IMG_2742
2022.01.20

焼肉店で食べられる代替肉「NEXT大判カルビ」ってどんな味? 〈焼肉ライク〉で〈ネクストミーツ〉の焼肉用代替肉を食べてみました!

近年環境への配慮から注目を浴びている、代替肉。大豆ミートを使ったハンバーグや唐揚げなどは知られるようになってきましたが、なんと焼肉用代替肉まで登場しています。今回は焼肉チェーン〈焼肉ライク〉にて、〈ネクストミーツ〉が開発し、これまで提供されてきた代替肉「NEXTカルビ」とバージョンアップし新たに発売された「NEXT大判カルビ」を食べ比べてみました。

日本発のフードテックベンチャー〈ネクストミーツ〉。

このたび1年ぶりにバージョンアップした代替肉「NEXT大判カルビ」。
このたび1年ぶりにバージョンアップした代替肉「NEXT大判カルビ」。

「地球を終わらせない。」を理念に掲げ、代替肉の開発・販売により、気候変動問題の解決に取り組むフードテックベンチャーの〈ネクストミーツ〉。これまで世界初の焼肉用フェイクミート「NEXT焼⾁」シリーズ、100%植物性の⽜丼「NEXT⽜丼」や、鶏肉タイプの代替肉「NEXTチキン」などを販売しています。

「気候変動問題は日本だけでは解決できない」との視点からアメリカ、シンガポール、ベトナム、台湾、香港など10を超える国・地域に進出。2021年3月には、世界のVegTech企業21に日本企業として唯一選出されています。

〈焼肉ライク〉と〈ネクストミーツ〉がコラボ!

一人焼肉が楽しめる店舗として全国にチェーン展開する〈焼肉ライク〉。
一人焼肉が楽しめる店舗として全国にチェーン展開する〈焼肉ライク〉。

〈ネクストミーツ〉の代表商品でもある、世界初の焼肉用代替肉「NEXTカルビ」は、2020年に焼肉チェーンの〈焼肉ライク〉とコラボレーション。前代未聞の取り組みとしてInstagramなどで話題となり、現在全店舗で提供されるようになった人気メニューです。

焼肉ライク 代替肉

そして2022年1月18日より、バージョンアップした「NEXTカルビ」その名も「NEXT大判カルビ」を〈焼肉ライク〉にて提供スタート。

特別に新旧の「NEXTカルビ」を食べ比べ。
特別に新旧の「NEXTカルビ」を食べ比べ。

「NEXT大判カルビ」は、〈ネクストミーツ〉が開発した「NEXTカルビ2.0」に〈焼肉ライク〉特製の植物性タレがついて提供されます。今回は特別に従来の「NEXTカルビ」と、バージョンアップした「NEXT大判カルビ」を食べ比べてみました。

「NEXTカルビ」「NEXT大判カルビ」は火力3、片面30秒ずつ焼くのがおすすめ!

焼肉ライク 代替肉

食べ比べの前に「NEXTカルビ」のおすすめの食べ方を教えていただきました。セルフ焼肉スタイルの〈焼肉ライク〉ではロースターの火加減もお好みで調整できます。「NEXTカルビ」の場合は火力を3にして、片面30秒ずつ焼くと美味しくいただけるとのことです。

まずは従来の「NEXTカルビ」。

従来の「NEXTカルビ」。
従来の「NEXTカルビ」。

まずは従来の「NEXTカルビ」から試食。見た目も肉にそっくりで、軽く焼くだけでおいしく簡単に食べられるようになっています。

焼肉ライク 代替肉

大豆主体ということですが、ロースターで焼いてみると表面に肉汁のようなものが浮き上がっています。香ばしい焦げ目も肉のようです。「NEXTカルビ」と「NEXT大判カルビ」は〈焼肉ライク〉特製の植物性タレで下味がついているので、まずはそのままいただいてみました。

ファーストインパクトは、カルビのようなジューシーな旨味。噛んでいくと湯葉を折り重ねたような味わいも感じます。

320円〜!食感がより肉らしく、サイズも大きくなった「NEXT大判カルビ」。

「NEXT大判カルビ」単品50g(320円)。
「NEXT大判カルビ」単品50g(320円)。

一方の「NEXT大判カルビ」は、色合いも明るく、肉らしい大きいサイズになっています。

焼肉ライク 代替肉

焼いてみると、先ほどよりも表面に浮き出る脂が多いようにも感じました。

焼肉ライク 代替肉

食べてみると、先ほどよりも口の中に広がる牛脂のようなうま味を感じます。「NEXT大判カルビ」は、食感に大きく影響してくるたんぱく質含有量を5%ほど増やしたということで、食感の良さもアップ。〈ネクストミーツ〉の1年にもおよぶ実験の積み重ねから得たデータをもとに、代替肉製造の機械で製造時に設定する熱・水蒸気・圧力という3つの変数すべてを再定義し、リアルな肉の噛みごたえに近づけたのだそう。

焼肉ライク 代替肉

また、たんぱく質含有量の増加などにより結着が良くなり、これまでにない肉らしい大きさになったことで、白米やキムチなどを包んで食べることもできるようになっています。味わいも従来のものよりは大豆臭が少し軽減されたように感じました。

各テーブルには備え付けの調味料がある。
各テーブルには備え付けの調味料がある。

個人的にはしっかり焦げ目がつくように焼いて、テーブルに備え付けてあるコチュジャンやおろしニンニク、生醤油だれをかけてオンザライスすると食べ応えがあると感じました。

ちなみに「NEXT大判カルビ」は、一般的な焼肉(牛カルビ)と比べると脂質が8分の1近くで、タンパク質は2倍以上。お手頃価格ながら栄養価も高く、ダイエットにも打って付けということで、ヴィーガンやベジタリアンの方だけでなく、幅広い人におすすめできる商品だと感じました。

〈ネクストミーツ〉代表の佐々⽊英之さんによると、今後カルビだけでなく、ハラミやタンなど他の焼肉メニューでも代替肉を実現していく予定とのこと。また代替肉だけでなく、前菜からデザートまで幅広い分野で植物性食品の開発を進めていきたいとお話しされていました。

全国の〈焼肉ライク〉で順次提供開始された「NEXT大判カルビ」。お近くのお店で世界初の焼肉用代替肉の実力を体験してみては?

〈焼肉ライク〉
公式サイト

〈ネクストミーツ〉
公式サイト

中森 りほ
中森 りほ / フリーランス

「元グルメメディア編集のフリーライター。カレーや喫茶店、音楽や映画が大好きな下北っ子です」

中森 りほさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る