島根県松江市でカニ小屋やイルミネーションを満喫旅
2020.12.15

カニの美味しい冬がやってきた! 水の都・島根県松江市で〈カニ小屋〉や〈由志園〉のイルミネーションを満喫する“縁雫”の旅!

水の都と呼ばれる島根県松江市で、冬の風物詩〈カニ小屋〉とイルミネーションアワード2020のベスト4に選ばれた〈由志園〉のイルミネーションを堪能してきました。堀川めぐりや松江城などメジャーな観光スポットのほか、日本三大菓子処の松江で和菓子作りにも挑戦! 冬のシーズンを夜まで満喫できる松江の遊び方をご紹介します。

雨の日も寒い日も楽しめる〈堀川遊覧船〉!

島根県松江市でカニ小屋やイルミネーションを満喫旅1
大手前広場乗船場。 
大手前広場乗船場。 
雨でも、屋根とこたつのおかげで気分良く、出発~。
雨でも、屋根とこたつのおかげで気分良く、出発~。
島根県松江市でカニ小屋やイルミネーションを満喫旅1
大手前広場乗船場。 
雨でも、屋根とこたつのおかげで気分良く、出発~。

まずは、乗り合い小船で松江城の堀を周遊する〈堀川遊覧船〉を体験。朝から雨が降っていて憂うつな気分でしたが、船に屋根とこたつ(※)が完備されているのを知り、一瞬でリセット! こういう心配りって、すごく嬉しいですよね。
松江では雨の日を “こころをリセットし、あなたのもとへ素敵なご縁を運ぶ雨”という意味がある「縁雫(えにしずく)」と呼ぶそうですが、まさに言葉通り!

※こたつは、冬限定です。

武家屋敷前。
武家屋敷前。
松江市の「伝統美観地区」に指定されている塩見縄手。
松江市の「伝統美観地区」に指定されている塩見縄手。
武家屋敷前。
松江市の「伝統美観地区」に指定されている塩見縄手。

最初の見どころは、松江城の北側にある塩見縄手と呼ばれる通りです。塩見縄手には、小泉八雲記念館や武家屋敷が並んでおり、江戸時代の情緒あふれる風景が撮れますよ。

橋の下からギリギリの高さを通って出てくる船を見るのも楽しい!
橋の下からギリギリの高さを通って出てくる船を見るのも楽しい!
通常の屋根の高さはこれくらい。
通常の屋根の高さはこれくらい。
橋をくぐる瞬間は屋根がこれくらい低く。
橋をくぐる瞬間は屋根がこれくらい低く。
橋の下からギリギリの高さを通って出てくる船を見るのも楽しい!
通常の屋根の高さはこれくらい。
橋をくぐる瞬間は屋根がこれくらい低く。

橋の下をくぐるのも〈堀川遊覧船〉の楽しさですが、中には屋根を下げないと通れないほどの低い橋もあります。そんな時は、船頭さんの掛け声で屋根を下げ、乗客が一斉に前屈姿勢に。これが、ちょっとしたアトラクションのようで面白い瞬間。

「カラコロ広場乗船場」の船頭さんたちがお見送り。
「カラコロ広場乗船場」の船頭さんたちがお見送り。
鴨や野鳥のさえずりも。
鴨や野鳥のさえずりも。
松江城もバッチリ!
松江城もバッチリ!
「カラコロ広場乗船場」の船頭さんたちがお見送り。
鴨や野鳥のさえずりも。
松江城もバッチリ!

こたつでぬくぬく温まりながら遊覧できるので、50分でも意外とあっという間! 終盤戦では、堀越しの松江城が撮れるイチ押しの撮影スポットもあるので、お見逃しなく。

〈堀川遊覧船〉
■島根県松江市黒田町507-1
■0852-27-0417
■12月1日~2月末の期間は、始発9:00~最終16:00までの間を30分間隔で運航。
※季節によって異なる。
■遊覧時間は通常コース約50分 
■一日乗船券 大人(中学生以上)1,500円/小人(小学生)800円 ※税込み

松江のシンボル〈松江城〉へ!

