福岡〈苺のワルツ〉
2021.11.26

甘酸っぱい苺のスイーツが食べたい! あまおう苺を贅沢に使った〈苺のワルツ〉でスイーツをお取り寄せ。

博多のスイーツ専門店〈風美庵〉が、新たなスイーツブランド〈苺のワルツ〉をオープン。福岡県産のあまおう苺を贅沢に使用した、可愛らしい苺のスイーツをオンラインで購入できます。この季節にピッタリな苺のスイーツをレポート!

ふわっと香る甘酸っぱい苺の香りがたまらない!

福岡〈苺のワルツ〉

福岡の苺ブランド「あまおう」は、「あまい、まるい、おおきい、うまい」の頭文字をとって『あまおう』と名付けられ、今や“苺の王様”と呼ばれるほど。そんな苺をふんだんに使用したスイーツにこだわった〈苺のワルツ〉で販売中のスイーツを紹介します。

ティータイムが華やぐいちごスイーツをおうちで堪能。

福岡〈苺のワルツ〉

「苺のプディングタルト / ホール」(1,728円)は、マスカルポーネチーズをベースとしたプリン風味のタルト。中には苺を始め、ラズベリー、ブルーベリーの果肉が入っています。ふわりと香る苺とバニラの香りに思わずうっとり。温かい紅茶と一緒に午後のティータイムを楽しみたいスイーツです。

「苺のプディングタルト」(350円)は、切り分けがいらないので、手土産にピッタリ。
「苺のプディングタルト」(350円)は、切り分けがいらないので、手土産にピッタリ。
福岡〈苺のワルツ〉

ココナッツ入りのアーモンドクリームと苺を一緒に焼き上げ、あまおう果汁を混ぜたマロンクリームをたっぷりと絞った「苺のモンブラン」(594円)は、苺のフルーティーな甘さとマロンのコクがマッチするスイーツ。なかに忍ばされている苺のジュレが良いアクセントに。

オフィスや学校に持って行って友達とシェアしてもよさそう!
オフィスや学校に持って行って友達とシェアしてもよさそう!
試食してみました!
試食してみました!
プリンの層が厚くて食べごたえアリ。
プリンの層が厚くて食べごたえアリ。
ホールごと買って、自分ご褒美にしてもよさそう。
ホールごと買って、自分ご褒美にしてもよさそう。
どれも苺の風味がとっても豊か!
どれも苺の風味がとっても豊か!
オフィスや学校に持って行って友達とシェアしてもよさそう!
試食してみました!
プリンの層が厚くて食べごたえアリ。
ホールごと買って、自分ご褒美にしてもよさそう。
どれも苺の風味がとっても豊か!

焼き菓子にも苺たっぷり!独り占めしたくなるおいしさ。

福岡〈苺のワルツ〉

あまおう苺の果汁を混ぜた生地をお花の形に焼き上げた「苺のヴィジタンディーヌ」(3P 702円 / 6P 1,404円 / 9P 2,106円)は、苺の豊かな香りとメープルシロップの優しい甘さ、ふんわり柔らかな食感がたまりません。食べ終わったら、ついつい2つ目に手を伸ばしてしまうこと間違いなし!

福岡〈苺のワルツ〉

いちご型のタルトに、あまおう苺チョコ&ホワイトチョコの2層のクリームを入れて焼き上げた「あまおうチョコタルト」(4P 864円 / 8P 1,728円 / 12P 2,592円)は、苺の形のタルトがサクサク!見た目も可愛らしいタルトクッキーは、プレゼントや手土産にもらったら嬉しいかも。

やっぱりかわいい!瓶に苺スイーツを詰め込んだ「ジャーケーキ」3種類。

福岡〈苺のワルツ〉

●「ジャーケーキ(プリン)」
酸味のある苺のジュレと、マスカルポーネ入り生クリームをなめらかなプリンと合わせたジャーケーキは、アクセ ントに濃厚な苺のシロップ漬けをトッピング。

●「ジャーケーキ(ティラミス)」
濃厚なマスカルポーネクリームに果肉入りの苺ジュレとココアクッキーを織り交ぜた、苺のティラミスケーキ。ココアパウダーで仕上げてあり、クリーミーさと甘酸っぱさ、サクサクした食感などが楽しめます。

●「ジャーケーキ(キャラメルマキアート)」
キャラメルクリームとスポンジ、果肉入り苺ジュレが入ったジャーケーキは、コクのあるキャラメルに苺の酸味は相性ぴったり! 気が付くとペロリと食べてしまうほど夢中になって食べてしまいました。

福岡〈苺のワルツ〉

どれもみんな苺がふんだんに使われていてとっても贅沢なスイーツばかり。おうちカフェを楽しむのもいいですが、お世話になった人や親しい人へのプレゼントにも。
ショップは〈立川エキュート店〉と〈ルミネ大宮店〉にあり、店頭でも購入できますが、お取り寄せもできるので、公式サイトをチェックしてみて!

〈苺のワルツ〉
公式サイト

葉月 遊
葉月 遊 / フリーライター、カメラ、デザイン

「雑誌やWebで執筆。昭和レトロやアンティークなど、ノスタルジックなものが好き。」

葉月 遊さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る