日本橋 黒澤文庫
2021.07.29

スタッフさんのユニフォームやお冷の提供方法までユニークで雰囲気も十分! 秋田から東京初出店!文庫カフェ〈黒澤文庫〉が7月27日、日本橋にオープン。

秋田市と仙台市にある文庫カフェが、7月27日東京に初出店しました。カフェの名前は〈黒澤文庫〉。"「本と珈琲とインクの匂い」を感じる文庫カフェ"をテーマにしたレトロで落ち着く空間と、豊富なドリンクとフードメニューを体験してきました。

一歩足を踏み入れると百貨店の中とは思えない独自の世界観がそこに。

日本橋 黒澤文庫

〈黒澤文庫〉は、宮城県仙台市にある〈青山文庫〉と秋田県秋田市の〈赤居文庫〉の3号店です。〈黒澤文庫〉がオープンしたのは、日本橋高島屋S.C.新館の中。お店に足を踏み入れる前からレトロとスタイリッシュが組み合わさった独特の雰囲気にワクワクしてしまいます。

店内奥にある机は、ついさっきまで誰かが文章をしたためていたよう。
店内奥にある机は、ついさっきまで誰かが文章をしたためていたよう。
ガシャンと音を立てて動きそうなタイプライター。
ガシャンと音を立てて動きそうなタイプライター。
宮沢賢治の直筆原稿。
宮沢賢治の直筆原稿。
武者小路実篤の絵。
武者小路実篤の絵。
自由に持ち帰れる文庫用のブックカバーとしおりは、デザインも洒落ています。
自由に持ち帰れる文庫用のブックカバーとしおりは、デザインも洒落ています。
店内奥にある机は、ついさっきまで誰かが文章をしたためていたよう。
ガシャンと音を立てて動きそうなタイプライター。
宮沢賢治の直筆原稿。
武者小路実篤の絵。
自由に持ち帰れる文庫用のブックカバーとしおりは、デザインも洒落ています。

お店に入ってまず目に入るのは、タイプライターや黒電話、地球儀、そして使い込まれた机など懐かしい道具たち。壁には、小説家で画家でもあった武者小路実篤の絵や、東北は岩手県出身の作家、宮沢賢治の直筆原稿が掛かっていて、ゆっくり眺めたくなってしまいました。

文庫カフェだけあって、たくさんの本も並んでいます。お店にいる間は自由に読んでOK。窓際のカウンター席に並ぶ文庫本は、気に入ったら1冊100円で購入することもできます。オリジナルのしおりと文庫用のブックカバーが用意されていて、自由に持ち帰れるのもうれしいサービスです。

氷や水が載ったワゴンカートは、ウイスキーの提供にも活躍。
氷や水が載ったワゴンカートは、ウイスキーの提供にも活躍。

接客も雰囲気たっぷり。席につくと、スタッフさんが水や氷を載せたワゴンカートと一緒にやってきて、お冷を出してくれます。スタッフは皆さん、珈琲農園の作業着をイメージしたつなぎ姿。このつなぎのユニフォームはその日の天気や気温で違う色のものを着ることになっているそうです。

こだわりのコーヒーは〈ミカフェート〉とコラボ。インパクトのあるドリンクメニューも。

朝昼夜の3種類ある「黒澤文庫ブレンド」は660円。大きめのカップにたっぷり入っています。
朝昼夜の3種類ある「黒澤文庫ブレンド」は660円。大きめのカップにたっぷり入っています。

〈黒澤文庫〉のこだわりは、豊富なメニューにも。オーダーが入ってから豆を挽いて、ハンドドリップしてくれるコーヒーは、コーヒーハンター、Jose 川島良彰さんの〈ミカフェート〉とコラボ。「グッドモーニングブレンド」、「アフタヌーンブレンド」、「ナイトブレンド」と時間や食べ物との相性を考えたブレンドが用意されています。たっぷり入ったコーヒーは、冷めてしまったら温めてもらえるそう。寒い地方のお店らしいサービスにほっこり。

ドリンクのメニューもバラエティに飛んでいて、フラッペカプチーノやアイスココア、コーヒーにアルコールを合わせたカクテルなども用意されています。

「クリームソーダ」880円。
「クリームソーダ」880円。

インパクトがあって、写真映えもばっちりなのは、炭酸水が入った背の高いグラスに、たっぷりのソフトクリームとコーンがのった「クリームソーダ」。ソーダの色は、その日の天気や気温によって変わるのでお楽しみに。

フランスの「ガレット」と秋田のかき氷「こおり水」が並ぶフードメニュー。

「ガレット コンプレット」990円。
「ガレット コンプレット」990円。
「ガレット」は客席から見える位置で焼かれます。
「ガレット」は客席から見える位置で焼かれます。
「焼きカレー」935円。
「焼きカレー」935円。
「ガレット コンプレット」990円。
「ガレット」は客席から見える位置で焼かれます。
「焼きカレー」935円。

フードメニューのいち押しは、フランス、ブルターニュ地方の郷土料理「ガレット」です。店内が見渡せる場所で1枚ずつ丁寧に薄く伸ばして焼かれていて、香ばしい香りが店内を漂います。「ガレット」は5種類ありますが、チーズと卵、ハムが入った「コンプレット」が代表メニュー。生地が薄くてもサイズが大きなガレットは、なかなかの食べ応えです。

ほかにもあつあつの「焼きカレー」や「チーズトースト」など、喫茶店らしい食事メニューも用意されています。

「珈琲醤油小豆ロールケーキ」440円。
「珈琲醤油小豆ロールケーキ」440円。

「珈琲醤油小豆ロールケーキ」はふんわりしたロールケーキの生地の中に醤油が混ぜ込まれています。確かに色は醤油を感じさせますが、あまり味は気にならず、むしろ小豆とクリーム、そして外側に巻かれたクレープ生地のおいしさが全体をまとめています。

「あずき白玉こおり」825円。
「あずき白玉こおり」825円。

このほかスイーツは、トッピングが目を引く6種類の「シフォンケーキ」や、秋田では夏の風物詩として知られる「こおり水」が夏の限定メニューとして用意されるなど、バラエティ豊かです。

一歩足を踏み入れると、さまざまなメニューとお店の雰囲気とともに、ほっとする時間を過ごして欲しいというメッセージを感じる〈黒澤文庫〉。お天気や時間によって起きる変化や本のラインナップなど、何度行っても新しい出会いを感じられそうです。

〈黒澤文庫〉
■東京都中央区日本橋2-5-1 日本橋高島屋S.C. 新館 4F
■03-6225-2560
■10:30~20:00(19:30LO)
■休は日本橋高島屋S.C. 休館日に準ずる
公式サイト

野崎さおり
野崎さおり / フリーライター

「おいしいと楽しいに貪欲なフリーライター。郷土料理や外国の料理へも興味は尽きません。趣味は現代アート鑑賞とパン屋さん巡り。」

野崎さおりさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る