原宿 『愛の不時着』展
2021.01.10

主演俳優2人のリアルカップル化も話題のドラマの世界にどっぷり浸かりたい。 2020年を代表するドラマの展覧会、『愛の不時着』展が原宿でスタート。

2020年に動画配信サービスNetflixで配信され、世界中で一大旋風を巻き起こした韓国ドラマ『愛の不時着』。2021年元日には主人公を演じたヒョンビンとソン・イェジンが実生活でも交際を認めたニュースに心が明るくなった人も多いはず。その『愛の不時着』の世界を450点もの未公開写真や衣装、小道具で感じられる『愛の不時着』展が東京・原宿駅そばの〈jing〉でスタートしましたので、その模様をご紹介します。

本物のパラグライダーとスーツが! 2人が出会うシーンを再現。

原宿 『愛の不時着』展
原宿 『愛の不時着』展
原宿 『愛の不時着』展
原宿 『愛の不時着』展

まずはイントロダクションとして、入り口近くにはドラマの出演者たちが普段の服装で本読みをしている模様の動画や宣伝用ポスターなどが並びます。真剣な表情が新鮮です。

原宿 『愛の不時着』展
原宿 『愛の不時着』展
原宿 『愛の不時着』展
原宿 『愛の不時着』展
原宿 『愛の不時着』展
原宿 『愛の不時着』展

会場は6つの展示室に分かれていて、最初のテーマは『不時着』。ドラマで着用されたパラグライダースーツ、そしてパラグライダーが! 1話でソン・イェジン演じる財閥令嬢で実業家のユン・セリとヒョンビン演じる北朝鮮のエリート将校リ・ジョンヒョクが出会うシーンが再現されています。

ユン・セリがパラグライダーの事故で北朝鮮の非武装地帯に不時着したという設定は、あまりにも有名。2人の緊張感と機転の効いたやりとりも印象に残ったシーンです。

もう見たはずなのに、思わず見入ってしまいそうなダイジェスト映像ばかり。©CultureDepot. ©STUDIO DRAGON CORP.
もう見たはずなのに、思わず見入ってしまいそうなダイジェスト映像ばかり。©CultureDepot. ©STUDIO DRAGON CORP.

次のコーナーは『暮らし』。ドラマのハイライトシーンを動画で見ながら、ユン・セリがリ・ジョンヒョクをはじめ周囲の人たちと関わりながら不慣れな北朝鮮での暮らしを明るくたくましく切り抜けていく姿を振り返っています。

ドラマに深みをもたらした小道具やセットも目の前に。

原宿 『愛の不時着』展

そして一番広い展示室のテーマは『思い出』。2話分のエピソードごとにメイキング映像や、そして実際に使われた小道具が、あれもこれも展示されています。

隊員たちとの交流が何度も描かれた縁側も。
隊員たちとの交流が何度も描かれた縁側も。
食卓には「なにか食べさせて」とねだったユン・セリに、リ・ジョンヒョクが作ったククスが。
食卓には「なにか食べさせて」とねだったユン・セリに、リ・ジョンヒョクが作ったククスが。
ドラマ中盤でユン・セリがビールの空き缶で作った38度線も。
ドラマ中盤でユン・セリがビールの空き缶で作った38度線も。
リ・ジョンヒョクと兄との写真。小道具類の多くは実際に使われたものだそう。
リ・ジョンヒョクと兄との写真。小道具類の多くは実際に使われたものだそう。
隊員たちとの交流が何度も描かれた縁側も。
食卓には「なにか食べさせて」とねだったユン・セリに、リ・ジョンヒョクが作ったククスが。
ドラマ中盤でユン・セリがビールの空き缶で作った38度線も。
リ・ジョンヒョクと兄との写真。小道具類の多くは実際に使われたものだそう。

展示室奥には前半のエピソードの主な舞台となったリ・ジョンヒョクが住む社宅のリビングが再現されています。

一貫してクールな表情だったソ・ダン役ソ・ジヘがク・スンジュン役キム・ジョンヒョンと笑い合う姿も。
一貫してクールな表情だったソ・ダン役ソ・ジヘがク・スンジュン役キム・ジョンヒョンと笑い合う姿も。
第5中隊員たちを象徴する小道具。個性的な脇役陣の存在も『愛の不時着』の魅力。
第5中隊員たちを象徴する小道具。個性的な脇役陣の存在も『愛の不時着』の魅力。
リ・ジョンヒョクの家事能力の高さとやさしさを演出したキッチン用品。
リ・ジョンヒョクの家事能力の高さとやさしさを演出したキッチン用品。
一貫してクールな表情だったソ・ダン役ソ・ジヘがク・スンジュン役キム・ジョンヒョンと笑い合う姿も。
第5中隊員たちを象徴する小道具。個性的な脇役陣の存在も『愛の不時着』の魅力。
リ・ジョンヒョクの家事能力の高さとやさしさを演出したキッチン用品。

メイキング映像もたっぷり見ることができます。重要な役柄を演じたキャストたちが楽しそうにふざけ合ったり、笑ったりする姿に、チームワークのよさが生んだ名演技だったことがわかります。

