「Jardin」3,000円。コーヒー・紅茶付
2022.01.14

期間限定で味わえる魅惑の一品。 洋菓子の世界大会で準優勝!〈帝国ホテル東京〉の自信作ケーキ「Jardin(ジャルダン)」とは?

〈帝国ホテル東京〉本館1階「ランデブーラウンジ」で期間限定で楽しめるのは、昨年9月に開かれた洋菓子の世界大会で見事準優勝を果たしたアイスケーキ「Jardin(ジャルダン)」。人生で一度は食べてみたい世界の味を試食レポートします!

準優勝記念のアイスケーキがこちら。

「Jardin」3,000円。コーヒー・紅茶付き。
「Jardin」3,000円。コーヒー・紅茶付き。

フランスで昨年開催された洋菓子の世界大会『クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー2021』では、11カ国のチームがそれぞれ3人1組で参加。「すべてのアートは自然のイミテーション」をテーマに、4種類のジャンルで創作を行い、味・技術・スピード・芸術性を競います。今回味わうことができるのは、日本チームのメンバーの一人、ペストリー課 赤羽目スーシェフが考案した作品を一人用にアレンジしたアイスケーキ。フランス語で「庭」を意味するこのケーキは、自然が作り出す流れを表現したフォルムで、フルーツも存分に味わえる優美な一品です。

ジャルダン 帝国ホテル

飾ってあるのはピスタチオのアイスクリーム、ブルーベリーとフランボワーズのクーリー、ジェノワーズ生地。上部には、キリンの網目のようなデザインが施されています。この繊細さで、時間が経つと溶けてしまうアイスケーキだというから驚きです。

帝国ホテル

さらに驚くのはその断面の美しさ。優しいミルク感とフレッシュないちごのソルベが層になっています。一口食べると、ひんやり滑らかなアイスの層がゆっくり口の中で混ざり合い、いちごミルクになって溶けていきます。飾ったクーリーや底のサブレは食感に心地いいアクセントを加えてくれてこれまた美味!ミルクアイスに香るライムのおかげか、くどさを感じず、最後まで爽やかにいただけました。

普段は滅多に食べることができないプロの技術の結晶を味わえるのは、2月末まで。ぜひご予約の上、〈帝国ホテル東京〉へ足を運んでみてください。

ジャルダン 帝国ホテル

「Jardin」
提供期間:〜2022年2月28日(月)
提供場所:本館1階「ランデブーラウンジ」
料金  :3,000円 ※コーヒーまたは紅茶付き(サービス料別)
問い合わせ先:03-3539-8045
公式サイト

久保田 千晴
久保田 千晴 / ライター、カメラマン

「普段はIT企業の会社員。一日のほとんど、おいしいものと写真のことを考えています。趣味は、都内のホテルワーケーションと、プロジェクターで映画鑑賞。」

久保田 千晴さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る