GODIVA ショコリキサー
2022.06.14

上品で爽やかな甘さがやみつき! 〈ゴディバ〉の新作「ショコリキサー」は〈マルコメ〉の“糀甘酒”とコラボ!

ベルギー発の高級チョコレートブランド〈GODIVA(ゴディバ)〉が日本上陸50周年を記念し、日本の食品メーカー〈マルコメ〉と初コラボ。糀(こうじ)甘酒とホワイトチョコレートを組み合わせた「ショコリキサー 糀とホワイトチョコレート」を数量限定で販売中です。甘酒×チョコレートが生み出す味わいとは?

人気ドリンク「ショコリキサー」と日本の“甘酒”が出合う。

GODIVA ショコリキサー

日本上陸50周年を記念し「ゴディバはもっと日本を知りたい」というテーマで、日本各地の銘菓や特産品とのコラボレーションを実現してきた〈ゴディバ〉。

そのラストを飾るコラボとして誕生したのが、6月1日から販売中の「ショコリキサー 糀とホワイトチョコレート」です。〈ゴディバ〉の人気チョコレートドリンク「ショコリキサー」のスペシャルな新フレーバーで、〈マルコメ〉のアルコール分0%の米糀(こうじ)の甘酒に〈ゴディバ〉のホワイトチョコレートを組み合わせました。

なぜ米糀の甘酒なのかというと、1972年に〈ゴディバ〉が日本に初上陸した際、記念として販売されたメモリアルなチョコレート「ニッポン」にライスパフが使用されていたことから。今回の「ショコリキサー」も“お米”をテーマにしたのは、〈ゴディバ〉の原点回帰だったんですね。

〈マルコメ〉定番の「糀甘酒」シリーズ。
〈マルコメ〉定番の「糀甘酒」シリーズ。

今回の新作フレーバーに使われる米糀の甘酒は、〈マルコメ〉の「糀甘酒」の主原料をベースに、より〈ゴディバ〉のホワイトチョコレートに合うよう開発されたもの。

一般的な酒粕から作られる甘酒の、お酒のような風味と強い甘さから「甘酒が苦手」という方も少なくないと思いますが、米糀から作られる甘酒はお酒のような香りやクセがなくすっきりとした口当たりです。

甘酒とチョコレートは一見すると斬新な組み合わせに思えますが、実はチョコレートもカカオを発酵して作られた発酵食品なので、味わいの相性が良いんだそう!

夏に飲みたい、爽やかで優しい甘さ。

暑い季節につい飲みたくなる爽やかな見た目。
暑い季節につい飲みたくなる爽やかな見た目。

「ショコリキサー 糀とホワイトチョコレート」は、チョコレート色をした通常の「ショコリキサー」と対比するような真っ白な見た目。上から下まで真っ白なドリンクは、どの角度から見ても美しい!

ライスパフのサクサク食感が新感覚で面白い!
ライスパフのサクサク食感が新感覚で面白い!
ちなみにライスパフ×ふんわりとしたホイップの組み合わせは、米糀が発酵するときの米に花が咲いたような様子もイメージしているそう。
ちなみにライスパフ×ふんわりとしたホイップの組み合わせは、米糀が発酵するときの米に花が咲いたような様子もイメージしているそう。
ライスパフのサクサク食感が新感覚で面白い!
ちなみにライスパフ×ふんわりとしたホイップの組み合わせは、米糀が発酵するときの米に花が咲いたような様子もイメージしているそう。

ドリンクの上にたっぷりとのせられたホイップクリームには、国産のもち米を使用したライスパフとジンジャーパウダーがトッピングされています。ライスパフはサクサクとしていて、香ばしく優しい甘さはどこか懐かしさも感じられます。

フローズンを飲んでみると、ホワイトチョコレートのミルキー感と糀甘酒のまろやかで優しい甘さが交互に感じられました。ホワイトチョコレートと甘酒はどちらも甘すぎず、絶妙なバランス。甘酒特有の“お酒感”ももちろんありません。隠し味のジンジャーパウダーのピリッとした風味が、異なる2種類の甘さをすっきりとまとめています。

GODIVA ショコリキサー

さらに飲み進めていくと、ドリンクの中には食感を感じるホワイトチョコレートがゴロゴロ。ライスパフとの食感の対比が楽しめるうえ、最後まで〈ゴディバ〉のホワイトチョコレートを存分に味わいつくせる贅沢感がたまりません。優しい甘さなのに、満足感がしっかりとありました!

「ショコリキサー 糀とホワイトチョコレート」は、6~7月の限定販売で、数量限定のため無くなり次第終了。今だけのスペシャルコラボが生み出した、和と洋が織りなす特別な味わいを楽しんでみてくださいね。

「ショコリキサー 糀とホワイトチョコレート」
■2022年6月1日(水)~
※数量・期間限定、無くなり次第終了
■レギュラーサイズ(270ml )690円、ラージサイズ(350ml)790円
※上記は消費税8%の税込価格、イートイン利用時は10%に変更。
販売店舗(全国の「GODIVA ショコリキサー」取り扱いショップ)

稲垣恵美
稲垣恵美 / フリーライター

「北海道出身。食、お散歩、ゆるいもの、ライブなどが好きです」

稲垣恵美さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る