リ・ジョンヒョクとユン・セリが2人乗りした自転車も展示されています。
リ・ジョンヒョクとユン・セリが2人乗りした自転車も展示されています。
重傷を負ったリ・ジョンヒョクのそばでユン・セリがワッペン刺繍した軍服も。
重傷を負ったリ・ジョンヒョクのそばでユン・セリがワッペン刺繍した軍服も。
仲睦まじい姿に、いろいろ想像してしまって、こちらがニヨニヨ。
仲睦まじい姿に、いろいろ想像してしまって、こちらがニヨニヨ。
リ・ジョンヒョクとユン・セリが2人乗りした自転車も展示されています。
重傷を負ったリ・ジョンヒョクのそばでユン・セリがワッペン刺繍した軍服も。
仲睦まじい姿に、いろいろ想像してしまって、こちらがニヨニヨ。

南北の境界を挟み、運命が交錯する2人に訪れる変化にも改めて注目。

初期のリ・ジョンヒョクの表情は、固かったり、複雑だったり。
初期のリ・ジョンヒョクの表情は、固かったり、複雑だったり。
ユン・セリの孤独が徐々に癒やされていくのが分かります。
ユン・セリの孤独が徐々に癒やされていくのが分かります。
実際にこんなにスタイル抜群の2人が街にいたら、注目の的になるはずです。
実際にこんなにスタイル抜群の2人が街にいたら、注目の的になるはずです。
初期のリ・ジョンヒョクの表情は、固かったり、複雑だったり。
ユン・セリの孤独が徐々に癒やされていくのが分かります。
実際にこんなにスタイル抜群の2人が街にいたら、注目の的になるはずです。

会場2階最初の部屋は『交錯』がテーマ。南北朝鮮という重なり合わない場所に住むユン・セリとリ・ジョンヒョクの運命の交錯を写真で追います。物語が進むごとに2人の表情が豊かになっていくことが改めてわかる写真がたくさん展示されています。そして韓国で一緒にデパートに行った姿も実物大パネルで再現。

原宿 『愛の不時着』展
原宿 『愛の不時着』展
原宿 『愛の不時着』展
原宿 『愛の不時着』展
原宿 『愛の不時着』展
原宿 『愛の不時着』展

2階の中心となる展示は『国境』をテーマにしています。前半の北朝鮮と後半の韓国のシーンから印象的なセリフや衣装がずらり。リ・ジョンヒョクの軍服、北朝鮮の市場で揃えたユン・セリの洋服、入院したリ・ジョンヒョクが着ていたパジャマの忘れられない柄も間近で見られます。

原宿 『愛の不時着』展
原宿 『愛の不時着』展
原宿 『愛の不時着』展
原宿 『愛の不時着』展

それぞれの国での衣・食・住をフューチャーしたパネルも展示されています。おいしそうな料理と食事のシーンがドラマを盛り上げました。

再会のシーンを思い出してジーンとしてしまいます。
再会のシーンを思い出してジーンとしてしまいます。
リ・ジョンヒョクが兄のために作曲したピアノ曲が流れていました。
リ・ジョンヒョクが兄のために作曲したピアノ曲が流れていました。
再会のシーンを思い出してジーンとしてしまいます。
リ・ジョンヒョクが兄のために作曲したピアノ曲が流れていました。

最後の展示室は『再会』。涙なしでは見られなかった南北国境での別れから数年が経ち、2人が再会した場面が再現されています。こちらの展示室には物語の大きな鍵でもあったピアノが! 劇中でリ・ジョンヒョクが弾いた実際のピアノだそうです。

原宿 『愛の不時着』展

会場では笑福亭鶴瓶さんと齋藤飛鳥さん(乃木坂46)による有料の音声ガイドも用意されているので、こちらもぜひお楽しみに。

これからも一緒に。自宅に連れて帰りたくなる『愛の不時着』。

原宿 『愛の不時着』展

展示の最後には再会シーンがフォトスポットとして用意されています。ドラマの結末に感じた安堵と感動、そして希望を思い返し、写真を撮りましょう。もちろん主演俳優2人の幸せな様子も想像しながら!

「クリアファイル」や「マスクケース」、「ゆらゆらアクリススタンド」など名シーンの画像が使われたグッズが用意されています。
「クリアファイル」や「マスクケース」、「ゆらゆらアクリススタンド」など名シーンの画像が使われたグッズが用意されています。

展示で『愛の不時着』の世界を存分に堪能した後はお土産も。物販コーナーには登場人物やロゴが入った様々なグッズも用意されています。クレーンゲームや名前を入れられるシール作成機もありますよ。

激動の2020年を語るとき、欠かすことができないロマンティックコメディ『愛の不時着』。『愛の不時着』展では、ドラマの世界に入り込んだかのようにリアルにドラマの世界を感じることができます。ドラマにハマった人はもちろん、これから見てみようかな? という人にもおすすめです。

『愛の不時着』展
■東京都渋谷区神宮前6-35-6 〈jing〉
■2021年1月8日(金)~2月27日(土)
■入場券 1,800円(税込)・事前予約制
公式サイト

※一般の方は撮影できるポイントが限られます。
※感染症対策を徹底して、入場人数を制限して開催されています。
※チケットは主に土日祝日の時間指定券と平日指定券があります。詳しくは公式サイトをご確認ください。

野崎さおり
野崎さおり / フリーライター

「おいしいと楽しいに貪欲なフリーライター。郷土料理や外国の料理へも興味は尽きません。趣味は現代アート鑑賞とパン屋さん巡り。」

野崎さおりさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る