フレンチに医食同源の思想をプラス。ハーブやスパイスをたっぷりと使った料理が楽しめる赤坂〈CROSS TOKYO〉で身体メンテナンスを。
2020.08.19

身体が喜ぶ和漢洋才フレンチ! フレンチに医食同源の思想をプラス。ハーブやスパイスをたっぷりと使った料理が楽しめる赤坂〈CROSS TOKYO〉で身体メンテナンスを。

自社農園や契約農家からの無農薬野菜をはじめ、こだわりの生産者からの厳選食材で作るフレンチが人気の〈CROSS TOKYO〉。新型コロナ感染防止対策のための長期営業自粛後、素敵な進化を遂げて復活しました。いつも以上に健やかに過ごしたい今日この頃、体調が整う美味をぜひ!
斎藤 理子
斎藤 理子 / フードジャーナリスト

「3つ星シェフから立ち飲みまで国内外を幅広く取材執筆。 肉食酒飲みですがお寿司も大好き。思うように外食できない今、レストランの偉大さを日々痛感。飲食店に心から感謝する毎日です。」

斎藤 理子さんの記事一覧 →
赤坂 CROSS TOKYO 3

床から天井までの大きなガラス窓の外に、きらびやかな赤坂の夜景が広がる〈CROSS TOKYO〉。テーブル間のスペースもたっぷりととられ、新型コロナ対策もバッチリです。

赤坂 CROSS TOKYO 2

これまでも、オーガニックな生産者にこだわった食材を使い“Farm to table”を提唱してきた〈CROSS TOKYO〉ですが、自粛明けは大進化。素材だけでなく、フレンチの技術に中国や日本の伝統医学の発想を導入。ハーブとスパイスそれぞれの資格を持つ増山明弘総料理長が、『和漢洋才』と銘打ち新たな味覚を創り出しています。

赤坂 CROSS TOKYO 4
「“ブイヨン・ド・レギューム”駝鳥のラヴィオリ セージのユイル」。

12種類以上の野菜をじっくりと煮込んだ濃厚なスープに35種類以上のハーブ、スパイス、生薬、薬膳食材を独自の配合でブレンドし、さらに丸鶏と豚足のコラーゲンエキスをプラスした、濃厚な『ブイヨン・ド・レギューム』。ディナーコースの最初には、すべてのお料理のベースとなるこのエキスが、駝鳥のラヴィオリと一緒に登場します。

赤坂 CROSS TOKYO 5
「五行のパレット」。左下から時計回りに/よだれ鶏の春巻き・クレソン・パクチー(辛味)、アスパラガスとクラゲ・自家製XO醬(塩味)、天使の海老のフリット・桃・陳皮・樹皮(酸味)、アワビとゴーヤの肝和え・カルダモン・セージ(苦味)、とうもろこしとカルダモンのアイスクリーム(甘味)

前菜は『五行のパレット』。自然界のあらゆるものは「土・金・水・木・火」の5つの性質に分けられるという中国医学の考え“陰陽五行説”に基づき、5種類の料理が構築されています。陰陽五行説では、5つの性質はそれぞれ「脾・肺・腎・肝・心」を現していて、その働きを促す食材が使われています。

赤坂 CROSS TOKYO 7
「気仙沼直送のフカヒレ サフランの香り」

魚料理のひとつめはプロバンス風の、サフランとバターのソースで煮込んだフカヒレです。フカヒレの下にはウイキョウのソテーが。代表的な中華食材のフカヒレを使いつつ、きっちりとフレンチに着地させる技が見事です。

赤坂 CROSS TOKYO 8
「フカヒレのだしとイカスミのリゾット」

フカヒレを食べ終わると、イカスミのリゾットがひと口サイズで登場します。フカヒレをブイヨン・ド・レギュームで煮込んだ後のスープで炊き込んだリゾットです。メニューにはのっていない、ちょっとしたサプライズですが、これがおかわりしたくなるおいしさ!

赤坂 CROSS TOKYO 10
「八丈島の金目鯛と蓮の葉・明日葉・オクラ・おかひじき」

この日の魚料理2皿目は、八丈島の金目鯛です。脂ののった金目鯛は火入れも完璧で、ふっくらしっとり。金目鯛の出汁と明日葉特有の苦味を活かしたソースが美味です。八丈島の明日葉フリット、オクラ、おかひじきを添えて。

赤坂 CROSS TOKYO 9
「宮城県・関村牧場の漢方三元豚 カラブリア風コートレット」

肉料理は、“漢方三元豚”。14種類の漢方飼料を食べ、ストレスフリーで育った健康・安心・安全な豚肉です。旨味が濃くきめ細かい赤身と、とろけるような脂身のバランスが最高。ソースは、発酵させたパプリカで作った『マッサ・デ・ピメンタォン』というペースト。周りに散らされた燻製パプリカパウダーの香りも豊かです。

赤坂 CROSS TOKYO 11
「真夏の夜の夢」バナナ・アボカド・チョコレート・松の実・きくらげ・薬膳ゼリー

『真夏の世の夢』と命名されたデザートにも、ヘルシーな食材が使われています。松の実のアイスクリームやチョコレートアイスクリームに添えられるのは、美白効果があると言われる白きくらげや、薬膳ゼリー。フランボワーズとザクロ、パッションフルーツとマンゴーの2種類のソースが全体をまとめています。

赤坂 CROSS TOKYO 1

オープン当初からビオやオーガニックのワインが充実していた「CROSS TOKYO」ですが、再開にあたっては薬膳酒も多種用意。『和漢洋才』ディナーコースには薬膳酒とのペアリングもあり、薬膳マイスターによる免疫力アップに優れた生薬を漬け込んだオリジナルブレンドの薬膳酒が、なんと24種類も楽しめます。アルコールが苦手な人には、ノンアルコールのペアリングや薬膳茶も用意されています。

〈CROSS TOKYO〉
スタイリッシュなインテリアも心地良い和漢洋才レストラン。自社農園からの有機無農薬野菜を中心に、旬菜旬消の身体にも環境にも優しい料理を提供していましたが、リスタートと共にそれがさらにパワーアップ。ハーブやスパイスはもちろん漢方食材もふんだんに取り入れ、医食同源の思想とフレンチを融合させた、ここにしかない料理が誕生しました。美味しく食べた翌日のスッキリ感を、ぜひ体感してみて。

■東京都港区赤坂5-4-7 ヘキサゴンビル10F
■03-5545-5408
■ランチ「食薬論治」[アミューズ、前菜、野菜、メイン、デザート、カフェ]2,800円(税込)
ランチ「相生転化」[アミューズ、前菜、野菜、魚、肉、デザート、カフェ]4,500円(税込)
ディナー Menu“Nabe”漢方三元豚と厳選野菜の薬膳ブイヨン鍋コース6,000円(税・サービス別)
     Menu“Wakan yosai”10皿のコース8,000円(税・サービス別)
■ランチ11:30〜14:00LO
ディナー18:00〜22:00LO
■不定休
■禁煙 

今月のスペシャル

いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集
TOPに戻る