日清_中華三昧_贅の極み1
2021.01.16

フカヒレに、極厚叉焼……豪華すぎる食材! もはや、即席ラーメンじゃない。 外出自粛中の贅沢!〈明星食品〉から、中華三昧「贅の極み」が発売。

〈明星食品〉が、創立70周年を記念して「明星70周年記念商品 中華三昧 贅の極み」を発売。魚翅姿煮拉麺(フカヒレスガタニラーメン)と極厚叉焼拉麺(ゴクアツチャーシューラーメン)の2食がセットになった、豪華な組み合わせで、数量限定でオンラインのみで販売します。即席ラーメン業界史上最高価格の5,000 円という、商品。どんな味なのか、早速レポートします。

〈明星食品〉 70 周年記念商品 「中華三昧 贅の極み」。

「明星 70 周年記念商品 中華三昧 贅の極み (魚翅姿煮拉麺・極厚叉焼拉麺)」5,000 円。
「明星 70 周年記念商品 中華三昧 贅の極み (魚翅姿煮拉麺・極厚叉焼拉麺)」5,000 円。
日清_中華三昧_贅の極み11
「明星 70 周年記念商品 中華三昧 贅の極み (魚翅姿煮拉麺・極厚叉焼拉麺)」5,000 円。
日清_中華三昧_贅の極み11

〈明星食品〉は、1950年の創業以来、袋麺の「チャルメラ」「中華三昧」、カップ麺の「一平ちゃん」などのブランドを中心に「もっと安心を」「もっと驚きを」「もっとうれしい願いを」をお客様に提供し続け、2020年3月で創立70年目を迎えました。

今回発売した「明星 70 周年記念商品 中華三昧 贅の極み」は、旅行自粛や外出控えによりご自宅でゆっくりと過ごす方へ、手軽に本格高級中華の味わいを楽しんでいただきたいという思いから、豪華食材つきの「魚翅姿煮拉麺」「極厚叉焼拉麺」を 2食セットで発売しました。

日清_中華三昧_贅の極み8

「魚翅姿煮拉麺」は、レトルトの魚翅姿煮、麺・粉末スープ・液体スープ、チンゲン菜パックが入っています。紹興酒や生姜で味付けされた一枚のフカヒレの姿煮を贅沢に使用しているということで、期待が高まります。

「極厚叉焼拉麺」は、極厚叉焼のレトルト、麺・粉末スープ・液体スープ、チンゲン菜パックに加え、スパイス入り。袋を手にとっただけでも、叉焼の厚みを感じます。

厚み約5cmの叉焼がとろける「極厚叉焼拉麺」。

日清_中華三昧_贅の極み6

約5cmの贅沢な叉焼に、ポークエキスをベースに香味野菜で味を調え、XO醤やオイスターソースでコクを出した本格中華のしょうゆラーメン。これを自宅で食べることができるなんて……! 早速、調理していきます。

日清_中華三昧_贅の極み7

本格的な食材を使っているけど、即席麺なので作り方は簡単。

鍋を2つ用意して、作っていきます。まず、レトルトパウチの封をあけずに熱湯へ。4〜5分間沸騰したお湯で温めます。叉焼を温めている間に、粉末スープと、液体スープを器に入れ、熱湯500mlに麺を入れて3分茹でます。その後、フリーズドライのチンゲン菜を入れてさらに1分茹でればOK。

麺を茹でていたお湯を先に器に入れて、スープを混ぜ、その上に茹でた麺とチンゲン菜を入れて、温めていた叉焼を上に乗せ、お好みでスパイスをかければ完成! 約5分で、本格的な叉焼拉麺のできあがりです。

日清_中華三昧_贅の極み4

レトルトパウチの中には、叉焼・たけのこ・しいたけが入っています。どれも立派な大きさでぷりっぷり、即席麺とは思えない仕上がりです。

日清_中華三昧_贅の極み5

メインの叉焼は、約5cm!お箸で崩れそうなほど、柔らかくジューシーで口の中でとろけます。まさに贅の極みと呼ぶのにふさわしい一品。肉厚のしいたけ、シャキシャキのたけのこも良いアクセントです。

スープにもとろみがあるので、最後まで熱々を食べられるのも嬉しいところ。乾燥麺だけど、お店で食べる生麺のようで驚きました。

一枚のフカヒレを贅沢に使った「魚翅姿煮拉麺」。

日清_中華三昧_贅の極み2

チキン、ホタテやあさりの魚介だしに香味野菜をあわせた、とろっとした濃厚中華スープ。紹興酒や生姜で味付けされたフカヒレが相性抜群な一品。フカヒレの姿煮を贅沢に一枚食べられる、ご馳走ラーメンです。

日清_中華三昧_贅の極み3

こちらも作り方は簡単。

鍋を2つ用意して、作っていきます。まず、レトルトパウチの封をあけずに熱湯へ。3〜4分間沸騰したお湯で温めます。フカヒレを温めている間に、粉末スープと、液体スープを器に入れ、熱湯500mlに麺を入れて3分茹でます。その後、フリーズドライのチンゲン菜を入れてさらに1分茹でる工程は、叉焼麺と同様。

麺を茹でていたお湯を先に器に入れて、スープを混ぜ、その上に茹でた麺とチンゲン菜を入れて、温めていたフカヒレを上に乗せれば完成!

日清_中華三昧_贅の極み1

具材はフカヒレのみというシンプルなラーメン。1cm以上はあろうかという、肉厚のフカヒレの存在感がすごい……!

ぷるぷるのフカヒレからは、噛めば噛むほどに紹興酒や生姜の味が。洗練された味でありながら、濃厚な中華風スープにはチキンと魚介のだしを感じます。叉焼麺に比べて、こちらの方が優しいお味。

どちらも甲乙つけがたいほどおいしかったので、気分に合わせて食べるのがおすすめです。ガツンと食べたいときには「極厚叉焼拉麺」、贅沢気分なときは「魚翅姿煮拉麺」を選んでみて。2食セットなので、ご家族で食べ比べしてみるのも良いかもしれません。

高級レストランの味を自宅で食べられる贅沢感。「明星 70 周年記念商品 中華三昧 贅の極み」は、プレゼントにもおすすめです。

■「明星 70周年記念商品 中華三昧 贅の極み」5,000円
公式サイト
※1月16日よりRakuten24で販売予定

加藤 あやな
加藤 あやな / フリーライター・エディター

「四六時中、旅とおいしいもので頭がいっぱいのフリーランス。旅先で出会った料理を再現すべく研究しています。ブログ「アヤナビ」ではコスパの良い旅情報も発信。」

加藤 あやなさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る