〈ジャン=ミッシェル・モルトロー〉
2021.01.22

SDGsに取り組むフランスの100%オーガニック・ショコラブランド。 〈ジャン=ミッシェル・モルトロー〉2021年バレンタインコレクションに注目。

「世界でいちばんやさしいショコラ」と称される、フランス発のオーガニック・ショコラブランド〈JEAN-MICHEL MORTREAU(ジャン=ミッシェル・モルトロー)〉から、新作バレンタイン・コレクションが発売。日本でのブランドデビュー10周年となる2021年は、ショコラを通じてSDGsにも取り組みます。お取り寄せも可能なチョコレート・コレクションを見ていきましょう。

100%オーガニックで作る、こだわりのショコラ。

〈ジャン=ミッシェル・モルトロー〉

フランスのオーガニック農家で育ったジャン=ミッシェル・モルトロー氏。自然に囲まれ育った彼にとって「オーガニック」は当たり前の日常。

「私のショコラの一粒一粒は、自然の恵みそのものであってほしい」と、乳化剤・保存料・合成香料は一切不使用。カカオは提携する6カ国の産地から、世界流通1%ほどの希少なオーガニックカカオを使用しています。

さらに塩やナッツなどのフィリング素材も、フランス政府が認定保証するオーガニック農法で栽培されたものだけを使う徹底ぶりです。

2021年のテーマは「Bonheur et santé!(日々の幸せに乾杯!)」。

〈ジャン=ミッシェル・モルトロー〉

日本での常設店舗はないものの、バレンタイン時期にはさまざまな百貨店や商業施設に並ぶ人気ブランド。2011年の日本初上陸から、今年で10周年を迎えます。

2021年のテーマは「Bonheur et santé!(日々の幸せに乾杯!)」。『今日を生きる幸せを、ともに祝しましょう』との意味が込められた新作コレクションを見ていきましょう。

3カ国のカカオとフィリングのマリアージュ「マリアージュ・デ・クル」。

「マリアージュ・デ・クル(12個入)」3,350円。ほか、4個入り、6個入り、9個入りあり。
「マリアージュ・デ・クル(12個入)」3,350円。ほか、4個入り、6個入り、9個入りあり。

産地の異なるカカオと、さまざまなフィリングとのマリアージュが楽しめるアソートボックス。

使用しているカカオはドミニカ共和国、ペルー、タンザニア。それぞれの個性を引き出しながら、ガナッシュ・キャラメル・プラリネをベースとしたフィリングと組み合わせています。

〈ジャン=ミッシェル・モルトロー〉
〈ジャン=ミッシェル・モルトロー〉
〈ジャン=ミッシェル・モルトロー〉
〈ジャン=ミッシェル・モルトロー〉

こちらはボックス左上の「ガナッシュ・フルール・ド・セル」。ペルー産カカオが使われており、なめらかな口どけです。
ガナッシュにはフランス・ゲランド産の希少な一番塩が使われており、華やかな甘さがくっきりと際立つ味わいになっています。

ほか、ドイツ産のバラを贅沢に使用したハートのローズショコラや、濃厚な旨味のイタリア・シチリア産ナッツのプラリネなども。カカオとの相性が楽しめます。

ペルー産カカオには爽やかなライムやパッションフルーツ、エレガントで芳醇な香りのベルガモット、タンザニア産カカオには好相性のリキュールがマリアージュシリーズ初登場。JMMのマリアージュを堪能できるアソートです。

ドミニカ・エデン農園のカカオにフォーカスした「サヴォア・フェール」。

「サヴォア・フェール(2個+15g入)」925円。
「サヴォア・フェール(2個+15g入)」925円。

ドミニカ共和国のエデン農園で育ったカカオ豆のみを使った「サヴォア・フェール」。
ボンボンショコラとヘーゼルナッツショコラ。そして、エデン農園産カカオ70%のミニタブレット。シェフ自ら農園に足を運び、仕入れたカカオ豆でイチから作っている、"ファーム・トゥ・ショコラ"のアソートです。

s_IMG_2920〈ジャン=ミッシェル・モルトロー〉
s_IMG_2926〈ジャン=ミッシェル・モルトロー〉
s_IMG_2920〈ジャン=ミッシェル・モルトロー〉
s_IMG_2926〈ジャン=ミッシェル・モルトロー〉

セット上部の「ガナッシュ・ドミニカ」は、ほんのり酸味を感じるフルーティーさが魅力的。食べ終わった後も甘やかな余韻が口の中で続きます。

〈ジャン=ミッシェル・モルトロー〉
〈ジャン=ミッシェル・モルトロー〉
〈ジャン=ミッシェル・モルトロー〉
〈ジャン=ミッシェル・モルトロー〉

こちらは中段のヘーゼルナッツショコラ「ノワゼット・バール・エデン」。ロースト加減にもこだわったというナッツがカリッと香ばしく、エデン農園のカカオの甘みと苦みとベストマッチ。いつまでもポリポリと食べ続けたくなってしまいます…!

ファーム・トゥ・バーを堪能できる「サヴォア・フェール・タブレット・70%-エデン農園-」。

「サヴォア・フェール・タブレット・70%-エデン農園-(1枚入)」1,200円。
「サヴォア・フェール・タブレット・70%-エデン農園-(1枚入)」1,200円。

ドミニカ共和国・エデン農園のカカオの味わいを存分に楽しむなら「サヴォア・フェール・タブレット」がおすすめです。
今年のエデン農園のカカオ豆は「今まで以上に素晴らしく、色も豊かで、肉厚、カカオバターも非常に豊富」とのこと。

s_IMG_2916〈ジャン=ミッシェル・モルトロー〉

試食させていただきましたが、力強いカカオの香りと、溶けるうちにふんわり漂ってくるパッションフルーツのような華やかさ。苦みと甘みのバランスも良く、シンプルに楽しめるタブレットです。

SDGs9項目の達成を目標に。

世界6ヵ国から厳選したシングルオリジンカカオのガナッシュ・アソート。「ヴォヤージュ・デュ・カカオ-edition2021-7個、2枚入」 2,750円。
世界6ヵ国から厳選したシングルオリジンカカオのガナッシュ・アソート。「ヴォヤージュ・デュ・カカオ-edition2021-7個、2枚入」 2,750円。

これまで、カカオ農園の植林活動や原産国への支援活動など、農園から関わるショコラづくりに取り組んできた〈ジャン=ミッシェル・モルトロー〉。

今年はパッケージも一新し、環境負荷の軽減を考えた森林認証紙の素材を採用。SDGs9項目の達成にも積極的に取り組んでいます。
ブランドが目指すのは、カカオ豆を育てる人とショコラを楽しむ人をつなぐ、“ファーム・トゥ・ショコラ”。

作り手も食べ手も幸せになれるショコラを、今年は選んでみてはいかがでしょうか。

〈JEAN-MICHEL MORTREAU(ジャン=ミッシェル・モルトロー)〉
公式サイト
公式オンラインショップほか、新宿伊勢丹本店、大丸東京、阪急うめだ本店、ジェイアール名古屋高島屋など全国百貨店21店舗のバレンタイン催事にて販売。
※2021年1月14日(木)より、各百貨店催事会期に準ずる。

田窪 綾
田窪 綾 / ライター

「調理師免許持ちのフリーライター。食分野を中心に、Webや雑誌で執筆中。白いごはんとごはんのおともがあれば幸せ。時々おにぎり屋めぐりも楽しんでいます。」

田窪 綾さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る