IMG_1206 2
2021.06.29

お寿司1貫99円〜、ワインは499円〜! カジュアルに“カウンター寿司デビュー”!〈寿司とワイン サンチャモニカ〉が三軒茶屋にオープン。

カウンターのある寿司店と聞くと、敷居も値段も高いイメージがつきもの。しかし、そんな先入観を覆すカジュアルな寿司酒場〈寿司とワイン サンチャモニカ〉が、6/22に三軒茶屋駅にオープン。試食会をレポートします。

自由な発想のお寿司と、こだわりワインのマリアージュ。

店内2

江戸前寿司の伝統を踏まえながらも自由な発想で創作するお寿司とワインを楽しめる〈寿司とワイン サンチャモニカ〉。

憧れの「カウンター寿司デビュー」もこの店なら気構える必要はなし。とはいえ格安の寿司チェーン店とは一線を画す落ち着いた雰囲気が漂い、デートや女子会にも重宝しそう。

オープンキッチンを囲むカウンター席のほか、テーブル席、ボックス席もあり。おひとり様もウェルカムとのことで、確かにこの肩肘はらないカジュアさは、足を運びやすいです。

お寿司1貫99円から、自慢のコースは3,000円から。

「水ダコとクレソンのバルサミコ和え」(699円)。
「水ダコとクレソンのバルサミコ和え」(699円)。

お寿司は単品でも、コース料理でも注文可能です。

1貫99円〜、ワインは499円〜という安価に驚きます。今回は3,000円、4,000円、5,000円と3種あるコース(ドリンクは別途料金)のなかから、5,000円コース(全17品構成)の7品をいただきました。

「しじみ1番出汁」※単品の販売はなし。
「しじみ1番出汁」※単品の販売はなし。

「しじみ1番出汁」の優しい味わいに胃がほっとしたところで、「水ダコとクレソンのバルサミコ和え」が登場。

バルサミコだけでなく、オリーブオイルと塩コショウ、そしてうま味を出す隠し味のしじみ醤油も入っています。バルサミコの酸っぱさが、クレソンの苦味や水ダコの歯ごたえとマッチ。

看板料理「まぐろ三重奏」×「丹波ワイン樽熟成」。

写真左から「まぐろ三重奏」「余韻で飲めるほっき貝」(単品はともに1貫399円)。
写真左から「まぐろ三重奏」「余韻で飲めるほっき貝」(単品はともに1貫399円)。

店の看板料理は、大トロ、炙り中トロ、漬け赤身の3種のマグロが重なり合う握り寿司「まぐろ三重奏」。マグロ好きの夢を叶えてくれる一貫です。

「丹波ワイン 樽熟成(京都)」グラス1杯799円と一緒に楽しみました。
「丹波ワイン 樽熟成(京都)」グラス1杯799円と一緒に楽しみました。
IMG_1209
「丹波ワイン 樽熟成(京都)」グラス1杯799円と一緒に楽しみました。
IMG_1209

日本固有種のマスカット・ベーリーAを使った軽やかな赤ワインで、スモーキーなうま味が「まぐろ三重奏」を引き立てます。

「余韻で飲めるほっき貝」は、口の中で甘みとうま味がじわりと広がり、舌に残ったあと味だけでお酒がススム一貫。ヒモや貝柱を含めているので、ほっき貝をそのまま1個食べているような感覚に。

ペアリングは「百十郎 純米酒 赤面(岐阜)」(499円)。爽快な辛口がほっき貝のうま味に合います。
ペアリングは「百十郎 純米酒 赤面(岐阜)」(499円)。爽快な辛口がほっき貝のうま味に合います。

希少な「長崎県対馬産の黄金生あなご」× オレンジワイン。

写真左から「長崎県対馬産の黄金生あなご」(単品は1貫249円) 、「うなチー巻き」(単品は499円)。
写真左から「長崎県対馬産の黄金生あなご」(単品は1貫249円) 、「うなチー巻き」(単品は499円)。

「長崎県対馬産の黄金生あなご」は東京でもあまり食べられない、朝シメの新鮮な生あなごの刺身を使用。梅肉とハチミツをのせており、華やかなオレンジワインとペアリングすれば、絶妙なハーモニーを奏でます。

ジョージアのオレンジワイン「ルカツィテリ・クヴェヴリ」(グラス1杯799円)とともに。
ジョージアのオレンジワイン「ルカツィテリ・クヴェヴリ」(グラス1杯799円)とともに。
「うなチー巻き」。
「うなチー巻き」。

「うなチー巻き」は、お酒のつまみにぴったりな巻物。クリーミーなチーズと甘いタレのかかった鰻(うなぎ)がよきコンビネーションでした。

「黒豆マスカルポーネ」× 甘いデザートワイン。

「黒豆マスカルポーネ」(単品は499円)。
「黒豆マスカルポーネ」(単品は499円)。

デザートは系列店〈酒ワイン食堂 今日どう?〉でも人気の「黒豆マスカルポーネ」。ワイン、日本酒とも好相性ですが、今回は同じく甘いデザートワインとペアリング。スウィートな口福にしばし浸りました。

オーナー・綱嶋恭介さん。2019年、経堂に〈酒ワイン食堂 今日どう?〉を開店し、〈寿司とワイン サンチャモニカ〉は2店舗目。ワインソムリエ資格を持ち、こだわりのワインペアリングを提案しています。
オーナー・綱嶋恭介さん。2019年、経堂に〈酒ワイン食堂 今日どう?〉を開店し、〈寿司とワイン サンチャモニカ〉は2店舗目。ワインソムリエ資格を持ち、こだわりのワインペアリングを提案しています。
IMG_1198

堅苦しさとは無縁の寿司店で、お寿司とワインの新しい魅力に出合ってみてはいかが?

〈寿司とワイン サンチャモニカ〉
■東京都世田谷区太子堂4-23-11 GEMS三軒茶屋 B1
■03-6805-2998
■17:00〜23:00、土日15:00〜/[7月1日より]12:00〜15:00、17:00〜23:00
※営業時間は緊急事態宣言等の要請に応じて変更になる可能性があります。
■不定休

城 リユア
城 リユア / ライター&エディター

「旅やライフスタイルを中心に執筆@東京。動画制作やニュースメディアでのノンフィクション取材も。ベトナムでCG&VFX&動画スタジオ〈No.1 Graphics〉を経営中。」

城 リユアさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る