四谷に誕生!欲張りに”あいがけ”を楽しめるカレー専門店〈YELLOW〉 。
2021.03.31

全部で6種類あるカレーはベジタリアン対応も。 四谷に誕生!欲張りに”あいがけ”を楽しめるカレー専門店〈YELLOW〉 。

ベジタリアンフードが身近になってきましたが、まだ食べたことがないという人も多いのでは? ベジタリアンもノンベジタリアンも楽しめるカレー専門店〈YELLOW〉 が、四谷駅からほど近い〈コモレ四谷〉にオープンしました。運営するのはスープの専門店でお馴染みの〈スープストックトーキョー〉です。カレーの味に期待を膨らませてお邪魔してきました。
野崎さおり
野崎さおり / フリーライター

「おいしいと楽しいに貪欲なフリーライター。郷土料理や外国の料理へも興味は尽きません。趣味は現代アート鑑賞とパン屋さん巡り。」

野崎さおりさんの記事一覧 →

1皿で3種類まで。掛け合わせるから、膨らむ味とワクワク。

四谷 YELLOW

〈YELLOW〉があるのは、四谷駅から外堀通りを市ヶ谷方向に歩いてすぐのビル、〈コモレ四谷〉の1階です。ヒンディー文字の看板に興味をそそられます。

四谷 YELLOW

店内はインテリアもほんのりインド風。インドで多くの人が信仰するヒンドゥー教で牛を食べないことは有名ですが、インドに住む人の4割近くがベジタリアンというのは、あまり知られていないかもしれません。〈YELLOW〉は食の制約や嗜好を持つ人たち同士がテーブルを囲む姿にインスパイアされてできたカレー専門店です。

見分けやすいようベジタリアンのメニューは緑色で書かれています。
見分けやすいようベジタリアンのメニューは緑色で書かれています。

〈YELLOW〉のカレーは全部で6種類。ベジタリアンカレーとノンベジタリアンカレーがそれぞれ3種類ずつ用意されています。

カレーは一度に3種類まで"あいがけ"も楽しめるスタイルです。1種類だけを選ぶと「カレーの1乗」。2種類をあいがけにする「カレーの2乗」、さらにもう1種類足して3種類のあいがけにすると「カレーの3乗」と名付けられています。それぞれ特徴あるカレーを一緒に食べる楽しさを「2乗」や「3乗」という言葉で表しているそう。「カレーの3乗」を2回食べれば6種類すべて制覇できるところもチャレンジ精神をくすぐられてしまいます。

「カレーの3乗」(1,210円〜 選ぶカレーによって価格は変わります)にパパド(60円)をトッピング。
「カレーの3乗」(1,210円〜 選ぶカレーによって価格は変わります)にパパド(60円)をトッピング。

今回私は「カレーの3乗」をチョイス。ベジタリアンカレーから「蓮根とアーモンドのパラクマサラ」、「筍と大豆ミートのスパイシーキーマカレー」、ノンベジタリアンカレーから「とうもろこしとモッツアレラの辛くないキーマカレー」を選びました。

トッピングメニューも1つ60円からといううれしい値段設定で用意されています。今回は豆が材料のスナック「パパド」をトッピング。「パパド」は、せんべいと言われることが多いですが、チップスのように薄くてパリパリしているので、カレーと合わせると食感のリズムを楽しめます。

ベジタリアンカレーもふんだんに使ったスパイスと野菜で物足りなさはゼロ。

四谷 YELLOW

写真では左の「蓮根とアーモンドのパラクマサラ」は、香り高いガラムマサラがほうれん草と合わせられていて、ルーは緑色。歯応えを感じるように大きめにカットされたれんこんはほくほくとした食感に。ローストアーモンドの香ばしさも味わえます。野菜不足が気になるときにぴったりのカレーです。

中央の「筍と大豆ミートのスパイシーキーマカレー」は10種類のスパイスを使ったスリランカ風。6種類用意されている中で一番辛いカレーですが、口の中がヒーヒーするような辛さではなく、むしろ酸味の方が心地よく際立っているように感じます。ザクザクした食感の筍とミンチ状の大豆ミートがたっぷりで食べ応えもあり!ベジタリアンカレーは2種類とも、なにかが足りないような印象は全くありませんでした。

右に盛り付けられた「とうもろこしとモッツアレラの辛くないキーマカレー」は、17種類のスパイスが使われていて、辛くないのにカレーらしさはしっかりある不思議な味。玉ねぎ、かぼちゃのほか、りんごやバナナも使われているので、フルーティーな印象もあります。でも甘いわけではないので、カレー好きも納得できて、お子さんも気に入ってくれそうです。

こちらの「カレーの3乗」は「筍と大豆ミートのスパイシーキーマカレー」、「蓮根とアーモンドのパラクマサラ」、「帆立と檸檬のカレー」。
こちらの「カレーの3乗」は「筍と大豆ミートのスパイシーキーマカレー」、「蓮根とアーモンドのパラクマサラ」、「帆立と檸檬のカレー」。

付け合わせには「スパイスポテトサラダ」と「玉葱とオクラのアチャール」が添えられていて、彩りが鮮やか。甘酸っぱいアチャールで口の中がさっぱりします。

日本初上陸のインドのスペシャルティコーヒーがカレーにぴったり。

「水出しコーヒー」390円。
「水出しコーヒー」390円。

〈YELLOW〉は、コーヒーにもこだわりがあります。コーヒー豆は、日本初上陸というインドの〈Blue Tokai Coffee Roasters〉のものを使用。スパイシーなカレーに合わせて独自にブレンドしたという「YELLOWブレンド」の水出しコーヒーをいただきました。すっきりしていて、それでいてまろやかな味わいが印象的です。

「ベリーとスパイスのパンナコッタ」500円。
「ベリーとスパイスのパンナコッタ」500円。

デザートも用意されています。スペシャルスイーツは、爽やかやな香りのスパイス、カルダモンを使った「ベリーとスパイスのパンナコッタ」です。「チャイ」も用意されているので、カフェとして気軽にスパイスを味わうこともできます。

ひとくちにカレーと言っても、インド以外にもスリランカ、タイ、ミャンマーなど、多くの国で食べられていて、それぞれの国に特色があるもの。もともとカレーという食べ物が多様で、懐深い料理なのかもしれません。ベジタリアンもノンベジタリアンも気兼ねなく一緒に食事ができる〈YELLOW〉。カレーがおいしく感じるこれからの季節、一度訪れてみてはいかがでしょうか?

〈YELLOW〉
■東京都新宿区四谷1-6-1 コモレ四谷 1F
■03-5475-8374
■8:00~22:00(21:30LO)、土日祝~21:00(20:30LO)
※4月21日までは短縮営業時間
9:00~21:00(20:30LO)、土日祝~20:00(19:30LO)、酒類の提供時間 11:00~20:00
■無休
公式サイト

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る