渋谷 渋谷スクランブルスクエア DOWN TO TOWN
2022.05.26

アートチームSIDE COREによるEVERYDAY HOLIDAY SQUADの個展。 〈SHIBUYA SKY〉で開催。アーティスト視点の渋谷を見る『DOWN TO TOWN』。

〈渋谷スクランブルスクエア〉の展望施設〈SHIBUYA SKY(渋⾕スカイ)〉。46階の屋内展望回廊〈SKY GALLRY〉で、匿名アーティストグループ、EVERYDAY HOLIDAY SQUAD(エブリデイ・ホリデイ・スクワッド)の個展『DOWN TO TOWN(ダウン トゥ タウン』がスタートしました。初日の5月20日(金)にキュレーションを担当したアートチームSIDE CORE(サイドコア)によるアーティストツアーに参加しましたので、その様子をレポートします。

地上229メートルから街との循環をつくる〈SHIBUYA SKY〉のエキシビジョンシリーズ。

〈SKY GALLRY〉の入り口。
〈SKY GALLRY〉の入り口。

2019年11月にオープンした〈渋谷スクランブルスクエア〉。その14階・45階・46階・屋上の展望施設〈SHIBUYA SKY〉はアクセスのいい場所から渋谷周辺を見渡すだけでなく、街との循環もテーマになっています。46階部分にある〈SKY GALLRY〉で開催されるエキシビションシリーズは今回が4回目です。

5月20日からスタートした『DOWN TO TOWN』はSIDE CORE(サイドコア)のキュレーションによる、匿名アーティストグループ EVERYDAY HOLIDAY SQUAD(エブリデイ・ホリデイ・スクワッド)の個展です。

SIDE COREは高須咲恵、松下徹、西広太志の3人からなるアートチームです。「都市空間における表現の拡張」をテーマに、路上から美術館までさまざまな場所で作品制作や展覧会を開催してきました。EVERYDAY HOLIDAY SQUADは、SIDE COREとともに活動する匿名アーティストグループで、ストリートカルチャーの視点から都市空間やそこにあるルールに介入していく、遊び心あふれたアート作品を制作しています。

日々変わり続ける渋谷の変化を取り込んで地図に。

ネズミはSIDE COREがよくモチーフに使っています。
ネズミはSIDE COREがよくモチーフに使っています。

『DOWN TO TOWN』は、日常の意識とは異なるスケール感や視点で街を知覚する体験を提供。再開発が進む渋谷において、時間の流れにもフォーカスし、かつて何があって、どんな出来事があったかという時間の変遷を見ようとします。

会場内にはネズミが繰り返し登場します。ネズミは、アーティスト自身のモチーフで、ネズミの表現はフランスでナチスに抵抗したレジスタンスを表すほか、アート界でも用いるアーティストが多数います。〈SHIBUYA SKY〉から見ると人が小さく見えることとも関連しています。

最初の作品について解説する松下徹。左端の「街を美しく!!」の文字に見覚えがありませんか?
最初の作品について解説する松下徹。左端の「街を美しく!!」の文字に見覚えがありませんか?

最初に迎えてくれるのは、渋谷に限らず街でよく見る地図看板に落書きされたような作品です。渋谷全体の地図の上に、コミカルな絵が描かれています。渋谷では看板や建物に落書きされては消され、さらにまた落書きされ、そのうち建物がなくなったりということが再開発で繰り返されていることをイメージした作品です。

向かって右から、宇田川町、渋谷2丁目周辺、道玄坂。
向かって右から、宇田川町、渋谷2丁目周辺、道玄坂。

次は3つの立体的な作品で、棚のように見えますが実はこちらも渋谷の地図。右から宇田川町、中央が渋谷スクランブルスクエアのある渋谷2丁目周辺、左が道玄坂です。棚には周辺で撮られた写真が置かれたり、関連するモチーフが描かれています。棚に街の記憶が置かれているのだとか。

夜の工事現場のような映像には、渋谷がいつも工事中であることも示唆しています。
夜の工事現場のような映像には、渋谷がいつも工事中であることも示唆しています。
黄色いヘルメットに反射板などを身につけたスケーターが画面の中を疾走!
黄色いヘルメットに反射板などを身につけたスケーターが画面の中を疾走!
渋谷 渋谷スクランブルスクエア DOWN TO TOWN
夜の工事現場のような映像には、渋谷がいつも工事中であることも示唆しています。
黄色いヘルメットに反射板などを身につけたスケーターが画面の中を疾走!
渋谷 渋谷スクランブルスクエア DOWN TO TOWN

