大手町 フォーシーズンズホテル東京大手町
2021.02.23

ジュエリーブランド〈フレッド〉とのコラボレーションで、ますますキラリ。 〈フォーシーズンズホテル東京大手町〉の「プリティウーマンアフタヌーンティー」で贅沢なひとときを。

1990年に公開したロマンチックコメディ『プリティ・ウーマン』は女優ジュリア・ロバーツの出世作となったシンデレラストーリーです。その『プリティ・ウーマン』からインスパイアされたアフタヌーンティーが〈フォーシーズンズホテル東京大手町〉で3月31日まで提供されています。

『プリティ・ウーマン』の鍵となった〈フレッド〉と〈フォーシーズンズホテル〉がコラボ。

大手町 フォーシーズンズホテル東京大手町

映画『プリティ・ウーマン』に登場する高級ホテルは、〈フォーシーズンズホテル〉のグループ、ビバリーヒルズにある〈ビバリーウィルシャー フォーシーズンズホテル〉です。そして重要な小道具として登場したのがフランスの高級ジュエリーブランド〈フレッド〉のネックレス。ネックレスは主人公ヴィヴィアンの美しさと人柄を印象付けました。今回「プリティウーマンアフタヌーンティー」が誕生したのは、〈フレッド〉が新たに「プリティウーマン」というコレクションを発表したのがきっかけなのだとか。

『プリティ・ウーマン』の世界を感じる味覚と視覚の表現。

大手町 フォーシーズンズホテル東京大手町

まずは、ウェルカムドリンク。日本酒とみかんを使ったドリンクをいただきました。ノンアルコールのドリンクとの2種類から選べます。

大手町 フォーシーズンズホテル東京大手町

テーブルに運ばれてきたのは2段のアフタヌーンティースタンド。下段には5種類のセイボリー、上段には7種類のスイーツが盛り付けられています。加えて3つのスコーン、フレッシュで大粒ないちごも添えられていて、見た目にも満足度100%です。

素材のバランスがパーフェクト。カリフォルニアをイメージしたセイボリー5種類。

大手町 フォーシーズンズホテル東京大手町

まずは下段のセイボリーから。担当する平野覚シェフは、ジュエリーや映画の舞台となったカリフォルニアをイメージしてセイボリーを考えたそう。どれもいくつもの素材が繊細に調和していて、平野シェフの細やかな配慮とセンスを感じます。

「ハニーフォアグラ ミルクジュレとラズベリー」。
「ハニーフォアグラ ミルクジュレとラズベリー」。
「ベジタブルトスターダ ズッキーニ、ドライトマト、オリーブ」。
「ベジタブルトスターダ ズッキーニ、ドライトマト、オリーブ」。
「スモークサーモンサンドイッチ 胡瓜とビーツサワークリーム」。
「スモークサーモンサンドイッチ 胡瓜とビーツサワークリーム」。
「ロブスターエッグサンドイッチ サフランアイオリ」。
「ロブスターエッグサンドイッチ サフランアイオリ」。
「鶏胸肉とベーコン ケール 赤キャベツのサンドイッチ」。
「鶏胸肉とベーコン ケール 赤キャベツのサンドイッチ」。
「ハニーフォアグラ ミルクジュレとラズベリー」。
「ベジタブルトスターダ ズッキーニ、ドライトマト、オリーブ」。
「スモークサーモンサンドイッチ 胡瓜とビーツサワークリーム」。
「ロブスターエッグサンドイッチ サフランアイオリ」。
「鶏胸肉とベーコン ケール 赤キャベツのサンドイッチ」。

中でも「ハニーフォアグラ ミルクジュレとラズベリー」は、ネックレスをイメージしたラズベリーを使ったリングが施されたため息の出る美しさ。フォアグラの濃厚さとラズベリーの酸味を組み合わせるのもさすがです。

「ベジタブルトスターダ ズッキーニ、ドライトマト、オリーブ」はカルフォルニアで人気のあるメキシカン、トスターダのパリパリとした食感と西海岸の太陽を思わせるドライトマトの相性が抜群です。

ベリーで〈フレッド〉の赤を繊細に演出した7種類のスイーツとスコーン。

大手町 フォーシーズンズホテル東京大手町

スイーツを担当する青木シェフは、ベリーを使った赤とメレンゲやシャンティクリームの白を組み合わせて、〈フレッド〉のジュエリーをイメージ。ひとつひとつのスイーツには美味しさと美しさだけでなく、意外性も閉じ込められています。

