田村牛のバラ肉はまるでステーキのように肉厚。
2022.06.16

極上黒毛和牛のビーフカレーを召し上がれ! 〈焼肉 たまき家〉と松尾シェフがコラボ!「手造り田村牛カレー」販売スタート。

東京メトロ虎ノ門駅から徒歩3分の場所にある〈焼肉 たまき家〉は、プロの目利きで厳選した“その日一番おいしい”希少な和牛メスウシのみを提供する焼肉レストラン。そんな〈焼肉 たまき家〉が、〈シェ松尾〉の元オーナー 松尾幸造氏とコラボした「焼肉たまき家×松尾幸造 手造り田村牛カレー」を発売。手造りにこだわり、一度に60食しか造れないという、極上の「田村牛カレー」を味わってみました。

日本最高峰の黒毛和牛が味わえる〈焼肉 たまき家〉。

焼肉たまき家×松尾幸造 手造り田村牛カレー

創業60年の精肉卸でもある同店では、兵庫県の田村畜産で但馬牛及び但馬系統牛のメスウシを肥育した、最高品質の黒毛和牛「田村牛」を提供しています。年間約1,000頭しか販売されない黒毛和牛の最高峰「田村牛」は、トランプ大統領が来日した際の食された一級品です。

焼肉たまき家×松尾幸造 手造り田村牛カレー
焼肉たまき家×松尾幸造 手造り田村牛カレー
焼肉たまき家×松尾幸造 手造り田村牛カレー
焼肉たまき家×松尾幸造 手造り田村牛カレー

そんな日本を代表する和牛を使った贅沢な「焼肉たまき家×松尾幸造 手造り田村牛カレー」の試食会が〈焼肉 たまき家〉で行われ、日本の皇族や世界のVIPから愛されたレストランの元オーナー松尾幸造氏も来店。こだわりのカレー造りについてお話を伺います。

精肉のプロと一流の料理人がコラボした極上のカレー造り。

松尾幸造シェフと〈焼肉たまき家〉家長 田巻保彦さん。
松尾幸造シェフと〈焼肉たまき家〉家長 田巻保彦さん。

食べ物は自分の身体に入っていくものなので、いつも健康のことを考えてしまいます。
今回のカレーは、抗酸化力が高いターメリックなど漢方効果があるスパイスやたまねぎ、にんじんなど、11種類もの香味野菜をたっぷり使用。一般的な市販のルウは牛脂やパーム油を使っていますが、同カレーは上質なバターを使い、コクを出しています。完成度の高いカレーに仕上がっていますので、ぜひご自宅でお楽しみくださいと松尾氏。

レトルトの内容量250gに対し、田村牛は180gも入っている。
レトルトの内容量250gに対し、田村牛は180gも入っている。

今回のカレーは「ビーフカレー」ですが、鶏ガラを香ばしく焼いて香味野菜たっぷり合わせ、まろやかで甘みのあるオリジナルブイヨンをベースにしており、風味のアクセントとなる酸味やフルーティーさには、リンゴやパイナップルを使用。さらに香ばしいコクを出すために、カシューナッツのペーストを加え、赤ワインで仕上げました。

田村牛のバラ肉はまるでステーキのように肉厚。
田村牛のバラ肉はまるでステーキのように肉厚。

同店の家長である田巻保彦さんは、「今回のカレーは、レシピを完成させるのに、甘みやスパイスのバランス、レトルト加工時の過熱を考慮し、10回以上の試食を重ねています。また、同プロジェクトのために浜松町に新設した自社工房で4人の職人が、調理からパッケージングまでを約15時間かけて手作業で製造するため、1日60食しか造れません。おいしさと安全性へのこだわりが詰まった逸品です」と話しました。

話を聞くだけでも垂涎ものだった至高のビーフカレーを、いよいよ試食します。

「焼肉たまき家×松尾幸造 手造り田村牛カレー」を試食。

スプーンですくえば肉の大きさがわかる。
スプーンですくえば肉の大きさがわかる。

お肉はスプーンからはみ出るほどの大きさ。割ってみるとスプーンからその柔らかさが伝わってきます。
お肉の塊をこだわりのルウとともにパクリ!すっとほぐれていくような赤身と、ほどよい脂身などが相まって、舌の上でとろけていきます。スパイスは効いていますが、インドカレーよりではなく、欧風カレーのように辛味は控えめ。

未だかつてこんなに大きなお肉が入ったレトルトカレーを見たことがない。
未だかつてこんなに大きなお肉が入ったレトルトカレーを見たことがない。
スプーンでスッと切れるほどの柔らかさ。
スプーンでスッと切れるほどの柔らかさ。
未だかつてこんなに大きなお肉が入ったレトルトカレーを見たことがない。
スプーンでスッと切れるほどの柔らかさ。

あらゆる香味野菜やフルーツが溶け込んだルウは、バターやカシューナッツのまろやかな味わいがあとから追いかけてきます。日本の国民食「カレー」とは一線を画す味わい深さに、食後はしばらく旨みの余韻に浸りました。

焼肉たまき家×松尾幸造 手造り田村牛カレー

化学調味料や保存料も使用されていないという同カレーは、子どもからお年寄りまで安心して楽しめます。
ライスはもちろんですが、シチューのような感覚でバゲットと共に味わえば、ワインのよきお供にもなります。
特別な日のご馳走として、ぜひお試しあれ。

「焼肉たまき家×松尾シェフ 手造り田村牛カレー 」
■東京都千代田区霞ヶ関3-2-6 東京倶楽部ビルディング1F
〈たまき家〉公式サイト
〈たまき家〉オンラインストア

4d8bead4acc812fba136912daa2dc003
葉月 遊 / フリーライター、カメラ、デザイン

「雑誌やWebで執筆。昭和レトロやアンティークなど、ノスタルジックなものが好き。」

葉月 遊さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る