2022-02-17_HN_tanabesansweets-15498
2022.02.26

お店で買うよりおいしい⁈ お取り寄せできる焼きカレーパン。 パンラボ池田浩明さんが導き出したカレーパンの“正解”。

本誌で連載「まだ見ぬパン屋さんへ。」を続ける“ブレッドギーク”の池田浩明さん。パンラヴァーからはもちろん職人たちからも信頼が厚く、これまでもシェフやベーカリーとコラボしたパンを生み出してきたが、今回は究極のカレーパンを誕生させた。タッグを組んだのは新百合ヶ丘の人気ベーカリー〈nichinichi〉。カリカリ、もっちりとした生地にスパイシーなカレーフィリングを詰め込んだパンは冷凍で届けられ、自分で温めていく工程も楽しい。

小麦とスパイスがふわ〜っと香る!できたて・お取り寄せカレーパンの魅力。

2022-02-17_HN_tanabesansweets-15428

池田さんと〈nichinichi〉川島善行さんが何度も何度も試作を重ね、たどり着いたという理想系=「カレーパンの正解」。できたてをそのまま冷凍し、届けられる。

2022-02-17_HN_tanabesansweets-15469

電子レンジとトースターを使って、あつあつ・カリカリに。温めている間にもスパイスの香りがフワッと漂ってきて、いやおうにも期待が高まる。

2022-02-17_HN_tanabesansweets-15491

一番の特徴は、高加水でもちもちとさせたパン生地。国産小麦「春よ恋」の甘みが引き立つ味わいは、揚げずに焼くことでさらにクリアに。余計な油が使われていないから、罪悪感なく食べられるのも嬉しい。トースターから取り出した、焼き立てを頬張って。

もちろんカレーフィリングにもこだわりが。柔らかい牛すじがゴロリと入り、クミンやカルダモンなど12種のスパイスで風味豊かに仕上げている。

2022-02-17_HN_tanabesansweets-15437

こだわりのポイントがギューっと詰まったリーフレットも読み応えあり。焼けるのを待つ間のお供にしよう。

2022-02-17_HN_tanabesansweets-15447
2022-02-17_HN_tanabesansweets-15491
2022-02-17_HN_tanabesansweets-15428
2022-02-17_HN_tanabesansweets-15447
2022-02-17_HN_tanabesansweets-15491
2022-02-17_HN_tanabesansweets-15428

「カレーパンの正解」は4個セット2,000円(送料別)で販売。
購入は「GOOD EAT CLUB」 特設ページへ。

image1

いけだ・ひろあき/パンラボ主宰、ブレッドギーク(おたく)。ベーカリーや麺など国産小麦の美味しさを伝える活動を行う、NPO法人新麦コレクションの理事長。

池田さんが〈nichinichi〉を取材した記事はこちら

photo:Shu Yamamoto

西村 佳芳子
西村 佳芳子 / Hanako編集部

「編集・ライター。どんどん高まるエンゲル係数と睨めっこの日々。」

西村 佳芳子さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る