島根県松江市でカニ小屋やイルミネーションを満喫旅12
〈松江城〉と城下町を築いた松江開府の祖・堀尾吉晴の像。 
〈松江城〉と城下町を築いた松江開府の祖・堀尾吉晴の像。 
「天下一やさしいお城ガイド」を合言葉に、ガイドを務めてくれる“まつえ時代案内人”。
「天下一やさしいお城ガイド」を合言葉に、ガイドを務めてくれる“まつえ時代案内人”。
島根県松江市でカニ小屋やイルミネーションを満喫旅12
〈松江城〉と城下町を築いた松江開府の祖・堀尾吉晴の像。 
「天下一やさしいお城ガイド」を合言葉に、ガイドを務めてくれる“まつえ時代案内人”。

〈松江城〉は、全国に12城しか残っていない現存天守のひとつで、平面規模では2番目、高さでは3番目の規模を誇る大きい城です。また、2012年5月に再発見された2枚の祈祷札からは、「慶長十六」や「正月吉祥日」などの文字が確認され、築城が慶長16(1611)年であることが確定し、2015年7月に国宝に指定されました。ちなみに国宝に指定されている現存天守は、〈松江城〉をいれて5城のみ!

大手門を抜けた最初の階段。
大手門を抜けた最初の階段。
ハートと亀の形をした石垣、見つけましたか?
ハートと亀の形をした石垣、見つけましたか?
上にある櫓は、中から見ることも。
上にある櫓は、中から見ることも。
刻印の種類が記された説明版。 
刻印の種類が記された説明版。 
分銅紋は、松江城を築いた堀尾氏の紋。
分銅紋は、松江城を築いた堀尾氏の紋。
大手門を抜けた最初の階段。
ハートと亀の形をした石垣、見つけましたか?
上にある櫓は、中から見ることも。
刻印の種類が記された説明版。 
分銅紋は、松江城を築いた堀尾氏の紋。

天守に着くまでも、見どころはあります。大手門を抜け、外曲輪(二之丸下ノ段)の天守に向かって行く階段の途中では、ハートや亀の形をした石垣を見ることができます。また刻印がされた石垣を探してみるのもおすすめ。刻印の理由は諸説あるそうですが、工事の分担や石切り場の区別、合わせ印など土木工事をスムーズに行うために付けられた記号と考えられているんだとか。15種類もの刻印があるそうなので、いくつ見つけられるか挑戦してみてはいかがでしょう?

天守前に到着!
天守前に到着!
発見された祈祷札のレプリカのひとつ。
発見された祈祷札のレプリカのひとつ。
天守の中は、意外と広い!
天守の中は、意外と広い!
宍道湖が一望できる南側。
宍道湖が一望できる南側。
〈堀川めぐり〉で通った北堀橋や川が見える東側。
〈堀川めぐり〉で通った北堀橋や川が見える東側。
天守前に到着!
発見された祈祷札のレプリカのひとつ。
天守の中は、意外と広い!
宍道湖が一望できる南側。
〈堀川めぐり〉で通った北堀橋や川が見える東側。

天守の外観は4重で、内部は地上5階、地下1階の構造となっています。地階では、国宝のきっかけとなった祈祷札のレプリカや、現存天守では唯一、天守内にある井戸をみることも! 各階では甲冑や槍などの展示品や、石垣に近づく敵を鉄砲や石などで攻撃するために設けられた「石落とし」と呼ばれる穴や、鉄砲用の狭間、矢狭間、格子窓など、戦のための仕掛けがたくさん見受けられます。そして、“天狗の間”と呼ばれる天守最上階では、松江の街を360度、一望することができますよ!
武者ガイドさんの催行は毎週土曜日のみですが、事前予約(※1)すると希望日に案内してくれるそうなので、城の楽しみ方を知りたい人は利用してみてはいかがでしょう。

〈松江城〉概要
■島根県松江市殿町1-5
■0852-21-4030(松江城山公園管理事務所)
■8:30~17:00(最終受付 16:30)
※10月1日〜3月31日の期間中
■天守入場料 大人680円/小人(小・中学生)290円 ※税込み

「まつえ時代案内人 最強の城!松江城郭ガイドツアー」
■お一人様1,600円(ガイド料・松江城登閣料含む)
■毎週土曜  (※1)7日前までに事前予約すると、希望日に催行可。
■10:00~/13:30~ 1日2回
■約1時間30分
■集合場所:国宝松江城大手前駐車場「堀尾吉晴公銅像前」
■[出発]堀尾吉晴公銅像前→枡形虎口→二の丸跡→国宝松江城天守→[解散]本丸

