スコッチウイスキー「アベラワー」プレゼンツ!ウイスキーがもっと好きになる勉強会を開催
2022.06.28 — Page 1/2

おいしくてかわいい、スイーツのペアリングも スコッチウイスキー「アベラワー」プレゼンツ!ウイスキーがもっと好きになる勉強会を開催

ハナコラボ パートナーのためのイベント「ハナコラボミーティング」。今回は、〈ペルノ・リカール・ジャパン〉のスコッチウイスキー「アベラワー」を題材に、ウイスキーについて学ぶ勉強会を開催。お酒好きはもちろん、普段お酒を飲まないという人も興味津々だった当日の模様をお届けします。

シングルモルトスコッチウイスキー「アベラワー」とは?

「アベラワー12年 ダブル・カスク マチュアード」700ml 6,050円(参考小売価格)
「アベラワー12年 ダブル・カスク マチュアード」700ml 6,050円(参考小売価格)

スコットランド スペイサイド地方発祥のアベラワーは、ウイスキーの原酒を貯蔵・熟成させる樽の一種、シェリー樽とバーボン樽を使って熟成する“ダブルカスクマチュレーション”が特徴。それぞれの樽で熟成したウイスキーを組み合わせることで、複雑で豊かな風味を醸し出す完璧なバランスを生み出します。なんと美食の国・フランスではシングルモルトスコッチウイスキーの中で人気NO.1!熟練の職人たちの技術によって製造された、世界中の人に愛されるウイスキーです。

サイモン・ダーヴェニーザさん。
サイモン・ダーヴェニーザさん。

今回、講師を務めるのは〈シーバス・ブラザーズ社〉のスコッチウイスキーブランドアンバサダー、サイモン・ダーヴェニーザさん。オーストラリア出身のサイモンさんは、国内外のバーに勤務し、カクテルコンペの入賞経験もある元バーテンダー。2021年8月よりアンバサダーに就任し、消費者やバーテンダー向けのセミナーやイベントで活躍。シーバス・ブラザーズ社のトレーニングで得た知識と自身の経験を活かし、スコッチウイスキーの伝統や魅力を伝えています。

会場は、アベラワーとゆかりのあるバーで

女性一人でも入りやすい、シックで落ち着く店内。アベラワーをここまで揃えたバーはほかにないとか。
女性一人でも入りやすい、シックで落ち着く店内。アベラワーをここまで揃えたバーはほかにないとか。
森田英介さん。
森田英介さん。
女性一人でも入りやすい、シックで落ち着く店内。アベラワーをここまで揃えたバーはほかにないとか。
森田英介さん。

自由が丘駅近くにある〈Annual Rings(アニュアルリングス)〉は、バーテンダーの森田英介さんがオーナーを務める隠れ家バー。お店では、森田さんが大好きなアベラワーを使った様々なカクテルを楽しむことができます。今回はサイモンさんと一緒に、森田さんにもウイスキーの魅力を教えてもらいます。

〈Annual Rings〉
■東京都目黒区自由が丘1-12-6-2F
■03-6421-3247
■18:00〜翌1:00
■不定休
 ※詳細はインスタグラムよりご確認ください。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る