエア 9F
■03-3289-0722
■11:30~15:00、14:00~17:00、17:00~22:00(土日祝~21:00)
■月1回休
■28席
■禁煙
公式サイト

館内ではサステナブルな取り組みも。

アート作品は撮影もOK!
アート作品は撮影もOK!

〈ファンケル 銀座スクエア〉では、サステナブルな取り組みも積極的に行っています。たとえば11月16日(水)まで開催されている『ノーボーダー・アート・ギャラリー』は、アート活動を行う福祉施設と障がい者アートを扱うデザイン事務所が、同館をギャラリーにして作品を展示。

エントランスやエレベーター、階段など、館内のさまざまな場所にアート作品が散りばめられています。アフタヌーンティーを満喫したら、ぜひ館内もぐるりと歩いてみてくださいね。

〈ファンケル 銀座スクエア〉
■東京都中央区銀座5-8-16
■03-5537-0231(代表)
■11:00~20:00 (フロアにより異なる)
■無休(1月1日のみ休館)
公式サイト

IMG-0430 (1)
稲垣恵美 / フリーライター

「北海道出身。食、お散歩、ゆるいもの、ライブなどが好きです」

稲垣恵美さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る