〈皆美館〉の名物「鯛めし」で贅沢ランチ。

「鯛めし御膳・福」2,300円。
「鯛めし御膳・福」2,300円。
〈皆美館〉入り口。
〈皆美館〉入り口。
個室から見渡せる美しい庭園。
個室から見渡せる美しい庭園。
具材を乗せたら、秘伝の出汁をかけていただきます。
具材を乗せたら、秘伝の出汁をかけていただきます。
ぽん酢につけて味わう「カレイ煎餅揚げ」。
ぽん酢につけて味わう「カレイ煎餅揚げ」。
「鯛めし御膳・福」2,300円。
〈皆美館〉入り口。
個室から見渡せる美しい庭園。
具材を乗せたら、秘伝の出汁をかけていただきます。
ぽん酢につけて味わう「カレイ煎餅揚げ」。

大橋川のほとりに佇む旅館〈皆美館〉は、明治21年創業の老舗旅館。こちらの1階にあるレストラン〈庭園茶寮 みな美〉では、名物の家伝「鯛めし」をランチにいただくことができます。そぼろにした鯛の身と、ゆでた卵を裏ごしした黄身と白身を一緒にご飯の上にのせ、ワサビ・大根おろし・ねぎ・海苔を添え、その上から秘伝の出汁をかけてお茶漬け風にしていただきます。体にすっと入っていく「鯛めし」の優しいおいしさは、格別! カツオの本節ベースに松江の醤油を使用した甘い出汁は、途中で冷めてしまったら熱々のものに交換してくれるので、ゆっくり味わってくださいね。「鯛めし御膳・福」はその他に、もずく・胡麻豆腐・茶碗蒸し・カレイ煎餅揚げがセットに。カレイ煎餅揚げも、パリパリ具合と塩味のバランスが絶妙! ここなら個室もあるので、のんびりとランチタイムが過ごせます。

〈庭園茶寮 みな美〉
■島根県松江市末次本町14 皆美館1F
■0852-21-5131
■11:30~15:00(14:00LO※土日祝14:30LO)、17:30~21:00(20:00LO)
■不定休
■100席・個室あり

〈カラコロ工房〉で和菓子づくり体験!

島根県松江市でカニ小屋やイルミネーションを満喫旅30
見本の「初氷」と「寒牡丹」。
見本の「初氷」と「寒牡丹」。
テーブルの上には、すでに材料と道具が並べられています。
テーブルの上には、すでに材料と道具が並べられています。
島根県松江市でカニ小屋やイルミネーションを満喫旅30
見本の「初氷」と「寒牡丹」。
テーブルの上には、すでに材料と道具が並べられています。

お腹がいっぱいになったところで、次に向かったのは和菓子づくりが体験できる〈カラコロ工房〉です。教えてくれるのは、明治7年創業の老舗和菓子店〈彩雲堂〉の菓子職人さん。作る和菓子は、きんとんと練りきりの2つ! 

真ん中は〈彩雲堂〉の「若草」。
真ん中は〈彩雲堂〉の「若草」。
職人さんがゆっくり説明しながら実践も。
職人さんがゆっくり説明しながら実践も。
餡を手で伸ばしていく作業。
餡を手で伸ばしていく作業。
寒い時期に咲く「寒牡丹」の練りきりが完成! 
寒い時期に咲く「寒牡丹」の練りきりが完成! 
ざるをひっくり返して、手のひらで漉していくと‥
ざるをひっくり返して、手のひらで漉していくと‥
そぼろ状にした餡が出来上がり。
そぼろ状にした餡が出来上がり。
そぼろ状にした餡を箸で丸めた餡に付けていきます。
そぼろ状にした餡を箸で丸めた餡に付けていきます。
きんとんの「初氷」。
きんとんの「初氷」。
真ん中は〈彩雲堂〉の「若草」。
職人さんがゆっくり説明しながら実践も。
餡を手で伸ばしていく作業。
寒い時期に咲く「寒牡丹」の練りきりが完成! 
ざるをひっくり返して、手のひらで漉していくと‥
そぼろ状にした餡が出来上がり。
そぼろ状にした餡を箸で丸めた餡に付けていきます。
きんとんの「初氷」。

職人さんの説明と手の動きを見様見真似で、一つずつ作っていきます。色の違う餡を練ったり、広げたり、丸めたり、まるで工作のような楽しい時間! 作り始めは、なんとなく不格好に見えて不安ですが、初心者でも上手に作ることができます。茶巾を使って花の形を表現した練りきりの「寒牡丹」と、2色のそぼろ状の餡を周りに付けたきんとんの「初氷」の2種類が完成!
和菓子づくり体験では、〈彩雲堂〉の職人さんが作ったふっくらとした求肥が自慢の「若草」(真ん中)も1つ付いて、持ち帰りできるようになっています。体験時間は40分程度と、時間もかからないので、ぜひトライしてみて下さいね! 多少作るのに自信がなくても、味はバッチリおいしいですよ♪