「ダークチョコレートとキャラメルアップル」。
「ダークチョコレートとキャラメルアップル」。
「レアチーズラズベリームース」。
「レアチーズラズベリームース」。
食べるのがもったいないほど繊細な「赤いベリーとピスタチオのケーキ」。
食べるのがもったいないほど繊細な「赤いベリーとピスタチオのケーキ」。
「苺とホワイトチョコレートのサヴァラン」はフレッシュないちごもたっぷり。
「苺とホワイトチョコレートのサヴァラン」はフレッシュないちごもたっぷり。
ハートのチョコレートの下にゆずのクリームを隠した「苺と柚子のタルトレット」。
ハートのチョコレートの下にゆずのクリームを隠した「苺と柚子のタルトレット」。
「イチジクとホワイトチョコレートのメレンゲ」はメレンゲの中にイチジクが現れます。
「イチジクとホワイトチョコレートのメレンゲ」はメレンゲの中にイチジクが現れます。
パッションフルーツの華やかな酸味が効いている「パッションフルーツとボンボンショコラ」。
パッションフルーツの華やかな酸味が効いている「パッションフルーツとボンボンショコラ」。
「ダークチョコレートとキャラメルアップル」。
「レアチーズラズベリームース」。
食べるのがもったいないほど繊細な「赤いベリーとピスタチオのケーキ」。
「苺とホワイトチョコレートのサヴァラン」はフレッシュないちごもたっぷり。
ハートのチョコレートの下にゆずのクリームを隠した「苺と柚子のタルトレット」。
「イチジクとホワイトチョコレートのメレンゲ」はメレンゲの中にイチジクが現れます。
パッションフルーツの華やかな酸味が効いている「パッションフルーツとボンボンショコラ」。

スイーツを担当する青木シェフは、赤と白の色合いでフレッドのジュエリーをイメージ。ひとつひとつのスイーツに美しさと意外性を閉じ込めています。

赤いカヌレかな?と思って、ナイフを入れると驚くのは「レアチーズラズベリームース」です。クランベリーのチョコレートでコーティングされた中身は柔らかなクリームチーズのムース。ラズベリーのジャムで甘酸っぱさ、ヘーゼルナッツのスポンジで香ばしさも加わっています。

フレッドのカラー、赤を象徴したりんごの形をしているのは「ダークチョコレートとキャラメルアップル」。濃厚なダークチョコレートのムースの中には、小さな角切りのりんごとキャラメルのコンポート入り。シャクシャクとしたリンゴの食感がリズムを生み出します。

レーズン、苺、ピスタチオとクランベリーのスコーン。
レーズン、苺、ピスタチオとクランベリーのスコーン。

アフタヌーンティーに欠かせないスコーンは3種類。さっくりとした食感が、セイボリーとスイーツをたっぷり食べた後にさらに満足感をプラスしてくれます。フレッシュで大粒のいちごも一緒に味わうとますます贅沢な気分に。

大手町 フォーシーズンズホテル東京大手町

ドリンクは好きなものを何杯でも。コーヒー類やモクテル、日本茶や紅茶などバラエティ豊かに用意されています。

大手町 フォーシーズンズホテル東京大手町

「プリティウーマンアフタヌーンティー」が特別感はおいしさと美しさだけではありません。〈フレッドブティック 銀座本店〉で限定ギフトを受け取れるスペシャルなインビテーションカードも添えられています。アフタヌーンティーを堪能した後、そのまま銀座に赴けば、ますますゴージャスな1日になりそうです。

パフェのように楽しめる「ピスタチオのパンナコッタ」。

「ピスタチオのパンナコッタ」1,800円。
「ピスタチオのパンナコッタ」1,800円。

ベリーを使ったデザートは、ホテル内のイタリアンレストラン〈PINGETO(ピニェート)〉でもいただくことができ、「ピスタチオのパンナコッタ」もおすすめです。

イタリア産ピスタチオを使った香りのいいパンナコッタの上にはいちごとブルーベリーのコンポート。さらにいちごとエルダーフラワーのグラニテ、フレッシュのいちご、砂糖で包んだピスタチオと、グラスの中に味わい、食感、そして温度も異なる素材が一体となってまるでパフェのよう。グラニテが徐々に溶けていくとまるでソースのようになって、味わいの奥行きが変わっていくのが楽しめます。

大手町 フォーシーズンズホテル東京大手町
大手町 フォーシーズンズホテル東京大手町
大手町 フォーシーズンズホテル東京大手町
大手町 フォーシーズンズホテル東京大手町

映画『プリティー・ウーマン』では、ジュリア・ロバーツ演じるヴィヴィアンが、それまで触れる機会のなかった文化や芸術、正式な食事を経験することで、レディーに成長していく姿も描かれます。

「プリティウーマンアフタヌーンティー」がいただける「ザ ラウンジ」は、東京を代表するビジネス街、大手町とは思えないほどラグジュアリーな空間です。少しおしゃれをして出かけたくなったら、〈フォーシーズンズホテル東京大手町〉の「プリティウーマンアフタヌーンティー」を行き先に選んでみるのはいかがでしょうか?

〈フォーシーズンズホテル東京大手町「ザ ラウンジ」〉「プリティウーマン アフタヌーンティー」
■東京都千代田区大手町1-2-1
■03-6810-0655 (レストラン予約)
■3月31日(水)まで
■11:00~12:30 / 13:00~15:00 / 15:30~17:30 (飲み物のラストオーダーは終了時間の30分前)
■1名 7,000円 ※税サ別
※11時からの回は、アーリーバードアフタヌーンティーとして90分間の席で通常料金より20%オフ。
公式サイト

野崎さおり
野崎さおり / フリーライター

「おいしいと楽しいに貪欲なフリーライター。郷土料理や外国の料理へも興味は尽きません。趣味は現代アート鑑賞とパン屋さん巡り。」

野崎さおりさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る