北青山〈ザ ストリングス 表参道〉
2020.10.09

童話『眠れる森の美女』の世界へようこそ。 ザ ストリングス表参道で『眠れる森のスイーツガーデン~Once Upon A Dream~』開催。

〈ザ ストリングス 表参道〉の「グラマシーハウス」では、『眠れる森のスイーツガーデン~Once Upon A Dream~』を11月13日(金)まで開催中。童話『眠れる森の美女』の世界の中に入り込んでだようなフォトジェニックな空間でスイーツビュッフェをご紹介します。

表参道の人気グルメスポット「グラマシーハウス」でフォトジェニックなビュッフェはいかが?

北青山〈ザ ストリングス 表参道〉

『眠れる森のスイーツガーデン~Once Upon A Dream~』は、童話“眠れる森の美女”の世界の中に入り込んでしまったかのようなフォトジェニックな空間でスイーツが楽しめるビュッフェです。

グリーンとホワイトを基調とした、清楚なアーチを潜り抜けた先には、おいしそうなスイーツがズラリ!
グリーンとホワイトを基調とした、清楚なアーチを潜り抜けた先には、おいしそうなスイーツがズラリ!
照明器具や家具などの調度品も素敵。
照明器具や家具などの調度品も素敵。
映えるフォトスポットも多め。
映えるフォトスポットも多め。
記念撮影にピッタリなフラワー&グリーンのアーチ。
記念撮影にピッタリなフラワー&グリーンのアーチ。
照明器具や家具などの調度品も素敵。
映えるフォトスポットも多め。
記念撮影にピッタリなフラワー&グリーンのアーチ。

フォトジェニックな空間で味わうスペシャルなデザートの数々。

北青山〈ザ ストリングス 表参道〉

各回がスタートする15分前は、ビュッフェボードの撮影タイムが設けてありますので、写真を撮りたい方は15分前の来店がおすすめですよ。

小さいデザートがとってもキュート!
小さいデザートがとってもキュート!
北青山〈ザ ストリングス 表参道〉

グリーンフォレストをイメージしたビュッフェ台のうえに、森に咲く花のようにスイーツが並んでいます。オーロラ姫になった気分で、かわいいスイーツたちを摘み取りましょう。

パーティー会場のような華やかな空間は密にならないようにテーブルを設置。

北青山〈ザ ストリングス 表参道〉

明るく広々とした会場は、各席にアートフラワーや小鳥たちが飾られ、ビュッフェ台と同じくおとぎ話の世界観を表現しています。

小鳥がとってもかわいい。
小鳥がとってもかわいい。
お一人様でもOK!ペースをせず楽しんじゃいましょう。
お一人様でもOK!ペースをせず楽しんじゃいましょう。

SNS映えしそうなスポットがたくさんあり、ロリータファッションで楽しむ人や小さなお人形を持参して一緒に撮影している人もいるなど、楽しみ方は人それぞれ。

秋が旬の茨城県鉾田市産ブランドメロンのスイーツも登場!

「フェアリーメロンタルト(鉾田市産アールスメロン)」。
「フェアリーメロンタルト(鉾田市産アールスメロン)」。

ビュッフェ台に並ぶスイーツの中には、秋が旬の茨城県鉾田市産のブランドメロン「アールスメロン」を使用したタルトやパンナコッタも登場。アールスメロンは一般にマスクメロンと呼ばれる高級メロンの代表格!上品な香りと滑らかな口当たり、爽やかな甘さが魅力のメロンスイーツまで好きなだけ堪能できます。

「魔女の城 漆黒のチョコレートムース」。
「魔女の城 漆黒のチョコレートムース」。
「妖精のグリーンモンブラン(抹茶)」、「妖精のピンクモンブラン(ルビーチョコ)」、「妖精のブルーモンブラン(ブルーベリー)」。
「妖精のグリーンモンブラン(抹茶)」、「妖精のピンクモンブラン(ルビーチョコ)」、「妖精のブルーモンブラン(ブルーベリー)」。
「いつか夢で メロンパンナコッタ(鉾田市産アールスメロン)」、「真実の愛 白ワインとカシスのゼリー」、「恋の味 ベリーフロマージュブラン」。
「いつか夢で メロンパンナコッタ(鉾田市産アールスメロン)」、「真実の愛 白ワインとカシスのゼリー」、「恋の味 ベリーフロマージュブラン」。
「森で摘んだベリーのタルトレット」。
「森で摘んだベリーのタルトレット」。
「王子様のライムパイン」。
「王子様のライムパイン」。
「眠れる森の収穫祭 マシュマロ」。
「眠れる森の収穫祭 マシュマロ」。
「眠れる森の収穫祭 ブラウニー」。
「眠れる森の収穫祭 ブラウニー」。
「魔法にかけられたピンクのティラミス」。
「魔法にかけられたピンクのティラミス」。
「呪いのフィグとオレンジカップケーキ」。
「呪いのフィグとオレンジカップケーキ」。
「眠れる森のワルツ 抹茶と柚子のムース」。
「眠れる森のワルツ 抹茶と柚子のムース」。
「眠り姫の洋梨ムース」。
「眠り姫の洋梨ムース」。
「森で摘んだベリーのタルトレット」。
「王子様のライムパイン」。
「眠れる森の収穫祭 マシュマロ」。
「眠れる森の収穫祭 ブラウニー」。
「魔法にかけられたピンクのティラミス」。
「呪いのフィグとオレンジカップケーキ」。
「眠れる森のワルツ 抹茶と柚子のムース」。
「眠り姫の洋梨ムース」。

魔女のお城に見立てたチョコレートムースや、眠り姫のティアラをあしらった洋梨のムース、おとぎ話の世界観を表現したスイーツの数々が登場。

デザートはもちろん、お料理も秋の旬がいっぱい!