カラコロ工房の『松江の和菓子づくり体験』
■島根県松江市殿町43 3F
■0852-20-7000(カラコロ工房事務局)
■水休
■11:00~/14:00~1日2回開催、所要時間40分程度。
■1人1,500円(税込)
※季節によって作る和菓子は異なる。

〈由志園〉の130万球が輝くイルミネーション。

庭園入り口は、床がプロジェクションマッピングに。
庭園入り口は、床がプロジェクションマッピングに。
古代深海をイメージした世界。
古代深海をイメージした世界。
島根県松江市でカニ小屋やイルミネーションを満喫旅43
庭園入り口は、床がプロジェクションマッピングに。
古代深海をイメージした世界。
島根県松江市でカニ小屋やイルミネーションを満喫旅43

約1万坪の広大な敷地に設えた池泉回遊式庭園の〈由志園〉では、「祈り」をテーマに和のイルミネーション「黄金の島ジパング2020」を開催中。しかもイルミネーションアワード2020のプロフェッショナルパフォーマンス部門において、全国で4位に選ばれたイルミネーションです! 

「出雲富士」のゾーン。
「出雲富士」のゾーン。
満月から三日月に。
満月から三日月に。
「稲穂イルミの棚田」ゾーン入り口。
「稲穂イルミの棚田」ゾーン入り口。
展望台上から見るイルミネーション。
展望台上から見るイルミネーション。
「和傘の灯り」ゾーンも華やか。
「和傘の灯り」ゾーンも華やか。
「出雲富士」のゾーン。
満月から三日月に。
「稲穂イルミの棚田」ゾーン入り口。
展望台上から見るイルミネーション。
「和傘の灯り」ゾーンも華やか。

1万坪の空間で連動する光のエコシステム、1kmにわたり流れる光の流星、花札、十二単をモチーフにしたデザインなど、全部で15の光の世界が庭園に広がっています。「出雲富士」をテーマにしたゾーンでは、1秒間に1670万色の変化するLEDに加え、鎮守の森とその上から流れ落ちる滝をイメージした圧巻の作品に! 奥には八雲と大山を鑑賞できる展望台も。

島根県松江市でカニ小屋やイルミネーションを満喫旅49
島根県松江市でカニ小屋やイルミネーションを満喫旅50
島根県松江市でカニ小屋やイルミネーションを満喫旅51
島根県松江市でカニ小屋やイルミネーションを満喫旅49
島根県松江市でカニ小屋やイルミネーションを満喫旅50
島根県松江市でカニ小屋やイルミネーションを満喫旅51

「七色の鏡の池」では、水鏡を通して七色の輝く逆さイルミネーションが天地に広がり、とっても幻想的でロマンチック! 松江駅から無料のシャトルバスが出てるので、少し早めに向かってイルミネーションを楽しんでみてはいかがでしょう。

和のイルミネーション「黄金の島ジパング2020」
■島根県松江市八束町波入1260-2 日本庭園 由志園
■0852-76-2255
■2020年12月1日(火)~12月27日(日)クリスマスイルミネーション
■2020年1月2日(土)~1/11(月)ニューイヤーイルミネーション 
■日没~20:30までライトアップ
■夜の入園料(16:30から)大人1,000円/小中高生500円 ※税込み
※12/28~1/1、1/6はイルミネーション休み。12/30,12/31は閉園。
※最終入園は閉園の30分前まで。
※荒天時は一部の展示ができない場合、または中止になる場合あり。
■無料シャトルバスの運行あり
※2020年12月~2021年1月11日の土日祝とクリスマス(12月24日・25日)のみ
※JR松江駅南口発 由志園行き 16:00→16:30/17:20→17:50/18:40→19:10
※由志園発 JR松江駅南口行き 18:00→18:30/19:20→19:50/20:40→21:10
公式サイト

最後は、旬のカニをお手頃価格で味わえる〈かに小屋〉!

