気軽に九州の味を堪能できる〈日ゞ小路(ひびこうじ)〉
2020.02.27

内幸町の地下で、ぶらり「はしご酒」&「食べ歩き」を楽しめる! 九州&下町の魅力がギュッと詰まった“はしご酒”できる〈日ゞ小路〉がオープン!

日比谷国際ビルの地下に、気軽に九州の味を堪能できる〈日ゞ小路(ひびこうじ)〉がオープン。お店にはそれぞれ番地番号がついていて、酒の「肴」を堪能する下町エリア(1〜3番地)と、九州料理や焼酎・地酒を味わう九州エリア(4〜10番地)で食べ歩きを楽しめます。魅力的な2つのゾーンで、いざ「はしご酒」へ!

1.気軽に立ち飲みを楽しむなら【8番地】〈HAKATA MEGUSTA〉(九州エリア)。

内幸町 HAKATA MEGUSTA

ポップで可愛い、ピンクのネオン看板が印象的な〈HAKATA MEGUSTA〉。女性ひとりでも入りやすく、店員さんが気さくに話しかけてくれるので、ついついお酒もすすみます!

内幸町 HAKATA MEGUSTA

一番人気の鯖スモーク190円は、マスタードが隠し味。地元、福岡では1日に100食出ることも。毎月変わる地酒390円と合わせて楽しんで!

内幸町 HAKATA MEGUSTA

とろ〜りとろけるチーズが絶品の、明太子とチーズのアヒージョ(バケット付き)490円。熱々の一皿は、女子会にはぴったりのメニュー!

◾️席数:全席数20席(カウンター立ち席10席、テラス立ち席10席)

2.新鮮なお魚を堪能するなら【4番地】〈パーラー じゃりンこ〉(九州エリア)。

内幸町 パーラー じゃりンこ

鹿児島を中心に、九州の新鮮な魚を堪能できる〈パーラー じゃりンこ〉。掘りごたつ式の店内でホッと一息。腰を落ち着けて、ゆっくり海の幸を楽しめます。

内幸町 パーラー じゃりンこ

ここに来たらぜひ注文して欲しいのは、じゃりンこ盛り500円。4種類もの新鮮な刺身をワンコインで楽しめます。お刺身用の甘口醤油と、名物のトマトサワー450円が意外にも好相性。

内幸町 パーラー じゃりンこ

定番のだし巻き玉子600円は、たっぷり食べ応えのある一品。ふわふわ玉子に、溢れるほどしらすを添えて登場します!

内幸町 パーラー じゃりンこ

ハマグリのつかみ取り880円は、取れた分を美味しいバター醤油で仕上げてくれます。女性は平均7個くらいつかみ取れるそう。みんなでやれば盛り上がること間違いなし。ぜひチャレンジしてみて!

◾️席数:全席数28席(カウンター10席、テラス18席、立ち席もあり)

3.70年代・80年代の歌謡曲に浸るなら【10番地】〈ザ・⻘春時代〉(九州エリア)。

内幸町 ザ・⻘春時代

70 年代・80年代の歌謡曲を楽しめる、しっとりした雰囲気のBar。お酒はもちろん、〆のお茶漬け400〜500円などフードメニューも人気です。お茶漬けはランチでも提供していて、急ぎの場合には3分以内に用意してくれるそう。

内幸町 ザ・⻘春時代

「だるま」の愛称で知られ、ファンも多いサントリーオールド500円も。一人飲みしたい時は昭和の歌謡曲に身をまかせ、しっとりと心ゆくまで楽しんで!

◾️席数:全席数14席(カウンター4席、ボックス10席)

4.大衆酒場で鹿児島のもつ煮を堪能【5番地】〈かごっま屋台 火の玉ボーイ〉(九州エリア)。

内幸町 かごっま屋台 火の玉ボーイ

クツクツとリズムに合わせて、美味しい香りがするお鍋。朝〆の豚のもつでつくった、じっくり煮込んだもつ煮込み400円が一押しです!臭みがなく濃厚な味わいで、ついつい箸が進みます。

内幸町 かごっま屋台 火の玉ボーイ

自家製名物国産生レモンサワー500円は、スッキリと爽やか。ワンコインで楽しめるビタミンCたっぷりの一杯は、女性から絶大な人気!

◾️席数:全席数23席(カウンター9席、テーブル10席、立ち席4席)

5.大衆酒場で鹿児島のもつ煮を堪能【2番地】〈串焼き つぐね〉(下町エリア)。

内幸町 串焼き つぐね

定番串焼きから創作串まで提供する大衆酒場。名物のつくねは、季節と店主の気分で変わるそう。仕事帰りにちょっと一杯寄りたくなる、居心地のよさが魅力です。

◾️席数:全席数16席(カウンター6席、テラス10席)

九州のおいしいお店が集まった「日ゞ小路」。食べ歩きはもちろん、女子会や仕事帰りに気軽に「はしご酒」を楽しめそう。ランチタイムにはお弁当販売をする店舗もあるそうなので、仕事の合間にぜひ利用してみてくださいね!

〈日ゞ小路〉
■東京都千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビルB2 ヒビコクチカシタ内
■11:30〜14:00、17:00〜22:30、土11:30〜19:30
■日祝休
公式サイト

下町エリア
【1番地】〈 熱々鉄板チェインズ〉
【2番地】 〈串焼き つぐね〉
【3番地】〈地鶏と煮込み 大衆酒場 トリッパ〉
九州エリア
【4番地】〈パーラー じゃりンこ〉
【5番地】〈かごっま屋台 火の玉ボーイ〉
【6番地】 〈本格焼酎とかごしま料理TAGIRUBA〉
【7番地】 〈さつま豚酒場 八〉
【8番地】〈HAKATA MEGUSTA〉
【9番地】 〈食堂つつむ〉
【10番地】 〈ザ・⻘春時代〉

加藤 朋子
加藤 朋子 / PR・フリーライター

「100カ国以上の一人旅を経て、自然のパワーを再発見。温泉と生はちみつとランジェリーが大好き!お気に入りのランジェリーを身につけて、各地の温泉を訪れるのが至福の時。おやつもスキンケアも生はちみつ!ラジオパーソナリティやウォーキング講師もしています。」

加藤 朋子さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る