「カボチャとクルミのサラダ仕立て いちじくと生ハムを添えて」。
「カボチャとクルミのサラダ仕立て いちじくと生ハムを添えて」。

ビュッフェは番号順に呼ばれるシステム。その間、コースのように一部のお料理が運ばれてきます。
「カボチャとクルミのサラダ仕立て いちじくと生ハムを添えて」は、いちじくや生ハムをはじめ、豆やトマトなど具がたっぷりで驚き!甘いものを食べつつ、栄養バランスの良いサラダも楽しめます。

「チキンのトマト煮」、「グラタン」、「スパイシーポテトフライ」。
「チキンのトマト煮」、「グラタン」、「スパイシーポテトフライ」。
「濃厚スパイシーブラックカレー ほうれん草のグリーンライス 」、「旬のきのこの入った特製ミネストローネ」。
「濃厚スパイシーブラックカレー ほうれん草のグリーンライス 」、「旬のきのこの入った特製ミネストローネ」。

「旬のきのこの入った特製ミネストローネ」と「濃厚スパイシーブラックカレー ほうれん草のグリーンライス」は、ビュッフェコーナーで好きなだけお替わりできます。
その他、ドリンクコーナーでは「コーヒー(ホット/アイス)」、「紅茶(ホット/アイス)」、「ハーブティー7種」、「オレンジジュース」、「クランベリージュース」、「ウーロン茶 」の中からお好みのドリンクを好きなだけいただけます。

クランベリージュースがあるのが嬉しい!
クランベリージュースがあるのが嬉しい!
「スリーピングビューティー」や「ピンクフェアリー」など物語をイメージしたノンアルコールカクテルも提供(各500円)。
「スリーピングビューティー」や「ピンクフェアリー」など物語をイメージしたノンアルコールカクテルも提供(各500円)。
それではいただきます!どれから食べようかな……テーブルに座ってもさらに迷っちゃうくらいどれもおいしそう!
それではいただきます!どれから食べようかな……テーブルに座ってもさらに迷っちゃうくらいどれもおいしそう!

食事を楽しんでいる途中、「魔女の炎に包まれた チャコールクレープシュゼット」がタイムサービスで提供されます。魔女の炎が上がるような迫力ある演出が自慢のシェフおすすめメニューですので、お腹のスペースを空けておいてださいね!

妖精のモンブランやベリーのタルトレットがカワイイ!
妖精のモンブランやベリーのタルトレットがカワイイ!
ホールケーキは全部で3種類。
ホールケーキは全部で3種類。
グラスデザートもおいしくてすぐにペロリ。
グラスデザートもおいしくてすぐにペロリ。
ブラックカレーとミネストローネはお替わりできる。
ブラックカレーとミネストローネはお替わりできる。
本格的なカレーで美味しい!食べ過ぎちゃいそうで危険~!
本格的なカレーで美味しい!食べ過ぎちゃいそうで危険~!
タイムサービスで「魔女の炎に包まれた チャコールクレープシュゼット」のパフォーマンス!
タイムサービスで「魔女の炎に包まれた チャコールクレープシュゼット」のパフォーマンス!
「魔女の炎に包まれた チャコールクレープシュゼット」とお口直しの「気まぐれポップコーン」。
「魔女の炎に包まれた チャコールクレープシュゼット」とお口直しの「気まぐれポップコーン」。
妖精のモンブランやベリーのタルトレットがカワイイ!
ホールケーキは全部で3種類。
グラスデザートもおいしくてすぐにペロリ。
ブラックカレーとミネストローネはお替わりできる。
本格的なカレーで美味しい!食べ過ぎちゃいそうで危険~!
タイムサービスで「魔女の炎に包まれた チャコールクレープシュゼット」のパフォーマンス!
「魔女の炎に包まれた チャコールクレープシュゼット」とお口直しの「気まぐれポップコーン」。

フォトジェニックな空間で、おいしいお料理とスイーツを食べてお腹がいっぱい!幸せいっぱいで眠たくなっちゃうかも??帰りに電車で寝過ごさないように気を付けて(笑)!

〈ザ ストリングス 表参道 「グラマシーハウス」〉
『眠れる森のスイーツガーデン~Once Upon A Dream~』
■東京都港区北青山3-6-8 ザ ストリングス 表参道2F
■03-5778-4534
■2020年~11月13日(金)
8(木)~14(水)、17(土)、19(月)~25(日)、27(火)~29(木)
11月1(日)~2(月)、4(水)~5(木)、8(日)~13(金) 各回 ※40名まで
■平日 12:00~13:30(ビュッフェボード撮影タイム 11:45〜12:00)
土日祝 第1部 11:00〜12:30(ビュッフェボード撮影タイム 10:45〜11:00)、第2部 13:30〜15:00(ビュッフェボード撮影タイム 13:15〜13:30)、第3部 16:30〜18:00(ビュッフェボード撮影タイム 16:15〜16:30)
■平日  4,800円(子ども3,200円)
土日祝 5,500円(子ども3,200円)
料金にはデザート、お料理、ソフトドリンク、税金、サービス料が含まれます。
※子ども料金の対象年齢は4~12歳、3歳以下は無料です。
公式サイト

葉月 遊
葉月 遊 / フリーライター、カメラ、デザイン

「雑誌やWebで執筆。昭和レトロやアンティークなど、ノスタルジックなものが好き。」

葉月 遊さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る