細長く、変則的に繋げられたモニターに映し出された映像作品には、工事現場と働く人が映っているかに見えます。実はスケートパークとスケーターです。夜になると向かい側にあるガラスに映像が映って、夜景の中で工事のような風景やスケートで疾走する人がいるように見えることも狙ったとのこと。

望遠鏡は桜ヶ丘方面にひとつと、
望遠鏡は桜ヶ丘方面にひとつと、
代々木公園方向にもうひとつあります。
代々木公園方向にもうひとつあります。
望遠鏡は桜ヶ丘方面にひとつと、
代々木公園方向にもうひとつあります。

会場から望遠鏡越しに見る作品がふたつ用意されています。固定された望遠鏡をのぞくと、近隣のビルに設置された作品が見えるというもの。設置場所の施設の特別な協力により実現し、『DOWN TO TOWN』として街を見下ろすことで楽しめる作品です。どんな作品がどのビルに設置されているか。ぜひ会場で確かめてみてくださいね。

アーティストの視点で見た渋谷のガイドマップを持って、地上へ。

大人とほぼ同じ大きさのネズミの人形は、SIDE COREの作品によく登場します。メンバーが来ていた服を身に纏っているそう。
大人とほぼ同じ大きさのネズミの人形は、SIDE COREの作品によく登場します。メンバーが来ていた服を身に纏っているそう。

最後の作品は、渋谷川がテーマのひとつ。渋谷を流れる渋谷川が、キャットストリートの下などを地下で暗渠として流れていることをご存知の方も多いでしょう。EVERYDAY HOLIDAY SQUADが渋谷川の暗渠を探検したときの写真と、大きな地図、そして大きなネズミの人形が並びます。

展示された地図は、配布もされています。
展示された地図は、配布もされています。
ガイドマップを手に、渋谷を歩いてみたくなります。
ガイドマップを手に、渋谷を歩いてみたくなります。
展示された地図は、配布もされています。
ガイドマップを手に、渋谷を歩いてみたくなります。

地図はガイドになっていて、アーティストの視点で、主に渋谷川沿いのスポット43カ所を紹介しています。有名なスクランブル交差点に伝説的なグラフィティ作品があることや、華やかな再開発の陰で無くなったものや残ったものなどが歴史も含めてが紹介されています。

ガイドマップは、1人1枚持ち帰ってOK。高い場所から鳥瞰図的に渋谷の街を眺めたあとで、地図を手に地上の渋谷を歩くことで、街との循環を促しています。

展覧会を見てから〈SKY STAGE〉に上がると、眺めを見る視点が変わりそう。
展覧会を見てから〈SKY STAGE〉に上がると、眺めを見る視点が変わりそう。
暗渠から地上に出た渋谷川も上から見えます。
暗渠から地上に出た渋谷川も上から見えます。
展覧会を見てから〈SKY STAGE〉に上がると、眺めを見る視点が変わりそう。
暗渠から地上に出た渋谷川も上から見えます。

46階の渋谷、地上、そして地下という異なる高さにからの視点と、かつてそこにあったものを可視化するような時間軸が異なる視点が経験できる『DOWN TO TOWN』。

〈SKY GALLRY〉へは〈SHIBUYA SKY〉の当日入場チケット、または年間パスポートが必要です。展示を体験してから、屋上展望空間〈SKY STAGE〉に上がって、街を見下ろすとこれまでとは違った視点で渋谷の街を見られそうです。

SKY GALLERY EXHIBITION SERIES『DOWN TO TOWN』
■東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア 46F SKY GALLERY
■~2022年7月24日(日)
■10:00~22:30(最終入場 21:20)
公式サイト

※入場にはイベント当日のSHIBUYA SKY入場チケット、もしくは年間パスポートが必要です。
※最新の営業時間は公式サイトをご確認ください。

野崎さおり
野崎さおり / フリーライター

「おいしいと楽しいに貪欲なフリーライター。郷土料理や外国の料理へも興味は尽きません。趣味は現代アート鑑賞とパン屋さん巡り。」

野崎さおりさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る