〈かに小屋〉は松江でここだけ! 
〈かに小屋〉は松江でここだけ! 
ボイルされた「松葉ガニ」と「紅ズワイガニ」、価格は時価!
ボイルされた「松葉ガニ」と「紅ズワイガニ」、価格は時価!
生の「松葉ガニ」もありますよ! 
生の「松葉ガニ」もありますよ! 
中には陸前高田産の大きなホタテも♪(※こちらも価格は時価)
中には陸前高田産の大きなホタテも♪(※こちらも価格は時価)
ノドグロの干物も!
ノドグロの干物も!
かにと相性の良い日本酒は、種類も豊富!
かにと相性の良い日本酒は、種類も豊富!
事前に食べたいものをセルフで選び、先にお会計を済ませます。
事前に食べたいものをセルフで選び、先にお会計を済ませます。
〈かに小屋〉は松江でここだけ! 
ボイルされた「松葉ガニ」と「紅ズワイガニ」、価格は時価!
生の「松葉ガニ」もありますよ! 
中には陸前高田産の大きなホタテも♪(※こちらも価格は時価)
ノドグロの干物も!
かにと相性の良い日本酒は、種類も豊富!
事前に食べたいものをセルフで選び、先にお会計を済ませます。

山陰地方の代表的な冬の味覚といえば、カニ! 松江市では冬の時期になると、地元民に人気の〈かに小屋〉が期間限定でオープンします。旬の時期に採れた山陰地方のカニは、身がしまっていて甘く、その上安いのが特徴! 「松葉ガニ」や「紅ズワイガニ」のほか、「のどぐろ」「えてかれい」などの島根県産の干し魚をはじめ、「さざえ」「えび」「ジビエフランク」「焼きおにぎり」など、カニ以外の食材も充実! また、カニのダシが効いた人気の「カニ汁」もありますよ。「松葉ガニ」と「紅ズワイガニ」は時価になりますが、価格の目安は、「松葉ガニ」が2,500円~5,000円、「紅ズワイガニ」は1,800円~3,000円ほど。またカニ以外のメニューは、すべて200円~800円とお手頃価格に! 

1杯でこの大きさ!
1杯でこの大きさ!
お腹が白い方が「松葉ガニ」で、赤い方が「紅ズワイガニ」。
お腹が白い方が「松葉ガニ」で、赤い方が「紅ズワイガニ」。
「松葉ガニ」のカニみそは、濃厚!
「松葉ガニ」のカニみそは、濃厚!
身がプリっとしまっていて美味!
身がプリっとしまっていて美味!
カニ用の三杯酢をつけると、さらに美味しさがアップ!
カニ用の三杯酢をつけると、さらに美味しさがアップ!
さざえ、ホタテ、カニみそもいい感じに♪
さざえ、ホタテ、カニみそもいい感じに♪
〈かに小屋〉は事前予約が必須。
〈かに小屋〉は事前予約が必須。
1杯でこの大きさ!
お腹が白い方が「松葉ガニ」で、赤い方が「紅ズワイガニ」。
「松葉ガニ」のカニみそは、濃厚!
身がプリっとしまっていて美味!
カニ用の三杯酢をつけると、さらに美味しさがアップ!
さざえ、ホタテ、カニみそもいい感じに♪
〈かに小屋〉は事前予約が必須。

食べ方がわからない!って方もご安心を。カニの食べ方が書かれた表が渡されるので、それを見ながら焼いていきましょう。焼き方のポイントは、生ガニの場合は、色が赤くなるまでしっかり焼くこと! ボイルされているカニは、殻が渇いてきたら食べごろです。何もつけずにそのまま食べても美味しいですが、セルフスペースに置かれているカニ用のお酢をつけて食べるのもGOOD! 身がぎゅっとつまった食べごたえと甘みが特徴の「松葉ガニ」と、ダシのような旨みを感じる「紅ズワイガニ」は、カニみその味も異なるので、ぜひ食べ比べしてみてくださいね。
この冬、おいしい海鮮が食べたいなと考えていた方は、松江でカニを食べる1泊2日の週末旅を計画してみてはいかがでしょうか?

〈かに小屋〉
■島根県松江市朝日町150-7
■090-4100-6942
■11:00~21:00
■2020年12月4日(金)~2021年1月31日(日)の期間限定
※12月28日(月)~2021年1月8日(金)の間は休み
※事前予約制
※1組様、1時間30分の制限あり。
※税込み価格
■詳細はこちら

高橋聖子
高橋聖子 / 野菜ソムリエ兼フリーライター

「野菜や果物の魅力・価値を伝えていく野菜ソムリエとしても活動中のフリーライター。全国各地を巡って発見した、美味しいグルメやモノを伝えていきます!」

高橋聖子さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る