銀座 あんぽ柿
2021.12.17

銀座の新たな風物詩に、オレンジ色のカーテン。 福島県伊達市の「あんぽ柿」が、銀座の街にやってきた!?

12月某日、東京・銀座〈紙パルプ会館〉にて行われたのは、「あんぽ柿」の吊るし作業。福島県伊達市梁川町五十沢地区が発祥の地とされる「あんぽ柿」を、加工から乾燥・収穫まで銀座で行うというイベントです。コロナ禍の影響で、およそ2年ぶりの開催となったこのイベントは、街ゆく人の視線を浴びながら、盛り上がりを見せていました。

あんぽ柿とは?

銀座 あんぽ柿

この時期になると、スーパーでも見かける「あんぽ柿」の文字。
実際に食べたことのある人も多いとは思いますが、名前の由来ってご存知でしたか?
私は柿の銘柄だと思っていましたが、そうではなかったんです‥!

一般社団法人 伊達市農林業振興公社/三浦敏徳さん。
一般社団法人 伊達市農林業振興公社/三浦敏徳さん。

「皮をむいた柿を、天日に干すから『甘干し柿(あまぼしかき)』と呼んでいたのですが、それが福島弁でなまって『あんぽがき』と呼ばれるようになったんです」(一般社団法人 伊達市農林業振興公社/三浦敏徳さん)

また、渋い柿を干すことで、甘くなることを意味するから「あんぽ柿」となったという説もあるそう。どちらにしても、歴史ある呼び名だったんですね〜

あんぽ柿の復活のために。

平成23年3月11日の東日本大震災、および東京電力第一原子力発電所事故の発生により、「あんぽ柿」の生産者の方々は加工自粛要請を受けました。

それから「あんぽ柿」復活のために、高圧洗浄機による10万本の樹体洗浄や粗皮削りなど、あらゆる取り組みを行ってきたそう。今回は、自然と街の共生などに取り組むNPO法人銀座ミツバチプロジェクトと連携したPR活動。
銀座のネームバリューを使うことで、多くの人に「あんぽ柿」を知って食べて欲しいという狙いです。

銀座 あんぽ柿

午前中には伊達市から持ち込んだ約400個の柿の皮を、一般応募者と伊達市出身在京者の方がむき、薫蒸(くんじょう)。午後には、ビルの外側に吊るす作業が行われました。

銀座 あんぽ柿
銀座 あんぽ柿

熟練の技で、丁寧に吊るしていく生産者の方々。
昔ながらの吊るしかたで、地元の人は「柿ばせ」と呼んでいました。福島では、干し場という、あんぽ柿を吊るすための小屋に、この「柿ばせ」がいくつも連なっているそう!

「こうやって路面に飾ることで、柿を見てふるさとを感じて欲しいね。安らげるでしょ?」と語る生産者のみなさん。
「干してある柿に多くの人が関心を持ち、あんぽ柿を食べてくれたら嬉しい」とにっこり。

銀座 あんぽ柿

いま、糖度が15〜18度ですが、1カ月ほど自然乾燥することで、40度にまで上がるそう。40度って、和菓子並みの甘さなんですよ!
甘くなるにつれて、柿自体の大きさは1/3ほどにまで縮みます。今回の柿は、2022年1月19日まで干し、実際に収穫作業も行う予定。

銀座の街を歩く人たちに、仕上がるまでの過程を見て欲しいとのこと。干すことによって、渋みが抜けて甘みが出る柿。なんともかわいらしい存在だな、と感じました。完成が楽しみですね!

銀座 あんぽ柿

最後は参加者のみなさんで「あんぽがきー!」。

きれいな飴色をした色つや、表面はしっかり乾燥し、中はトロリとした口あたりの良さが「あんぽ柿」の特徴。この特徴を生み出す技は、そもそも伊達市梁川町で生まれたもので、今もなお、伝統の技術として受け継がれています。

2022年、甘くおいしくなったあんぽ柿を、ぜひ食べてみてくださいね!

IMG_4854
山下あい / PR・フリーライター

「インテリア業界でPRを担当したのち、フリーランスへ。ライフスタイルまわりで、コンテンツ制作やライターとして活動。猫と料理が大好き。」

山下あいさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る