幻の西洋なし「ル レクチエ」を知る、食べる、好きになる/〈新潟のつかいかた〉×Hanakoスペシャルライブ
【PR】2021.12.17 — Page 1/2

ハナコラボ考案!簡単にできるアレンジレシピは必見です。 幻の西洋なし「ル レクチエ」を知る、食べる、好きになる/〈新潟のつかいかた〉×Hanakoスペシャルライブ

新潟の楽しみ方を伝えるWebサイト〈新潟のつかいかた〉とHanakoがコラボインスタライブを開催!ゲストにハナコラボ パートナーの前田紀至子さんをお迎えし、新潟県の特産品「ル レクチエ」の魅力や食べ方アレンジを紹介。大盛況のうちに終わった当日の模様をお届けします。(PR/新潟のつかいかた)

「ル レクチエ」とは?

幻の西洋なし「ル レクチエ」を知る、食べる、好きになる/〈新潟のつかいかた〉×Hanakoスペシャルライブ

フランス原産の西洋なしで、全国の約8割が新潟県で栽培。甘くとろけるような食感と芳醇な香りが特徴で、西洋なしの最上位品種として位置づけられています。栽培がむずかしく、11月下旬~12月下旬までの約1ヶ月間しか出回らないため、“幻の西洋なし”と呼ばれるほど。今年は11月19日に販売が解禁されました。

配信スタート!まずは、今シーズン解禁されたばかりの「ル レクチエ」をいただきます

前田紀至子さん。
前田紀至子さん。
用意した「ル レクチエ」は、収穫後40日以上の追熟期間を経て、さらに編集部で7〜10日ほど寝かせたもの。
用意した「ル レクチエ」は、収穫後40日以上の追熟期間を経て、さらに編集部で7〜10日ほど寝かせたもの。
夢中で食べ続ける2人。
夢中で食べ続ける2人。
前田紀至子さん。
用意した「ル レクチエ」は、収穫後40日以上の追熟期間を経て、さらに編集部で7〜10日ほど寝かせたもの。
夢中で食べ続ける2人。

ハナコラボ パートナーでライター・前田紀至子さんをゲストに迎え、ハナコラボ ディレクター・土屋志織の進行のもと配信がスタート。はじめに今シーズン解禁したばかりの「ル レクチエ」を実際に食べてみます。「やわらかくて食べやすいけど、肉厚で食べ応えもある。口いっぱいに甘味が広がって最高です」(前田さん)。「普通の洋なしにくらべてとてもやわらかいですよね。独特の歯ごたえもあって◎」(土屋)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る