午後の紅茶_新宿中村屋-05
2021.02.28

おうち時間をHOTに過ごそう。 〈新宿中村屋〉監修「キリン 午後の紅茶 おいしい無糖」に合う究極のカレーレシピ!

例年以上に寒さが厳しい今年の冬。外出自粛が続く中、おうちで作る料理のレパートリーについて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。今回ご紹介するのは、〈新宿中村屋〉が監修した「キリン 午後の紅茶 おいしい無糖」に合う究極のカレーレシピ!お店で食べるようなスパイス香る本格的なカレーを、おうちで作れるということで、早速作ってみました。

「午後の紅茶 おいしい無糖」と相性抜群!〈新宿中村屋〉監修のスパイス香る本格チキンカリー。

スパイス香る 本格チキンカリー。
スパイス香る 本格チキンカリー。

茶葉本来の爽やかな香りと豊かな旨み、すっきりとした後味が特長の「午後の紅茶 おいしい無糖」。カレーに合わせることで、さらに茶葉本来の豊かな香りを感じられるのだそう。

そんな「午後の紅茶 おいしい無糖」と、昭和2(1927)年に日本で初めて純印度式カリーを発売した〈新宿中村屋〉がコラボレーションして、スパイス香る本格チキンカリーのレシピが誕生しました。材料が多い……と、思われる方もいるかと思いますが、スパイス類以外は、普段使っているものばかり。

スパイス類も一度買えば、その後はいつでも作れるので、この機会に揃えてみませんか。

【材料(4~5人前)】※半量にして約2人前でもOK
・無塩バター 120gと20g
・クミンシード 小さじ1
・にんにく(みじん切り)10g
・生姜(みじん切り)10g
・玉ねぎ(みじん切り)500g
・にんじん(すりおろし)100g
・鶏もも・むね肉(骨付き)750g
・カレー粉 大さじ5
・ヨーグルト 150g
・トマト(さいの目切り)150g
・水 600g
・チキンブイヨンキューブ 2個
・ローリエ 5枚
・ガラムマサラ 小さじ1
・天日塩 適量
・じゃがいも(一口大切り)150g

午後の紅茶_新宿中村屋-09

【作り方】
1. 鍋にバター(120g)を入れて弱火にかける。
2. バターが溶けてきたらクミンシードを入れ、手早く混ぜながら焦げないように炒める。
3. にんにく、しょうがを加え、かき混ぜながら軽く炒める。
4. 香りが出てきたら玉ねぎを加え、強火で炒める。
5. 玉ねぎが透明でしんなりしてきたら中火で20〜30分ほど炒める。
6. 玉ねぎの水分が抜け、バターの中で揚がったような褐色になったら、にんじんを加え、3〜4分炒める。
7. 鶏肉を入れ、玉ねぎとにんじんをからめるようにし、肉の表面が白っぽくなるまで炒める。
8. 鶏肉の上にカレー粉を加え、焦げないように混ぜ合わせる。
9. よく攪拌したヨーグルトを加え、混ぜ合わせ、トマトも加える。
10. 水を3回に分けて入れ、チキンブイヨンキューブも入れて全体を混ぜ合わせる。
11. ローリエを加え強火にして、ひと煮立ちしたら弱火にする。
12. 同時にフライパンにバター(20g)を溶かし、じゃがいもの表面に焼色がつくまで中火で炒める。
13. カレーの鍋に入れ、時々かき混ぜながら30分位煮込む(※混ぜすぎると煮崩れるので注意)。
14. 塩味を整えてからガラムマサラを加え2~3分位煮る。
15. 火を止め、フタをして30分位蒸らせば、完成!

本格チキンカリーを煮込んでいる間に、付け合せも準備。

午後の紅茶_新宿中村屋-01

本格チキンカリーをさらにおいしく楽しむために、簡単な付け合わせも用意しましょう。サラダ感覚でそのまま食べてもおいしいし、中盤で混ぜて味変するのもおすすめです。

刺激的な辛さを楽しめる「にんじんサラダ」。
刺激的な辛さを楽しめる「にんじんサラダ」。

【材料(4〜5人前】
・にんじん(千切り) 2本
・しし唐(千切り) 2本
・サラダ油 大さじ1
・マスタードシード 小さじ4
・粗塩 適量
・レモン汁 適量

【作り方】
1. 鍋にサラダ油、マスタードシードを入れ日にかけ、パチパチ弾けたら火を止めて蓋をする。
2. 千切りしたにんじんとしし唐をボールに入れ、その上に熱したサラダ油をかけ、混ぜ合わせる。
3. 粗塩、レモン汁を振り入れてかき混ぜ、冷蔵庫で冷やせば完成。

「午後の紅茶 ミルクティー」と相性抜群! ミルクティーのコクをより楽しめます。

カレーにいれてもおいしい「カチュンバ」。
カレーにいれてもおいしい「カチュンバ」。

【材料(4〜5人前)】
・トマト 1個
・きゅうり 1本
・赤玉ねぎ 1個
・粗塩 小さじ1
・レモン汁 1/4個
・ブラックペッパー 適量

【作り方】
1. トマト、きゅうり、玉ねぎを1cm角に切ってボウルに入れる。
2. 塩、ブラックペッパー、レモン汁を入れて混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やせば完成。

「午後の紅茶 レモンティー」と合わせると、両方のさわやかさがアップします。

チキンカリーの味を引き立てる「オニオンチャツネ」。
チキンカリーの味を引き立てる「オニオンチャツネ」。

【材料(4〜5人前)】
・玉ねぎ(スライスする。その後水にさらすとマイルドに)2個
・生姜(みじん切り)15g
・粗塩 適量
・カイエンペッパー 小さじ2
・リンゴ酢 大さじ3
・レモン汁 1/2個分

【作り方】
1. スライスした玉ねぎ、みじん切りにした生姜、粗塩を加えてよく混ぜる。
2. カイエンペッパー、リンゴ酢、レモン汁を加えて混ぜ合わせる
3. 冷蔵庫で冷やせば完成。

「午後の紅茶 ミルクティー」との組み合わせで、玉ねぎの酸味が和らぎ、優しい味わいに!

午後の紅茶_新宿中村屋-13

じっくり、ゆっくりと楽しみながら作ったチキンカリー、自分で作ったとは思えないほどの仕上がりに感動しました! カレーを一口食べて、「午後の紅茶 おいしい無糖」をゴクリ。スパイシーなカレーにさわやかな紅茶がベストマッチ。

付け合わせの「にんじんサラダ」、「カチュンバ」、「オニオンチャツネ」も本格的。特に「カチュンバ」はカレーとの相性抜群で、カレーにより瑞々しさが加わります。

次の週末は、「午後の紅茶 おいしい無糖」と一緒に、スパイシーカレーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

「キリン 午後の紅茶」
公式サイト

加藤 あやな
加藤 あやな / フリーライター・エディター

「四六時中、旅とおいしいもので頭がいっぱいのフリーランス。旅先で出会った料理を再現すべく研究しています。ブログ「アヤナビ」ではコスパの良い旅情報も発信。」

加藤 あやなさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る