03
2020.12.26

注文を受けて生産、手作りの味をお届け。 冬の朝食の定番・お餅! 創業225年の老舗〈日本丸店醤油〉から冬季限定の醤餅が登場。

兵庫県たつの市にある〈日本丸天醤油〉が、秘伝の砂糖醤油を練りこんだ冬季限定の味付き生餅「醤餅(ひしおもち)」を、公式オンラインショップ限定で販売。注文が入ってから生産するため、お届けまで約2〜3週間かかりますが、手作りのお餅が自宅に届きます。新年におすすめの、砂糖醤油が程よく効いた香ばしいお餅をレポートします。

醤油蔵の生餅「醤餅」。

醤餅 1箱(20個入) 2,000 円(税込)※送料別。
醤餅 1箱(20個入) 2,000 円(税込)※送料別。

「醤餅(ひしおもち)」は、創業200年以上の歴史を誇る〈日本丸天醤油〉にて、100年以上も続く社内の伝統行事である師走の「餅つき」から誕生しました。

〈日本丸天醤油〉では、師走の1日に蔵人全員が集い、大きな臼で餅つきを行うそうです。その際、お餅を混ぜるときに使う手水の代わりに自社の醤油をベースとした砂糖醤油を使い、練り上げるようにお餅をつきあげたことから、この商品が誕生したんだとか。

醤餅-2

箱を開けてみると、10個ずつに包装されたお餅が入っていました。手にとってみると、やや小ぶりで可愛らしい印象。

通常のお餅のように白くないのは、砂糖醤油が練り込まれているから。醤餅に使用する砂糖醤油は〈日本丸天醤油〉の門外不出の秘伝レシピ。本醸造方式で造られた旨味成分の強い濃口醤油を、加熱しながらゆっくりと砂糖と混ぜ合わせることでまろやかな味わいになるんだそう。

砂糖醤油をお餅に“つける”のではなく、餅つきのように“混ぜ合わせる”ことで生まれる、新感覚の味。一口食べるとクセになって、ついついもう一つ頬張りたくなります。

醤餅-3

早速、醤餅を焼いてみます。

オーブントースターやテフロン加工のフライパン、ホットプレートなどで焦げ目がつくまで焼けばOK。すぐに柔らかくなるので、焼きすぎに注意してください。

醤餅-5

今回は、オーブントースター(230度)で焼いてみました。通常のお餅だと5分〜7分かかるところ、3分くらいでぷくっと膨らみます。芳しい醤油の香りが食欲をそそります。

醤餅-4

食べてみるとその柔らかさと香ばしさにびっくり! 砂糖醤油の優しい味で、何もつけずにそのまま食べられます。

この柔らかさは、注文を受けてから生産するから成せる技なのだそう。まるでつきたてのお餅のように口の中でとろけます。

アレンジレシピでさらに楽しめる。

しらす大根餅。
しらす大根餅。
ミルクしるこ。
ミルクしるこ。
しらす大根餅。
ミルクしるこ。

そのまま食べてもおいしいですが、20個もあるので味変して食べるのもおすすめ! ちょっとしたアレンジで、さらにおいしくいただけます。

「しらす大根餅」
醤餅を焼いて、大根おろしとしらすをかけるだけで完成。そのまま食べるよりも食事感が強くなります。お餅自体に醤油が練り込まれているので、別途醤油はかけなくても大丈夫。

「ミルクしるこ」
耐熱容器に牛乳50ccと砂糖小さじ1を入れ、よく混ぜます。そこにお餅を1個加え電子レンジで1分30秒(500w)。お餅が軽く膨らめば完成です。甘じょっぱい味がおやつにぴったり。小腹が空いたときにおすすめです。

商品到着後は、冷凍庫に入れての保存がおすすめ。焼き時間は少し長くなりますが、長い間おいしい味を楽しめます。〈日本丸天醤油〉が作る、今だけの味。お正月明けの食卓に、簡単に作れておいしいお餅を加えてみませんか。

〈日本丸天醤油〉
■兵庫県たつの市揖保川町半田 672
公式オンラインショップ
※1月中旬以降の出荷分を受付中
※注文後の生産なので、お届けまで約2〜3週間かかります。

加藤 あやな
加藤 あやな / フリーライター・エディター

「四六時中、旅とおいしいもので頭がいっぱいのフリーランス。旅先で出会った料理を再現すべく研究しています。ブログ「アヤナビ」ではコスパの良い旅情報も発信。」

加藤 あやなさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る